2015年06月16日

裏側の世界〜グランディスヒルヤモリ編〜

裏側の世界シリーズも
3回目か4回目です^^

今回は当店生まれのグランディスヒルヤモリ・ベビー。


IMG_0577.JPG

喉元からお腹にかけては色が抜けて真っ白。
でも尻尾はなぜか裏側も
綺麗なオレンジが発色していますね。
裏側も意外に美しいグランディス^^


IMG_0582.JPG

そして・・・
今回特に確認したかったのは下腹部・・・。

やっぱりありました!
ベビー特有の「おへそ」。
はっきりと目視できますね。

爬虫類のおへそは成長するにしたがい、
その多くはなぜか塞がってしまって
わずかな痕跡を残すのみとなる場合が多いようです。
不思議ですね〜^^

posted by そらりく at 01:47| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

グランディスヒルヤモリ ハッチ

ヒルヤモリの最大種、
グランディスが店内ハッチしました。

意外に硬い卵の殻を食い破って
頭を出し始めています↓

IMG_0507.JPG

数時間後、
丸々と太った赤ちゃんが出てきました!

IMG_0496.JPG

その後、
もう1匹も無事誕生↓

IMG_0521.JPG

オオヒルヤモリと言っても
ベビーはこんなに小さい↓

IMG_0504.JPG

大きくて美しいグランディスを
ベビーから育ててみたい方、
ぜひご来店ください^^


posted by そらりく at 01:26| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

雪ダルマ?

店内に突如現れた
巨大な雪だるま↓

IMG_00201.jpg

実はグランディスヒルヤモリの卵です。

IMG_0021.JPG

全長最大30cmにもなるグランディスは
ヒルヤモリの仲間の最大種だけあって
卵もかなり大きいですね。
殼も固くしっかりしています。

IMG_5633.JPG

ペアはサンバーバ産で、
大きい方(左)が♂親、
小さい方(右)が♀親。

1シーズンで2個×6回ほど産卵を
繰り返すと言われています。

♀にはしっかり栄養を与えたコオロギや
カルシウム豊富なシルクワームを与えて
2クラッチ目に備えようと思います。


posted by そらりく at 07:00| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

グランディスヒルヤモリ捕食シーン

グランディスヒルヤモリの
楽しいエサやりの時間です。


オオヒルヤモリと言われる通り、
とにかくこの大きさが魅力のグランディスです。


posted by そらりく at 00:45| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

色気


IMG_5612.JPG

なんだかちょっと
色っぽい
グランディスヒルヤモリのお嬢さん^^

posted by そらりく at 08:22| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

大きなヒルヤモリ

別名オオヒルヤモリとも言われる通り、
大きなグランディスヒルヤモリです。
アダルトになると軽く26cmくらいには成長します。

IMG_1837.JPG

現在店頭にいるのは
サンバーバ産とディエゴ産のそれぞれペア。
産地で若干赤い模様が違います。

IMG_5426.JPG

ボリューム感があるため
レイアウトケージで飼育すると
エメラルドグリーンがよく映えて
とてもいい感じだと思います。

ペア飼育可能。
ブリードにチャレンジしたい方にお奨めです!



posted by そらりく at 08:50| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

ヒロオ産卵

抱卵していたヒロオヒルヤモリが
白くて丸い卵を産み落としました。

006.JPG

下手に取り出して殻を破いてしまうといけないので
卵はそのままに
昆虫ゼリーのカップで蓋いを・・・↓

012.JPG

産んだ卵は1個だけ。
まだお腹にはもう一つ残されています↓

011.JPG

早く産み落として楽になってくださいな
ヒロオヤモリさん。

007.JPG

posted by そらりく at 22:25| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

裏側の世界〜ヒロオヒルヤモリ編〜

「裏側の世界」シリーズ(?)パート4^^
今日はヒロオヒルヤモリです。

024.JPG

早速この子の裏側を覗いてみましょう。

015.JPG

むむ?
何やらうっすらと白い影が・・・・・
もしかしたら・・・・・?ですね^^
そういえば、少しお腹も横にふっくらとしているような・・・・?

016.JPG

裏側(腹側)には性別のサインその他
いろいろな情報が隠されていますね。


このヒロオヒルヤモリは
店頭にてペアで販売中です。





posted by そらりく at 09:32| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

驚異的再生能力

デイゲッコーを脱走させると
かなり面倒なことになります。
走るスピードはまさに「目にも止まらぬ速さ」です。

画像は脱走兵を捕まえようとして
うっかり尻尾を掴んでしまい、
気の毒な姿にさせてしまったターコイズブルーゲッコー↓


001.JPG


自切したのが2月15日。
そして、その後どうなったかというと・・・・

下の画像はその18日後の画像です↓

018.JPG
020.JPG

なんと、もう再生してる!

いかにも取って付けたような再生尾ですが、
その驚異的なスピードは驚嘆に値しますね。

新品の青い尻尾をぶら下げたゲッコーは
ちょっと誇らしそうにも見えました。


posted by そらりく at 20:34| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

裏側の世界〜ネオンデイゲッコー編〜

その名の通り、
ネオンサインのような美しいカラーのネオンデイゲッコー。
和名は見たまんまのキガシラヒルヤモリです。

021.JPG


面白いのは
お腹の側↓

009.JPG

おそらく誰も見る者のないお腹にも
鮮やかなイエローの模様があります。

日の目を見ることのない裏側にまで
神は細部に宿っているのですね。

マダガスカル産の
普通ではまず見ることのないヤモリを見に
ぜひカメレオン・ハートにお越しください。


posted by そらりく at 23:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする