2019年03月03日

ティエルヒメカメレオン捕食シーン

ティエルヒメカメレオンです。

枯葉や小枝に擬態しているつもりの
とてもかわいい小さなカメレオン。

どこにいるかわかりますか?


真っ赤な口だけが
やたら目立ちますね^^;

SSサイズのシルクワームやコオロギを食べてます。


posted by カメレオン・ハート at 02:35| 和歌山 ☁| Comment(0) | ヒメカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

ティエルヒメカメレオン

先日のブリゴーヒメカメレオン、ツノヒメカメレオンに続き、
ティエルヒメカメレオン
入荷しています。

1.jpg

ティエルヒメカメレオン
ツノヒメカメレオンとだいたい同じ、
マダガスカルの東側の降雨林地域に棲息する
小型のカメレオンです。

2.jpg

眼の上の大きなクレストは
ブリゴーヒメカメレオンによく似ていますが、
鼻先の1対の突起に違いが見られます。

また下の画像の通り、
背中の正中線に並行して流れる両側のストライプ
なによりの特徴です。

3.jpg
5.jpg

これまでの飼育経験では
これらマダガスカルの小型種は
アフリカ大陸の小型のカメレオンより
堅強で飼育しやすい印象があります。

ケージは30cm水槽で十分飼育可能です。

薄暗い環境を好むので、
ライトは不要。
(もちろん寒い飼育部屋では加温は必要)

箱庭的小さなマダガスカルの森を
再現するには
最適のカメレオンですね^^


posted by カメレオン・ハート at 08:47| 和歌山 ☀| Comment(0) | ヒメカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

ヒメカメレオンの疑似交尾行動?

全頭販売済みとなってしまった
ブリゴーヒメカメレオンですが、
販売前に撮影した面白い?動画がありますのでUPします


実はこの2頭、
見た目はどう見てもなのですが、
疑似交尾行動を取っています。

疑似交尾行動では
♂猫の♂猫に対するマウンティング(相手の背中に乗る行為)が
よく知られています。

これは交尾の練習であったり、
自分の優位性を確保する行為であったりするようです。

爬虫類では
過去にフトアゴやリクガメで
♂同士の疑似交尾行動を見たような気がしますが
カメレオンでは今回が初めて。

ただし、雌雄の判定はあくまで見た目だけで判断していますから
動画のヒメカメレオンの1頭が
♀である可能性も100%否定はできませんが・・・

もし判定ミスで
1頭が♀であれば
卵を生む可能性がありますから
買っていただいたお客様にとっては朗報ですね^^

ブリゴーの赤ちゃん
ぜひ見てみたいものです。



posted by カメレオン・ハート at 22:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | ヒメカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ヒメカメレオン属

アフリカ大陸のカレハカメレオン属の一群に対し、
マダガスカルに固有分布するのが
ヒメカメレオン属

のっぺりとした感じのフォルムが多い
大陸のカレハカメレオンより
マダガスカルのヒメカメレオンの方が
非常に個性的な感じがしますね。


今回、ブリゴーヒメカメレオンツノヒメカメレオン
入荷しています。

ブリゴーヒメカメレオン
IMG_2162.jpg
IMG_2164.jpg

ツノヒメカメレオン
IMG_2185.jpg
IMG_2176.jpg

半分、低い枝の上、
半分、地面を歩きまわって
1日を過ごします。


他のカメレオンに比べ
変色能力の低い彼らは
こうした枯葉や枝に擬態した奇妙な姿をして
身を守っているんですね。

尻尾が短いため
カメレオンの特徴の1つである
枝に巻きつける能力が極端に低いのも
面白いところ。

もしかしたら
これがカメレオンの原型なのかもしれません。

半地表棲で
尻尾短く
体色は地味だった
この小さな小さなカメレオンたちの中の
野心的な一群は
やがてもっと高い木の上を目指した。

そして
あのクルクルの尻尾と
より大きな体と
高い変色能力を身に着け
進化していった。。。

カメレオンたちの古い記憶と秘密を
もっと知りたいわたくしです。


posted by カメレオン・ハート at 09:31| 和歌山 ☁| Comment(0) | ヒメカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする