2017年05月09日

捕食が最もヘタクソな〇〇〇

食べるのが最もヘタクソな
爬虫類ランキングのトップ候補ではないかと
私が秘かに睨んでいるのは
下の画像の子たち


もしかしたらみなさまも
予想通りだったかもしれませんね。


カメレオンの
あの鮮やかで洗練されたハイテクな捕食シーンに比べて
なんとドンクサイ、アナログな食べ方・・・

お口が小さいので
仕方ないとは思うけど^^;

でもこれがまた
憎めないんですよね


posted by カメレオン・ハート at 08:56| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

地中海の楽園のカナヘビ

画像ではモニターみたいに
大きく見えますが
実際は小さい
リルフォードカベカナヘビです。



IMG_5023.JPG
IMG_5022.JPG

リルフォードは
地中海の楽園と言われる
スペインのバレアレス諸島に棲息しています。

バレアレス諸島は
年間の晴天日がなんと300日以上だとか・・・

そのせいで日に焼けて黒光りしているわけではないと思いますが(笑
画像の通り、
ベースがブラックのかっこいいカベカナヘビ。
画像では伝わりませんが
尻尾とお腹は濃いブルーが発色しています。

明るい太陽の地中海を思い浮かべながら
改めてリルフォードを見ると
さらに魅力が増して
なかなかいいモンです


posted by カメレオン・ハート at 03:56| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

古代からのペット

なんとも郷愁を誘うこのフォルムは
ニホンイシガメです。

IMG_54261.jpg

日本固有種だからでしょうか?

IMG_54281.jpg
ニホンイシガメは
江戸時代以前からペットとして飼われていたといわれています。

幼体を「ゼニガメ」と呼ぶことが
その証拠になるのではないかと思います。

もし現代になってから飼育され始めたのなら
さすがに通称「ゼニ(銭)ガメ」とは呼ばないでしょうから。


IMG_54251.jpg
IMG_54241.jpg

ニホンイシガメは
もしかしたら古代から
庶民と一緒に暮らしていたのかもしれません。

神社の池などに多くみられるのも
そのせいではないかと考えます。
なぜなら
昔、神社は今とはかなり様子が違って
庶民が毎日集う寄り合いの場所だったようなので。


ニホンイシガメを見て
なんとも懐かしい感じがする私は
やっぱり日本人なんだなと
つくづく思います。


posted by カメレオン・ハート at 09:23| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水生ガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

脱皮殻を食べるパンサーカメレオン

ヤモリでは頻繁に見られる光景ですが、
カメレオンも自分の脱皮の皮を食べることが
たまにあります。

動画はパンサーカメレオン アンビローブの♀が
脱皮殻を食べるシーンです↓


これには
「脱皮殻から栄養を摂る」
という意味はなさそうです。

カメレオンにとって脱皮というのは
どうやら「むず痒く」、「気持ちの悪い」ものであるらしく、
体をくねらせて
「なんとか早く脱ぎ捨てよう」という
行動が頻繁に見られます。

この脱皮殻を食べる意味は
「早く脱ぎ捨てる」ための
行動の1つと考えた方がよさそうですね。

posted by カメレオン・ハート at 09:04| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの脱皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

GWの過ごし方とパーソンカメレオン スローモーション動画

みなさま、GWのご予定は
いかがでしょうか?

人ごみを避けて
ご自宅でペットの爬虫類たちとまったり過ごす・・・
という方もおられるかもしれませんね。


忙しない日常から
スローな非日常へ。

爬虫類というのは
そんな休日の過ごし方を提供してくれる
最高のアイテムであると確信しております


動画はパーソンカメレオンの捕食シーンです。
スローなパーソンを
さらにスローモーションでお楽しみください(笑



カメレオン・ハートはGW中
定休日の月曜日以外は
通常通り営業しております
posted by カメレオン・ハート at 09:20| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

小さなモンスター

小さなモンスター(=モニター)たちが
やって来ています!
サンバンナモニターのベビーです。

注)「モンスター」と「モニター」の語源は同じ。

サバンナ.png

経験上、サバンナは
元々10匹中、8〜9匹は
おとなしいオオトカゲですが、
このサイズから飼育すると
とてもよく馴れてかわいいです

サバンナ2.png


サイズも「オオトカゲ」と言うほど
大きくならないので
お勧めです




posted by カメレオン・ハート at 11:09| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

当店生まれのフクロモモンガ♪

2月にお母さんの袋から出てきた
フクロモモンガです。

b.jpg
b3.jpg

今回、2匹とも男の子。

かわいい盛りです


posted by カメレオン・ハート at 08:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

シルクロードの夢

今日はYahoo!ニュースの時事ネタから
ちょっと思い浮かんだことを1つ。

『5月に北京でシルクロード経済圏構想「一帯一路」サミット開催』

「一帯一路構想」とは
古代の交易路である海(一帯)と陸(一路)のシルクロードにちなみ
中国から欧州へ至る地域を中心に
中国主導で経済連携を促進する世界規模の構想のこと。

まさに「シルクロードの夢をもう一度」
ということでしょうけど、
おそらく儚い幻に終わるような気がします。


ただ、かつて
チャイナと地中海世界を結ぶ
地球規模の壮大な交易路とそれにまつわる歴史があったことは確かであり、
そのシルクロードで最も重要な交易品だったのが
その名の通り、「シルク(絹)」でした。

古代ローマではシルクは同じ目方の金と取引きされ、
そして、その製法は長い間秘密とされ,
蚕を中国の国外に持ち出した者は死刑に処せられたのだとか・・・

言ってみれば
蚕はかつて歴史の主役だったのですね。
蚕が人類の歴史を作ったと言っても言い過ぎではないような気がします。


IMG_0126.JPG

私たちが毎日
爬虫類や小動物のエサとしてお世話になっている
このおとなしいシルクワームの遺伝子には
古代のシルクロードの記憶がすべて刻まれているに違いありません。

頭をもたげて眠っている
シルクワームは
なんとなくシルクロードの夢でも見ているように
見えませんか?

続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 05:33| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

ケヅメリクガメケージ

先日、お客様のご要望にお応えして
リクガメ君のケージを製作して
お引渡ししました。

扉はかわいいマーク入り。

リクガメケージ.jpg

扉を開けて
中へ入っていただきます。

リクガメケージ4.jpg
リクガメケージ5.jpg

どうやら
気に入っていただけたようで
何よりです
リクガメケージ3.jpg

もっともっと
大きく育つことを
お祈りしてます




posted by カメレオン・ハート at 02:35| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

生まれたばかりのカーペットカメレオン

今朝、久々に
カーペットカメレオンの赤ちゃんが生まれました

生まれてすぐは
淡いグリーンをしています。

カーペットベビー.png


カーペットカメレオンのすごいところは
生まれてすぐから
かなりの変色能力を持つこと。

カーペットベビー2.png

拡大してみると
淡いグリーンから
カーペットらしい複雑な模様に
変色したことがわかります。

カーペットベビー3.png

動画でどうぞ↓


ちょっと生意気なお顔をした
カーペットベビーを見に
ぜひお越しください♪


posted by カメレオン・ハート at 11:07| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーペットカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする