2015年04月09日

【新説】カメレオンの体色変化

4月1日のZIP!「なーるほどマスカレッジ」
のコーナーをご覧になった方おられますか?

「カメレオンの体の色の秘密とは?」の企画に
カメレオン・ハートも動画の提供でご協力させていただきました。



IMG_0179.JPG
IMG_0176.JPG
IMG_0181.JPG

日本テレビさんから何回もお電話をいただき、
「こんな動画や、あんな動画が欲しい・・・」
とオーダーを受け、いろいろビデオ撮りして
ご提供させていただいたのですが・・・

蓋を開けてみれば
例によって放映されたのは
昔youtubeにUPした動画ばかりでした。
よくあるお話でございます^^;


それはさておき、
カメレオンの体色変化のメカニズムに新説が出ましたね。

以下、3月11日 のAFP通信より

【3月11日 AFP】カメレオンが交尾相手の気を引いたり、ライバルを威嚇したり、捕食動物の目をくらませたりするために体色を変化させる様子は長年人々の興味をかき立ててきた。この妙技の驚くべきメカニズムを解明したとするスイス・ジュネーブ大学(University of Geneva)の研究論文が10日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。

これまでカメレオンの体色変化は色素によるものと考えられていた。だが、ジュネーブ大チームによると、皮膚に含まれるナノ結晶を調整することで光の反射を変化させ体色を変えていることがわかったという。

■体色変化の秘密は虹色素胞に

雄のカメレオンは体を目立つ色に変化させて交尾相手を引き付けたり、ライバルを威嚇して追い払ったりする。捕食動物から逃れるために体色をくすませることもある。

例えば、今回の研究に用いられた成体のパンサーカメレオンは、皮膚の地の色を緑から黄色やオレンジに変化させ、青い斑点を白っぽい色に変えたり元の色に戻したりもする。

体色を変化させる動物の大半は、色素胞(しきそほう)の一種である黒色素胞という細胞の中で色素メラニンが分散したり凝集したりして、体色の明るさが変わる。このため、色の純度は変えられても色調は変化しない。

研究チームによれば、カメレオンの体色変化も長年このプロセスで説明できると考えられてきたが、この説は誤りだったことが判明。カメレオンの皮膚を分析した結果、色素細胞のすぐ下にある虹色素胞と呼ばれる細胞層で透明ナノ物質の光結晶が体色変化を調整していることがわかったという

虹色素胞は他の爬虫類やカエルなどの両生類にもみられ、他の脊椎動物にはあまりない緑や青といった体色を発現させている。カメレオンの場合は、虹色素胞内のナノ結晶格子を「調整」して光反射を変化させているという

論文によれば、平静時のカメレオンではナノ結晶格子が密集状態になり入射光から青の波長が反射される。これに対し、興奮時には格子が緩んで黄色や赤などの他の色が反射されるようになる。

研究チームはこの現象を、興奮前と後のカメレオンの皮膚の生検結果に加え、光学顕微鏡法と高解像度動画撮影を用いて解明した。

■断熱効果も

スイス大チームは、このほかにもカメレオンの皮膚の深層部に第2の虹色素胞層が存在することを発見した。

第2の虹色素胞層の結晶は、第1の虹色素胞層より大きいが整列の度合いは不規則で、強力な太陽光中の赤外線を反射する断熱の機能を果たしている

この虹色素胞が二層に重なった構成を、研究チームは「進化的新奇性」に相当すると指摘。これにより、カメレオンは熱から身を守る受動機能を保ちながら、外的の目をくらます擬態と自身を誇示する体色の瞬時切り替えを可能としていると説明した。チームによれば、他の爬虫類が持つ虹色素胞は1種類だけで、これには体色を変化する機能はないという。

チームが次に目指すのは、カメレオンの結晶格子の調整を可能としているメカニズムの解明だ。



虹色素胞、ナノ結晶格子、光反射・・・

う〜ん、なかなか難易度高いですね。


でもカメレオンの一瞬の体色変化は

「色素の分散と凝集」というよりは

「光の反射」の方が

確かにスピード感が合っていて

説得力があるように思いますが

いかがでしょうか?







posted by そらりく at 23:33| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

絵の具の三原色とカメレオンの体色の変化

カメレオンは地球上で最も体色の変化の能力にすぐれた生物であることは
誰もが認めるところですね。

ではどうやってその体色を変化させているのかというと、
これまでにわかっていることは、
皮膚にインクの壺のような細胞が多数存在していて、
それがそれぞれ膨張と収縮をすることで、
さまざまなカラーが表面に現れるということのようです。

・・・・といってもなかなか理解しにくいので、
ここで「絵の具の三原色」の図を思い浮かべるとイメージしやすいような気がします。
絵の具の三原色.jpg
カメレオンの皮膚の下には、
イエローとシアンとマゼンタという3つのインクの壺が多数あると仮定します。
温度や湿度などの外部環境の変化や感情の変化等により、
インクの壺に電気信号が送られると
壺たちはある法則により一斉に膨張と収縮を始め・・・・

ここからは想像に過ぎませんが、
たとえば普段グリーンが強い個体は
イエローとシアンの壺から皮膚の表面に多くインクが突出していて、
それがある種の刺激を受けると、
今度はイエローとマゼンタの壺からインクが多く飛び出して
赤い体色に変化するといった具合でしょうか?


下の画像は最近特にブルーが強くなってきたノシファリー↓

IMG_1271.JPG


もし絵の具の三原色の図を当てはめるなら、
このノシファリーは成長するにつれて、
シアンの壺からたくさんインクが出始めるとともに、
イエローよりもマゼンタの壺のインクが優勢になったということになりますが
さてどうでしょうか?

さらに想像を逞しくすれば、
体色を真っ黒にしているカメレオンは、
寒さのせいか、あるいはより光を多く吸収するためか、
イエロー・シアン・マゼンタの3つの壺を全部膨張させている
という仮説が成り立ちます。

逆に体色を白っぽくしているカメレオンは、
3つの壺全部を収縮させているということ。
そうそう、
カメレオンがリラックスしている時は淡いカラーをしている時がありますね。
あっ!そういえば、
死にかけているカメレオンも白っぽいぞっ!!
力が抜けるとインクは全部壺の中に引っ込んでしまうのかもしれませんね。






posted by そらりく at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

アンバンジャ 1分間の変化

動画はアンバンジャの1分間の体色の変化です。 暗い部屋で眠っている時に、急に電灯を点けるとどんな変化をするか・・・・? じわじわと変化するので、よくわからないかもしれませんが、最初と最後を比較するとだいぶ違いますね。 カメレオンの体色の変化の仕組みは、さまざまな説があり実はよくわかっていないんですね。 「体色の変化」という点については、この地球上でもっとも進化した生物であることは誰もが認めるところですが、 その変化が科学的にまだ解明されていないというのは不思議な感じがします。
イメージ 1
ということで、未解明の仕組みですが、大枠としてどの説にも共通しているのは色素細胞の働きである こと。 単純化して言うと、各色のインクの壺が皮膚の下にあって、それが脳の指令によって収縮することで変化すると いうわけです。 アンバンジャの動画で言えば、電灯の光の刺激を受けて、イエローのインクがイエローの壺に徐々に戻り、逆に グリーンのインクがグリーンの壺からたくさん出てきたっていう感じでしょうか? 各色のインクたちの精妙で神秘的な動きの法則とその意味。 いつの日か誰かが解明してくれたらうれしいなあ^^
posted by そらりく at 17:12| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

ブルー3兄弟

我が家の「ブルー3兄弟」の紹介です^^
まずは、長男。
パンサー・ブルーの代名詞ノシベ↓
縦のラインが暗色に消失しています。
イメージ 1
そして次男のノシファリー↓
地色が白っぽく抜け、中央のストライプの下半分に赤いドットが入ります。
イメージ 2
そして、三男アンバンジャ↓
縦のラインに濃いレッドが発色します。
イメージ 3
ブルーはブルーでもそれぞれ微妙に色合いが違いますね。 また見る時々によって、グリーンっぽく見えたり、スカイブルーに見えたり、 より深いブルーに見えたり・・・それぞれが七変化するので、この個体は「こういうブルーだ!」 となかなか言い切れないところがまた楽しくもあり、悩ましくもありという感じですね。
posted by そらりく at 19:57| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

76秒後

パーソンカメレオンが、暗闇でスヤスヤお休み眠い中に、
ちょっと失礼して、ピカッ電球と電灯を点けた時の体色の変化の動画です。
76秒間我慢してご覧くださいね^^
地味ですが、じわりと変化しますよ^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
posted by そらりく at 22:56| Comment(12) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

親子対決

1月生まれのピカソ・ベビーがオヤジと久々のご対面^^
もうじき満1歳。
もうベビーとは言わせないぞ〜〜〜
イメージ 1
posted by そらりく at 21:05| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

夏休み自由研究

早いもので子供たちの夏休みもいよいよ終盤を迎えましたね。
宿題の自由研究のお手伝い・・・っていうのは口実で、実はオヤジが自分で楽しむための自由研究を実施
しましたので、ご報告いたしま〜す^^
自由研究のお題は、「カメレオンの体色変化の誘発要因に関する一考察」。(なんと大げさな^^;)
これでだいたい察しが付いたでしょ。
「カメレオンの体色の変化を誘発する物理的要因の1つは光である。」という仮説(別に仮説でもないけ
ど)を証明するために以下の実験を行いました。
まず暗闇の中でスヤスヤと気持ちよく就寝中のパーソンカメレオン・ボウちゃんの寝込みを襲い、変な
チャンチャンコを着せたうえで、バシャッと電灯を付けます。
イメージ 1
ほんの30秒後、変なチャンチャンコを取り払います。
するとあら不思議・・・
イメージ 2
お腹のキャンパスに自分の名前が・・・
これで「体色変化の物理的誘発要因の1つは光である。」という仮説が実験により証明されましたね。
ぷっ^^
ボウちゃん、研究の協力ありがとね〜♪
それにしてもこの迷惑そうな顔・・・
posted by そらりく at 23:49| Comment(17) | TrackBack(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする