2020年08月30日

ナタリア様のお食事風景

ナタリアクシトカゲの
お食事シーンです


現在、2日に1回、
コオロギやデュビアを
5匹ほど食べています。

前回の記事で
「自然下では地面に時々降りて
ミミズなどをムシャムシャ食べている・・・」

と書きましたが、
飼育下でも
やはりよくケージの下に降りて
眠っていたりします。

半樹上性って感じ。

大きなたてがみ(クシ状のトゲ)の
厳つい外見にしては
性格も比較的穏やか。

「ナタリア様」
っと呼びたくなる
凜とした風貌のトカゲです(笑


posted by カメレオン・ハート at 08:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

ナタリア

ナタリアクシトカゲ
入荷しています。
今回はペアです。

まずは♂

IMG_0175.JPG

次は♀

IMG_0169.JPG

「ナタリア」
南欧から東欧にかけて
広く見られる女性の名前。

おそらくその命名については
女性の研究者?が関わっていると思われます。

「ナタリア」は
英語圏・フランス語圏・ドイツ語圏では
「ナタリー」と呼ばれます。

フリオイグレシアスの
「黒い瞳のナタリー」なんて曲がありましたね。(古っ!)


ナタリアクシトガゲは
かなりおっとりした性格の女性的なトカゲで
あまりバタバタ、ガツガツ餌を追い掛けるという感じではありません。

目の前に餌がやってくると
「仕方ないから食べてあげるわ」
という感じ。

気位か高いというか
上品というか
自ら「ナタリー」という名前の貴婦人のごとく
振る舞っているのでは?と思われるほど。
(もちろんそんなはずはありませんが)

自然下では
時々地面に降りて行って
ミミズをこっそり、おしとやかに?
ムシャムシャ食べる姿が見られるそうです(笑

ベトナムクシトカゲに似ますが、
よりクシ状のトゲが大きく派手な印象。
カラーバリエーションも豊富で
変色能力もかなりのもののようです。

2006年に初めて
現地の図鑑に登場したらしく
比較的最近発見された新種になります。

なかなか魅力的なそそられる
クシトカゲです。

posted by カメレオン・ハート at 09:15| 和歌山 ☀| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

ローソンアゴヒゲトカゲ ベビー プチ飼育のコツ

フトアゴヒゲトカゲの
小っこい版、
ローソンアゴヒゲトカゲ
入荷しています。

IMG_9798.jpg

画像の通り、
指にちょこんと乗るくらいの
かわいいサイズですが
コオロギSサイズくらいをバラまくと
皆、争うように追いかけて食べます。

IMG_9796.jpg

水場をセットすると
よく浸かります。

IMG_9743.jpg

コレで水は安心・・・

とはいかず
「砂漠のトカゲ」
と油断は禁物

このサイズのベビーは
脱水を起こしやすいので
毎日、直接霧吹きをしてあげましょう。

かなり飲みます。

同じような生息域に棲んでいるにも関わらず、
ローソンはフトアゴよりも
かなり水の要求量が多いようです。

これさえ怠らなければ
とても丈夫で飼育しやすい
トカゲですね



posted by カメレオン・ハート at 11:39| 和歌山 ☁| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

スパイダーマンの発色

通称スパイダーマンリザード、
レインボーアガマです。

IMG_8494.jpg

発色は♂と♀で違い、
あの有名な赤い頭と青い体のスパイダーマンカラーは
繁殖期の♂だけが見せてくれます。

発色のパターンはいろいろあるようで
動画の♂は♀に対して
黄色い頭と紫色の身体に変色して
アピールしています


面白いことに
♂が複数いる場合は
ボス的な♂だけがハデハデな発色を見せ、
その♂がいなくなると
今度は別の♂の中から新たなボスが現れて
美しい発色をするようです。

猿山のお猿さんと
同じですね。


posted by カメレオン・ハート at 09:23| 和歌山 ☀| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

ホカケトカゲと「帆」の役割

ハルマヘラホカケトカゲ
ベビーが入荷しています。

IMG_7051.jpg

このトカゲの特徴は
なんと言っても
成長につれ現れる大きな帆のようなクレスト。

和名のホカケトカゲ
英名のGreen sail finned lizard(sail=帆、fin=ひれ)
の由来となっています。

IMG_7052.jpg

帆掛け船の「帆」は風を受けるためのものですが、
では、ホカケトカゲの「帆」は
一体何のためにあるんでしょうか?

一説によるとそれは
熱の吸収と冷却の役割
なのだそうです。

確かに身体の表面積を大きくすることで
日光をより多く受けることができますね。

しかも「帆」は薄く軽いので
より効率よく
身体を温めることができそうです。

逆に暑過ぎる場合は
「帆」を風にさらすことで
ラジエーターのように身体を冷やし
オーバーヒートを防ぐことができる・・・

おそるべし「帆」の役割

♂の「帆」がより発達することを考えると
♀へのディスプレイの意味もあるかもしれません。

より大きい「帆」を持つ♂は
もしかしたら
モテモテなのかもしれませんね

posted by カメレオン・ハート at 23:40| 和歌山 | Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

LAWSONとローソンアゴヒゲトカゲ

さっきTVで
コンビニのLAWSONが
「夜間営業の無人化実験をスタートした。」
というニュースをやっていました。

いよいよ日本にもそんな時代がやって来るんですね。

昼間から誰も店員さんのいないコンビニが
当たり前になる日もそう遠くないのかもしれません。

LAWSONは
アメリカ・オハイオ州のローソンが
1939年に牛乳屋さんを始めたのが
その原型なのだそうです。

ローソンさんは
自分の名前を冠した店が
まさか無人営業を始めるとは
夢にも思わなかったでしょう。


さて、画像は
同じLAWSONの名前をいただいた
ローソンアゴヒゲトカゲです。

IMG_5999.jpg

ローソンアゴヒゲトカゲの
「ローソン」もやはり人名ですが、
こちらは牛乳屋ではなく(もちろん)、
オーストラリアの詩人のヘンリー・ローソンです。

ヘンリー・ローソンは
爬虫類には全く関係のない人物ですが、
オーストラリアではかなり尊敬されている作家のようで
彼に敬意を表して
トカゲの名前に付けられたようです。

それだけ
このローソンアゴヒゲトカゲは現地の人々に
愛されているトカゲなのかもしれませんね。

なにしろこの可愛らしさですから・・・


IMG_6004.jpg


posted by カメレオン・ハート at 02:06| 和歌山 ☁| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

ローソン ベビー♪

フトアゴヒゲトカゲよりかなり小型で
頭でっかちの可愛らしい体型が
魅力のローソンアゴヒゲトカゲのベビーが
入荷しました。

IMG_6001.jpg

フトアゴと同じオーストラリア原産で
よく似てはいますが、
背中のトゲトゲから模様から全体の印象まで
やはり全く別種であることが
ひと目でわかります。

IMG_6010.jpg

別名のランキンスドラゴンの方が
もしかしたら有名かもしれません。

海外では
ピグミードラゴンとかドワーフアゴヒゲドラゴンとか
呼ばれることもあるようです。

こちらのネーミングの方が
「名は体を表す」でぴったりですね。

IMG_6008.jpg

国内CBのかわいらしいベビーたちを
見にお越しください


posted by カメレオン・ハート at 23:57| 和歌山 ☁| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ゲイリーさんのトゲオアガマ

ゲイリートゲオアガマ
どうして「ゲイリー」なんだろう???
と思って調べてみると
やっぱり人の名前でした。

IMG_3412.jpg

ドイツの鳥類学者
Geyr von Schweppenburg
(1884年〜1963年)

ゲイリーは元々鳥類の研究が専門で
爬虫類は門外漢だったようですが、
鳥の羽根を集めに
サハラ砂漠3000kmを旅した際に
爬虫類、特にトゲオアガマにも興味を持ったのではないかと想像します。

そしてゲイリーは
初めてその標本をヨーロッパに持ち込んだ。

それにちなんで命名されたのが
ゲイリートゲオアガマです。

IMG_3423.jpg
IMG_3443.jpg

赤と黄色のカラフルな体色と
トゲトゲの太い尻尾を持ち、
ちょっとさえない表情をしたこの奇妙なトカゲは
鳥類学者をも魅了してしまった
ということかもしれませんね^^


posted by カメレオン・ハート at 05:57| 和歌山 ☀| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ゲイリートゲオアガマ

独特のフォルムで人気の
ゲイリートゲオアガマ
イエローとレッドが入荷しています。

IMG_3413.jpg
IMG_3458.jpg
IMG_3434.jpg
IMG_3459.jpg

「トゲオアガマ完全飼育ガイド」によると
トゲオアガマは
アフリカ北部からアラビア半島〜インド西部にかけての
砂漠地帯に棲息するトカゲですが、
見渡す限り砂ばかりの極限状態の砂漠ではなく、
イメージとしては
ゴロゴロと大小の岩や砂利が転がっていて、
低木や多肉植物がチラホラとまばらに生えているようなエリアが
彼らの故郷なのだそうです。

1年のうちわずかな期間だけ微量の雨が降る雨季があって
そのタイミングで
イナゴのような昆虫が大量発生することがあり
そんな時トゲオアガマは
喜んで昆虫たちを食べてお腹を満たすようです。

したがって
飼育下でのエサは基本野菜類ですが、
たまに昆虫類も与えると喜びます。

また立ち上げ時や食が細い場合は
コオロギなどがとても有効ですね。

なんとも言えない風貌と表情が面白い砂漠のトカゲ。

基本とてもおとなしく
多頭飼いも可能な本当に魅力的なトカゲです

IMG_3436.jpg


posted by カメレオン・ハート at 08:12| 和歌山 | Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

GW期間の営業のご案内と定番水龍

GWに突入しましたね

カメレオンハートは
GW期間中【4月28日(土)〜5月6日(日)】
休まず営業しております

IMG_9397.jpg

画像は
人気の定番トカゲ水龍こと
インドシナウォータードラゴン

IMG_8882.jpg

多頭飼いも可能です。

IMG_8095.jpg

なかなか愛嬌のある
面白いトカゲです

posted by カメレオン・ハート at 06:08| 和歌山 | Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする