2017年07月07日

七夕と蚕

今日は七夕。

この曇り空ですから
残念ながら
織姫と彦星は見られそうにありませんね。

織姫は「ベガ」、
彦星は「アルタイル」、
そしてあまり馴染みのない白鳥座の「デネブ」の3つを繋げたのが
実は夏の夜空に燦然と輝く
「夏の大三角形」です。

七夕伝説の生まれた中国では
「彦星」は農業に適した時期になると明るくなるので、
農耕を司る星として、
そして、同じ時期に天の川を挟んで明るくなる「織姫」を
養蚕(ようさん)や糸・針の仕事を司る星と考えるようなったようです。


th.jpg


ここで七夕伝説って何だったっけ?
ということでちょっとおさらい

 「その昔、織姫と呼ばれる機織の上手な姫と、彦星と呼ばれる牛飼いの若者が居ました。
2人は出会って直ぐに恋に落ち、結婚して幸せに暮らしていました。
しかし、2人で一緒に居る事ばかりに気を取られ、仕事をしなくなってしまいました。
 それに怒った空の神様が、二人の間に大きな川を作りました。
離れ離れになった二人は一生懸命に働いて、一年に一度だけ会うことを許される様になりました。」

悲しい恋のお話ではありますけど
実は仕事をサボった2人が
罰を与えられた・・・
というのが七夕伝説のストーリーなんですね。

七夕伝説から読み取れるのは
古代中国において「農耕」と「養蚕」がいかに重要な産業であったか
ということです。

「男は農耕」
「女は養蚕」
に追われる日々。
ついサボりたくなるのも
わからないでもありませんね


シルクワームの飼育に疲れたら
ちょっと外へ出て
夏の大三角形を見上げてみましょう

でも今日は曇りで
見えませんが。

posted by カメレオン・ハート at 09:36| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

梅雨とカメレオン




kako-h6bE4NCDkQTq40eq.gif

雨もまた楽し♪

2017梅雨

posted by カメレオン・ハート at 07:18| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花とカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

期待のサンバーバ交配

同じ個体でも
これだけの変化をみせてくれるサンバーバです


IMG_6183.JPG
13.jpg

昨日、このWCの♂と
カメレオン・ハートで昨年ブリードした
秘蔵っ子の♀とを交配させました。

IMG_6178.JPG
交配後
体色をすぐに変化させた♀

IMG_6180.JPG

体の左側には
よく見ると
マークの刻印が・・・

1498950893TgKr7FXC3Z2xmyi1498949492.gif

マークのサンバーバベビーの顔を
果たして見ることができるかどうか・・・・???


posted by カメレオン・ハート at 08:12| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

日本の雨季とマダガスカル

日本では
なぜか一般的に「雨季」という言い方はせずに
「梅雨」と言いますね。
(さすが、雨をも愛でる風流な日本人らしいところではありますが)

でも完全に
今は「雨季」です


私が住んでいる和歌山県の
雨季の気温と降雨量を
マダガスカルの熱帯雨林気候の東海岸と比較してみたところ
驚くべき結果に・・・



なんと
和歌山の雨季の6月と
マダガスカルのサンバーバの6月の気候は
ほぼ同じという結果です。

この時期、
カメレオンの屋外飼育をされる方もおられますが
まさに理に適っていると言えるでしょう。

一方、
サンバーバの雨季真っ盛りの1月との比較では
平均気温では3℃ほどの差ですが、
降雨量ではさすがに
圧倒的にサンバーバが多いことがわかりました。

マダガスカルのカメレオン(特に東海岸)の
飼育のカギは
やはり「水」ということでしょうか・・・?

雨季に限って言えば
実はマダガスカルとそっくりな日本の気候。
(日本とひと口に言っても広いですけど)

ちょっと親近感が湧く
データと思いませんか?

続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 22:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

フクモモ無事捕獲

一昨晩、
やってしまいました
フクロモモンガケージの扉の閉め忘れ

これ幸いと
フクモモ夫婦は
2匹揃って脱走

翌日の朝、店に来てみると
あちこちに
イタズラした痕跡が・・・

どこをどう探しても
見つかりません

こういう時は
やっぱりこれに頼るしかありません

IMG_6089.JPG

そう。
チューハウスです

中に大好物の
ゼリーを入れておけば
ほぼ100%捕獲できます。

案の定、
今朝お店に行くと・・・・

IMG_60871.jpg

なんとまさかまさかの
2匹揃って
チューハウスの中

本当に仲の良い
夫婦です。
いつも一緒に行動するんだね~

でもあとを追ってきたフクモモが
扉に挟まれなくて
本当によかったよかった。
以降気を付けます。


posted by カメレオン・ハート at 23:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

シロマダラ

夜行性なので
あまり目にすることのない
シロマダラです。

IMG_6074.JPG

ネットで検索すると
判で押したように
「外敵に襲われると毒蛇に擬態する」
「死んだふり(擬死行動)もする」

と紹介されるヘビ君ですが、
確かにS字に鎌首をもたげて
威嚇するような行動をとることもありますけど
これは毒蛇でなくても普通にやりますので
「毒蛇に擬態しているつもり?」なのかどうかは
本人に聞いてみないことには真相はわかりません。

セイブシシバナヘビのような
擬死行動は今のところ
まだ見せてくれていません。

IMG_6075.JPG

体色は白くはありませんので
後頭部のうっすら白い斑紋が
和名のシロマダラの由来のようです。
(これは幼蛇に顕著で大きくなると薄くなります)

どちらかというと
頭部だけツルツルピカピカ光っている方が
特徴的のような気がします。

シロマダラは英名では
Odd-tooth(奇妙な歯)」。
シロマダラの上顎の歯列には、
左右それぞれ2カ所の欠損があるんだそうです。

さすが西洋人は
分析的なものの見方をしますね。

小さなトカゲやヤモリなど爬虫類しか食べなかったり、
いずれにしても
ちょっと神秘のベールに包まれて
飼育すると
一体どんな感じだろうと
興味をそそられるヘビですね^^


続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 09:31| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

東海岸のパンサーカメレオン

マダガスカル東海岸の
パンサーカメレオンのローカリティも
近年たくさん紹介されてきて
私も何がなんだかわからなくなってきました。

そこでおさらいの意味で
白地図にプロットしてみました。



北の方からローカリティを並べてみると
なんとなく頭の整理が付きますね。
東でも北のパンサー、南のパンサーとか・・・


東海岸は西海岸のサバンナ的な気候とは違って
パンサーの生息域はほぼ熱帯雨林気候です。
したがって
東のパンサーはより高温多湿な飼育環境が
よいかもしれませんね。

ちなみに
最も北のサンバーバの気温は
1月(真夏)の平均最高気温31℃、平均最低気温24℃
7月(真冬)の平均最高気温26℃、平均最低気温17℃

最も南のタマタブの気温は
2月(真夏)の平均最高気温30℃、平均最低気温23℃
7月(真冬)の平均最高気温25℃、平均最低気温17℃

緯度はかなり違いますが、
気候はほとんど変わらないようです。


東海岸に
より大型化するパンサーが多いのは
この熱帯雨林気候が影響しているような気もします。

*****************

とても大きな
マソアラCBが入荷しました。
これでまだヤングサイズです^^;


posted by カメレオン・ハート at 04:33| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン マソアラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

今年も50℃洗い桑の葉♪

今年もいよいよ桑の葉の季節が
やってきました

ご家庭の主婦の方は
よくご存じと思いますが、
野菜は「50℃洗い」すると
長持ちすることが数年前に発見され
ちょっとした流行になりましたね。

それを応用したのが
「50℃洗い桑の葉パック」です。

IMG_6047.JPG

かなりの手間がかかり
数が多くできませんので
毎回、少数の販売となります。

IMG_6044.JPG

ご入用の方は
当店ホームページのカートをご覧ください

続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 09:37| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

カメレオンハート卒業生6

先日、当店から卒業して行った
パンサーカメレオン ノシミチオが
お店に遊びに来てくれました。

IMG_5739.JPG

まだ生後8か月くらいですが
この成長ぶり

フル発色には
あと1年くらいかかるでしょう。

IMG_5738.JPG

この飼育者さんは
ノシミチオを飼育する以前、
アンビローブを飼われていました。

残念ながら
そのアンビローブは誤って
大きな木片のような異物を飲み込んでしまい
開腹手術の末、
なんとか一命を取り留めました。

自分で舌を伸ばすことはできなくなりましたが、
その後、献身的なケアもあって
元気に約3年間生きたうえ
寿命を全うしてくれたそうです。

その経験を踏まえての
ノシミチオ飼育。

愛情いっぱい注がれて
ノシミチオもなんだか
幸せそうに見えました


posted by カメレオン・ハート at 09:22| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

ベタ馴れインドシナウォータードラゴン♪

画像は
インドシナウォータードラゴン。

青みの出始めた
セミアダルトです

IMG_5955.JPG
IMG_5953.JPG

インドシナウォータードラゴンも
飼い込めば
こんなにベタ馴れの
すばらしい個体になります

下はエサやりシーンです


この個体は既に飼い主さんが
決まってしまいましたが、
機会があれば
ベビーから育てると面白い
お勧めのトカゲの1つです


posted by カメレオン・ハート at 01:54| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする