2019年08月21日

カメモド初ハッチ!

今日、カメレオンモドキ
赤ちゃんが卵から出てきました

バルバータスです。

当店初ハッチ

IMG_60581.jpg

おそらく6月27日に産み落とされた卵なので
54日目のハッチです。

触ろうとすると
生意気にも噛みついてきます(笑

IMG_6060.jpg

親はドイツCB。

まだまだ数少ない日の丸カメモド
普通に流通するよう
カメレオンハートも
微力ながらがんばりたいと思ってます。

posted by カメレオン・ハート at 22:13| 和歌山 ☁| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

カメレオンモドキのお食事風景

バルバータスカメレオンモドキ
仲良く?シルクワームを食べているシーンです


動画の通り、
飼育下のCBはコオロギやシルクワームが主食です。

一方、原産地のキューバにおいて
ワイルドは陸生巻貝類を主に食べているようです。

堅いカタツムリなどを食べるために
このどう見てもアンバランスな
大きな頭と顎を持つようになったと言われていますね。

確かに「カメレオン」のように
舌をビュ〜ンと伸ばすことができるわけでもなく、
かといってそれほど狩りが上手とは言えない
カメレオンモドキたちが生きて行くためには
動きの鈍い陸生巻貝類は最適な餌ですね。

ヤモリのように
壁に張り付くことができるのも
この食性と関係があるのかもしれません。

普段の〜んびりとして動きが少なく、
陽性で穏やかなカメレオンモドキ。

カリブ海に浮かぶキューバの
年中穏やかな亜熱帯性気候が育んだ性格なんだろうと
想像します。


posted by カメレオン・ハート at 02:19| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

カメモドの交配と産卵

現在、バルバータスカメレオンモドキの
国産CB化を企んで
店内ブリードにチャレンジ中です。

先日、ようやく2ペアの交配までたどり着き・・・

IMG_4215.jpg

ポツポツと
産卵はしていますが・・・

IMG_4232.jpg
IMG_4206.jpg

なにしろ卵が非常に柔らかく
止まり木に産み付けられた卵のいくつかは
破れて溶けてしまったり、
なんとか回収できた卵も
有精卵というにはかなり頼りない感じ

IMG_4248.jpg

まだ個体が若いせいかもしれません。

ベビーの顔を見られる日は
まだまだ先になりそうです。

posted by カメレオン・ハート at 00:03| 和歌山 ☀| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

カメモドそろそろお年頃

バルバータスカメレオンモドキも
そろそろお年頃のようです。

まだ交尾は確認できていませんが
それらしい行動を取るようになりました。

IMG_4137.jpg

キューバ原産の
カメレオンモドキ。

ワイルドは厳しい規制で
一切輸出されることはありませんので
現在、ヨーロッパを中心にCB化が進められています。

当店にいるカメモドたちも
ドイツCB。

愛嬌抜群で
飼いやすく、堅強で
非常に面白いトカゲですので
普通に「日の丸CB」がたくさん出回る日が来ることを
ぜひ期待したいところです。


posted by カメレオン・ハート at 08:24| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

ブルーイグアナ♪

当店には
アオちゃんという
ブルーイグアナの女の子がいて
時々愛嬌たっぷり
そこらへんを歩き回っているので
人気者です

とっても大人しく
こうして触れ合うことができます

IMG_23891.jpg

アオちゃんと同じ
ブルーイグアナのベビーが
複数入荷しています

IMG_3983.jpg
IMG_3985.jpg

アオちゃんみたいに
ベタなれのブルーイグアナに育ててみませんか?^^


posted by カメレオン・ハート at 01:56| 和歌山 ☀| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

バナスパベビーの劇的変化

爬虫類は
幼体時から成長につれ
劇的変化を見せてくれる種がたくさんいますが、
このイグアナもなかなかのものです。

バナナスパイニーテールイグアナ

わずか3か月の間に
これくらい変化しました

1548265018QSvPYnWWL9Cy1fP1548265017.gif

グリーンイグアナと
見分けがつかいないほどの
鮮やかなグリーンの体色が
黒褐色に。

これからの体色の変化が
ますます楽しみです


性格は他のトゲオイグアナと比べて
元々とても温和であると言われますが
幼い頃の多少バタつく感じが薄れてきました^^

最近のハンドリングの様子です


さらに成長すると
上に上に登りたがる樹上棲の傾向から
どっしりと地表棲の傾向に変化します。

体色・性格・生態
3つの変化を楽しめる
バナスパ。

やっぱりとても魅力的なイグアナです^^


posted by カメレオン・ハート at 03:09| 和歌山 ☀| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

REPFAN Vo.7はコーンとカメモド

REPFAN Vo.7が発刊されました。

今号のメインは
コーンスネークカメレオンモドキ

IMG_2272.jpg
IMG_2273.jpg
IMG_2274.jpg

特にカメレオンモドキについては
これまであまりまとまった飼育書がなかったので
とても参考になります。


当店には現在、
バルバータスが数頭いて
繁殖を狙っています。

もちろん販売も行っていますので、
REPFANと併せ、
実物を見にお越しください

♂2.jpg


posted by カメレオン・ハート at 07:41| 和歌山 ☀| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

クレストが伸びてきたグリーンバシリスク

ちょこっとクレストが伸びてきた
グリーンバシリスク CBベビーズです

IMG_2148.jpg
IMG_2149.jpg

自然下では
群れて暮らしているのでは?と思われるほど
多頭飼いでもとても仲良くしています。
(エサの時間だけ奪い合いが起きることがあります)

毎日のお楽しみのエサやりシーン


これからどんなふうに
頭のクレストが伸びて行くのか???
非常に興味津々。

成長と変化が
とても楽しみなベビーズです

posted by カメレオン・ハート at 22:08| 和歌山 ☁| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

成長が楽しみなバナスパベビー

下の動画は
バナナスパイニーテールイグアナのベビーです


この鮮やかなグリーンをした
か細いトカゲが
あのイエローとブラックの存在感抜群の
トゲオイグアナになるとは
ちょっと想像がしにくいですね。

幼体時に体色がグリーンであることは
何か都合がいいんでしょうか?

IMG_1610.jpg

尻尾はすでに
トゲオ(棘尾)への変化を始めているように見えます

IMG_1611.jpg

大きくなっても
性格が非常に温和と言われる
バナナスパイニーテールイグアナ。

爬虫類のベビーは皆そうなのですが、
成長と変化が特に楽しみな種の1つです^^

posted by カメレオン・ハート at 03:59| 和歌山 ☀| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ヤモリになりたかったトカゲ?

ヒョウモントカゲモドキはヤモリ
カメレオンモドキはトカゲですが、
両者とも
トカゲとヤモリの垣根を超えた
身体のパーツを持ちます。

ヒョウモントカゲモドキはよく知られているように
ヤモリらしからぬ瞼と指を持ちますね。

ではカメレオンモドキ
トカゲらしからぬ身体のパーツとは・・・?

まずはこの画像をご覧ください

IMG_1227.jpg
(バルバータスカメレオンモドキ ベビー)

見事にガラス面に張り付いてますね。

おそらくこんな芸当のできるトカゲは
樹上種の中でもごく一部でしょう。

その秘密はコレ

1537983821dkEidxaH_cAzpAD1537983820.gif

ヤモリの足指に似た
指下板を持ちます。

でもバルバータスカメレオンモドキの指下板は
ヤモリのそれほどヒダヒダはなさそうで
吸着力は強くなく
壁のぼりはそんなに上手ではありません。

ピョンっと飛んで張り付くか
のそのそゆっくり壁を這う程度です。

バルバータスカメレオンモドキの顔を見ていると
もっと上手に壁を登りたいなあ・・・
と思っているように見えなくもありません。


posted by カメレオン・ハート at 03:18| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする