2021年05月04日

アンビローブ開花!

当店で昨年、9月以降に生まれた
パンサーカメレオン アンビローブたちが
赤、青、黄、緑の
色とりどりの花のように咲き始めました


IMG_3764.JPG
IMG_3734.JPG
IMG_3755.JPG
IMG_3750.JPG
IMG_3768.JPG


まだまだチューブから絞り出されたばかりの
絵の具のような荒々しい原色。


これが成長するにつれ
質感豊かな発色に変化して行くと思います。


2020年のアンビローブも
残り僅かとなりました。


posted by カメレオン・ハート at 07:52| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

GWの営業のご案内と花とカメレオンアーカイブ13

ご案内が大変遅くなってしまいましたが、
GW中の営業のお知らせです。


IMG_0445.jpg

カメレオンハートは
GW中およびGW明けの9日(日)まで
店舗、通販とも
休まず営業いたします。


ぜひご利用ください



posted by カメレオン・ハート at 07:20| 和歌山 ☔| Comment(0) | 花とカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

お待たせ イグアナ便!

GWに間に合った
イグアナ便です


アルビノイグアナ
ブルーイグアナ
レッドイグアナ
グリーンイグアナ
各種ベビーたちです

IMG_3673.JPG
IMG_3671.JPG
IMG_3705.JPG
IMG_3703.JPG



色とりどりのベビーたちは
本当に見ていて癒やされます。


今年のGWはイグアナ飼育を
始めてみませんか?


posted by カメレオン・ハート at 08:35| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

ニシアフリカトカゲモドキ進化中!

ニシアフリカトカゲモドキ
これだけメジャーになってきたのは
ここ10〜15年くらいかと思います。


ですから
メジャーの大先輩、ヒョウモントカゲモドキに比べると
まだまだモルフは進化中で
繁殖に関する遺伝的な情報も
これからという感じです。


それでもかなりさまざまなモルフが作出されてきて
楽しめるようになりましたね。


まだ到着したばかりですが
かわいいCBベビーたちが入荷しています。


ホワイトアウトキャラメル
 ホワイトアウト
 ホワイトアウトオレオ
 ホワイトアウトhetオレオ
 ホワイトアウトhetキャラメル
 オレオhetキャラメル
 オレオhetパターンレス
 ズールー


一部画像をご紹介

IMG_3595.JPG
IMG_3646.JPG
IMG_3587 (1).JPG


これからニシアフ飼育を始められる方が
手っ取り早くその基本を学ぶには
コチラの教科書が良いと思います


IMG_3658.JPG


.ますます熱く、楽しい
ニシアフリカトカゲモドキです


posted by カメレオン・ハート at 10:10| 和歌山 ☀| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

初夏の風物詩2021

この季節になると
獲って来ていただく
ニホンヒキガエルのオタマが
今年もやってきました

IMG_3522.JPG


いつの間にか足が生えて
次々と上陸を試みる
ヒキガエルの赤ちゃんたちを見るのが
初夏の楽しみの1つです。


そしてこちらも
夏の定番、オカヤドカリ


IMG_3337.JPG
IMG_3340.JPG


大小色とりどりの貝殻が
夏の海を思い起こさせてくれて
コロナで家に引きこもりがちな日々に
さわやかな潮風を運んで来てくれるよう・・・。


GWも近付いてきました^^


posted by カメレオン・ハート at 08:14| 和歌山 | Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

エボシのハッチ

昨年10月12日に産み落とされた
エボシカメレオンの卵から
ベビーたちが出て来ました

IMG_3468.JPG

かわいいベビーたちの様子は
店頭でご覧いただけます


posted by カメレオン・ハート at 22:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

マスターズの池とスポッテッドサラマンダー

昨日の朝は、
マスターズ・トーナメントでの松山英樹選手の優勝で
日本中が湧きましたね。

歴史的快挙に本当に興奮しました。

そして寝不足です。


オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの
映像を見ながら
ふっと頭に浮かんだのは・・・


最近入荷した
スポッテッドサラマンダーのこと。

完全に職業病です(笑


IMG_3364.JPG


スポッテッドサラマンダー(別名キボシサンショウウオ)は
オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのある
ジョージア州にも広く棲息するサラマンダーなのです。


ヨーロッパのファイアサラマンダーに似ていますが、
かわいい黄色の水玉模様が2列に並ぶのが特徴。


IMG_3367.JPG


勝利が近づいたかと思った矢先の15番パー5。
2オンを狙ったアイアンショットが
グリーンを越えてなんと池へポチャッ!

・・・なんとかボギーで乗り切りましたが、
ヒヤヒヤのシーンでした。


あの池にサラマンダーはいるはずもありませんが
オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの美しい映像と
松山選手の笑顔と
スポッテッドサラマンダーの姿が重なって
しばしの至福の時間を過ごすことができたのでした。



posted by カメレオン・ハート at 07:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | サラマンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

赤道直下のヘビ

前回、ビアクとマノクワリが入荷した
グリーンパイソンですが、
今回はソロンです


IMG_3296.JPG

IMG_3312.JPG


ベビーは本当に感動的なイエローと
不思議な模様をしていますね



ソロン、ビアク、マクノワリの棲息域を
Google Mapで確認すると
改めて赤道直下のパイソンであることに
気付かされます。


2021-04-08.jpg


2021-04-08 (2).png


熱帯雨林気候に属し
年間を通じて乾季はなく、
平均最高気温30.4度、平均最低気温24.3度、湿度83.2%(ソロン)。


これだけで
どんな飼育環境が最適か想像できます。


赤道直下のトロピカルなヘビの飼育に
チャレンジしてみませんか?^^




posted by カメレオン・ハート at 06:25| 和歌山 | Comment(0) | ヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

アカメアマガエルの繁殖行動

アカメアマガエル
繁殖行動の1シーンです




その後、残念ながら
産卵シーンを見ることはできませんでしたので、
また次に期待したいと思います。



posted by カメレオン・ハート at 09:27| 和歌山 ☀| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

乾燥地帯のツノガエル

熱帯雨林の湿潤な場所にのみ棲息していると
思われがちなツノガエルですが、
南米におけるその棲息地域は非常に幅広く
実は乾燥地帯にも棲息しています。


今回入荷したチャコガエル
その1種

IMG_3157.JPG

「チャコ」の名前は
グランチャコ (Gran Chaco) と言われる
人口もまばらな非常に暑く乾燥した半砂漠の地域に
棲むことから命名されています。


乾燥地帯と言っても
もちろんカエルは砂漠では生きることができないので
雨季と乾季のある地域です。


雨季に地表に出て卵を産み
乾季には枯れ葉などが積もった土の中で
夏眠する。


オタマから変態した
チャコガエルのベビーたちは
雨季の優しい恵みの雨に守られて
すくすく成長。


そしてやがてやって来る試練の乾季をタイムリミットに
できるだけ速く十分な体力を付けようとするのだと思います。


・・・・と言っても
これは過酷な自然下でのお話。


飼育下では
敢えて乾燥する時期を作る必要などもちろんなく
年中雨季の環境でOK。


ただし
繁殖を狙う場合は
もしかしたら乾季を作った方が
成功率が上がるのかもしれませんね。


posted by カメレオン・ハート at 08:41| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする