2015年11月20日

タマタブの変身

下の2枚の画像を
同一個体のカメレオンだと思える方は
少ないのではないかと思います。

タマタブです。

IMG_0324.JPG

上が7月時点の画像で
下が最近のもの。

ヤングサイズからアダルトサイズに成長する過程で
徐々に変身していく姿を
つぶさに観察することができました。

めくれていた口元も
かなり改善されましたね^^

IMG_5513.JPG

普段は暗色の赤のバーですが、
ふとした瞬間に
マダガスカル島東部産カメレオン特有の
ブラッドレッドを発色します。

これこそ荒削りなワイルド飼育の醍醐味ですね^^

メスもブリードサイズまで
もう一歩のところまで来ましたので
そろそろペアリングを考えようと思っています。

販売もしますので
ご希望の方はお問い合わせください。


posted by そらりく at 03:28| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン タマタブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

パンサーカメレオン新入荷情報

少しですが、
WCパンサーが入荷しています。


IMG_0167.JPG

IMG_0168.JPG

画像はタマタブ。

あとノシベとアンビローブです。

価格上昇気味のパンサーですが
今回はかなりリーズナブルだと思います。

カラフルなパンサーたちを見に
ぜひお店にお越しください^^




続きを読む
posted by そらりく at 08:51| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン タマタブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

最南端のパンサー

パンサーカメレオンで
最南端に生息していると言われるタマタブ。
(新種のパンサーの発見がなければのお話ですが・・・)

ブリーダーさんのところから当店にやって来たタマタブ・ベビーは
日に日に大きくなっているように思います。
IMG_1422.JPG

ここで参考までですが、
最北端のパンサーは?と言うと
ディエゴ・スアレス(Diego-Suárez)です
マダガスカル島の北の先っちょですから
最北端のパンサーであることは確定です。
でも残念ながら
このディエゴ・スアレスには図鑑でしかお目に掛かったことがありません。
今でも生息しているんでしょうか?

つまりパンサーカメレオンは
最南端のタマタブ(トアマシナ)から
最北端のアンツィラナナにいると言われるディエゴ・スアレスまで
だいたい南緯18度から12度くらいの間に
生息していることになりますね。

ここでこの緯度を北半球に置き換えて見ると・・・
北緯18度から12度というのは
マダガスカル島と同じ島国で言えば
ちょうど南シナ海のフィリピンになります。

年間の気温、降水量、雨季と乾季、サイクロン・・・
マダガスカルとフィリピンは結構似ていますね。

仮に北半球の地にパンサーカメレオンが帰化するとすれば
フィリピンが一番最適なのではないか・・・?
などと想像します。
ハワイにジャクソンカメレオンが帰化したように・・・







続きを読む
posted by そらりく at 23:41| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン タマタブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

タマタブ・ベビー

ブリーダーさんのところから
すばらしい血統のタマタブ・ベビーがやって来ています。
今年8月28日ハッチ個体です。

IMG_1408.JPG
IMG_1407.JPG

両親の画像もいただきましたのでUPします。

タマタブオス.jpg
タマタブオス4.jpg
タマタブメス1.png

レッドの強いすばらしいタマタブですね。
両親とも2012年12月生まれだそうで、
ベビーから手塩に掛けて育て上げ、
今回初ブリードだそうです。

今回譲り受けたのは♂2頭、♀1頭のみで、
次世代のベビーは手元に残しつつ、
画像のペアによる次のペアリングも計画中とのことですから
今後がとっても楽しみです^^


posted by そらりく at 01:13| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン タマタブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする