2016年12月12日

アンビローブ♀も

パンサーカメレオン アンビローブの♀たちも
いい感じで育ってきました^^



♀.png

この血統は
バーがレッドになる美しいアンビです。

別血統のアンビローブやワイルドの♂と掛け合わせて
面白いアンビの作出を狙ってもいいかもしれません。

ローカリティの中では
かなりバラエティ豊富なだけに
他のローカリティとは違う楽しみ方も
できるアンビローブですね。


posted by カメレオン・ハート at 09:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

最速ペアリング

今年の7月6日生まれですから
ちょうど生後5か月目の12月5日に交配を行った
Amazing Blueレッドアンビローブ血統のペアです。


♂.png

♂は体格はすでに十分アダルトですが、
発色はまだまだ。
♂親の目に染みるようなレッドになる日が
楽しみです。


下は交配前の美しいオレンジと
交配後の妊娠色に変色した♀の画像↓

♀.png
♀2.png

生後5か月でのパンサーのペアリングは
うちでは最短記録。

うまく有精卵を持ってくれるかどうか
わかりませんが
かなり期待したいところです。


posted by カメレオン・ハート at 03:27| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

競争のない生き物

カイコという昆虫は
非常にお行儀がよいというか
平和的な生き物であるという点、
なかなか興味深い生き物です。

他の生物であれば
エサに群がって
押し合いへしあい
他者を蹴散らし、奪い合った末、
勝った者が自分の食いぶちを確保するのが普通ですが、
カイコに限っては
そういう行動はほとんど見られないし
もちろん共食いも一切なし。

弱肉強食とは
対極の世界で生きているように見えます。


L5.png

競争のない世界で生きるカイコ。

これは5000年もの間、
人間に飼いならされ、
エサは常に目の前に与えられて来た末の結果であることは
間違いないですね。

この性質は
「爬虫類のエサ」としては
これほどありがたいものはありません。
なにしろ飼育の管理がとてもしやすいので。

こんな超優良なエサ昆虫のカイコですが、
哀しいことに
「生物」としてはもはや自力で生きていく意思と能力を
完全に失ってしまっています。
人間に飼われなければ
自分の命をつなぐことも
子孫を残して行くこともできません。

競争のない世界は理想に見えて
やはりユートピア(どこにもない世界)なんですね。
いや、唯一カイコだけに許された世界かも?

ということで
哀しくもいとおしい
おカイコさんのお話でした。


大きいサイズのL(4p前後)から
小さいサイズSS(5mm~)まで
現在、全サイズのシルクワームが揃っています。
ぜひご利用ください。

最後は宣伝です(笑

続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 03:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

クレスペアリング

同居させていたクレステッドゲッコーが
昨日、気が付くと交尾していました。

交配.png

時間にして約30分。

来年はぜひクレスの赤ちゃんの顔も
見てみたいものです


posted by カメレオン・ハート at 09:21| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

レオパ特集本新刊

REPFANのVol.2が出ました!

REPFAN.png

今回はレオパ特集です。

REPFAN2.png

モルフについての
最新情報満載。

その他、ふくろうやイグアナの飼育についての
コーナーもあります。

ハチュファン必見です!

posted by カメレオン・ハート at 08:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

ベタ馴れフクモモ

毎度、ベタ馴れのベビーを
育てていただいているブリーダーさんのところから
またまたやって来ました!
フクロモモンガの男の子。

ノーマル.png

10月10日脱嚢だそうです。

ノーマル1.png

ほんとうによく馴れていて
かわいいです

ノーマル2.png

この時期からの育成は
とっても楽で
しかもベビーのかわいらしさを
存分に味わえます。

ぜひお店に
見にお越しください



posted by カメレオン・ハート at 09:27| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ノシミチオベビーを目の前にして思うこと

パンサーカメレオン ノシミチオのベビーズが
いい色を出し始めました。

♂3.png
♂4-3.png
♂2.png

考えてみれば
マダガスカルの西海岸の沿岸に浮かぶ
ほんの小さな島のノシミチオから、
国内外の多くの人の尽力により
この日本の地にワイルド個体がやって来て、
そして
ローカリティのしっかりした♂♀同士を
ブリーダーさんがタイミングよく交配させ、
長期間の卵の管理の末に
ベビーが誕生・・・

さらに
誕生後は毎日の飼育とケア・・・

今、目の前にいるこのベビーたちは
それらに関わったすべての人の思いと行為の結晶であることを考えると
本当に感動すら覚えます。

ある意味、
この時代と
この日本の整ったインフラ(交通、電力、市場の存在など)
のお陰でもありますし、
さらに言えば
すべての幸運の積み重ねでもあります。
実は奇跡に近いことなんですね。

せっかくのありがたい「奇跡」が
今手元にあるわけですから
カメレオン・ハートでは
血統を絶やすことのないよう
ブリードを目指す方々と連携して
次世代に引き継いで行ければと思います。


posted by カメレオン・ハート at 09:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

エメラルドツリースキンク

英名のエメラルドツリースキンク
と言った方が
そのエレガントさがよく伝わるミドリツヤトカゲです。
3.png


今回の入荷は
ソロモン産。

ツヤツヤとグリーンに輝くボディと
色抜けし、ドット模様が入る後ろ脚が特徴です。

1.png

樹上性なので
レイアウトケージで飼育すると
見た目もgood

4.png

意外に人馴れしやすく
ピンセットからエサを食べたりします。
脱走には注意ですけど。

涼しげな目元に
知性を感じる
一度飼育してみたいスキンクですね^^


posted by カメレオン・ハート at 08:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

大きいサイズのシルクワーム 事前ご予約について

大きいサイズのシルクワームL(3.5p〜)
育成に大量のエサとかなりの飼育工数が掛かるため
なかなかショッピングカートに載せることができず
ご迷惑をお掛けしております。

そこで今後
ある程度計画的にご提供するため
Lサイズ(3.5p〜)のシルクワームに限り
事前ご予約をお受けすることにしました。

ご希望お届け日の10日前までに
ご予約いただくためのカートをご用意しましたので
ご希望の方はこちらよりお申込みください↓↓↓

ご予約の可否とお届け予定日等について
1両日中にご返事いたします。

L4.png

数量にも限りがありますし、
なにぶん生き物であるため
育成状況によって
必ずしもご要望に添えない場合が出てくるかと思いますが
とりあえずご要望をお知らせいただけばと思います。

カメレオン・ハートの
プリプリのシルクワームをご利用いただければ幸いです。

L6.png

posted by カメレオン・ハート at 01:03| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

逆子


通常、頭からハッチするカメレオンですが、
下の画像は
尻尾の方から這い出ようとする
パンサーカメレオン・サンバーバ ベビーです↓

.逆子png.png

大丈夫かな?
と心配していましたが、
時間をかけて
なんとか脱出に成功しました。
よくこの状態で
自力で卵から出てきたなあと思います。

.逆子2png.png

逆子はこれまであまり記憶にありません。

うまく育ってくれるといいのですが・・・


posted by カメレオン・ハート at 08:12| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする