2011年08月23日

しっぽの機能美

ねこのしっぽが大好きで、よく眠っているねこのしっぽをいじくって遊ぶわたくしですが、 動物のしっぽはだいたい好きです^^ 我々人間は進化の過程でしっぽを失ってしまったせいか、しっぽにはある種のノスタルジーがあるような気がす るのですがいかがでしょうか?
イメージ 1
そもそもこの「しっぽ」って、何のためにあるのか? 最初の脊椎動物である魚類の尾のことを考えればわかるのですが、「方向をコントロールする」のがその第一 義的な機能であるようです。
イメージ 2
魚類が陸に上がり、両生類や爬虫類に進化すると、「方向をコントロールする」機能に、「体を支える」機能や「体 のバランス」をとる機能が加わった。 そして、その体を支える機能を最大限に進化させた爬虫類が、我がカメレオンですね。 カメレオンのしっぽは、指先のような敏感な神経をもち、しっぽの先にはまるで目があるように、いつも巻き付ける 対象を探しながら自律的に動きます。 しっぽそのものが生き物みたいに。
イメージ 3
そして、その機能を極限まで追求し尽くしたカメレオンのしっぽが最後に獲得したものは・・・・・・ 美しさ。 機能の追求のその先には「美」があるのですね^^
魚の尾が行き着いた進化の終着駅がカメレオンのしっぽである。 そんなことをつらつら考えながらカメレオンを眺めるのも、飼育の楽しみ方の1つであります^^
posted by カメレオン・ハート at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

命綱

小型種やツノ系のカメレオンはときどき枝から落下してヒヤヒヤすることがありますが、パーソンカメ
レオンはまず落下することはありませんね。(枝が折れちゃったら、もちろん落下します^^;)
これはパーソンの尋常ではない握力のお陰もありますが、すごく「慎重」というその性質によるところも
大きいように思います。
イメージ 1
「慎重」という意味にも2種類あって、もともと「ゆっくりしか歩けない」というのが1つ。
それから「いつもしっぽで安全を確保している」というのがもう1つ。
いわば命綱の役割ですね。
イメージ 2
そこまで慎重にならんでも・・・と思うくらい慎重なパーソンたち。
これもこの重い体を自ら守るための知恵ということですね。
転ばぬ先のしっぽ。
posted by カメレオン・ハート at 11:33| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

カメレオンのシッポはなぜらせん状に巻くのか?

今日の日経新聞のサイエンスの紙面に、「巻き貝はなぜらせん状なのか?」という記事が載っていまし
た。 こういうお話はいいですね〜ワクワクします^^
記事によると、「らせん」にも2種類あって、蚊取り線香のように同じ太さの帯が巻くらせんを「一様
らせん」、巻き貝のように外側ほど太いらせんを「対数らせん」というそうです。
一様らせん↓
イメージ 1
対数らせん↓
イメージ 2
まず、なぜ巻き貝は「一様らせん」でなく、「対数らせん」なのか?という点については、「成長する
のに都合がよいから・・・」だそう。(詳細は長くなるので省きます。)
次になぜ細長いひも状でなく、らせんを巻くのか?については、「ぐるぐる巻いた塊の方が、物理的な衝
撃に強いから・・・」という説が有力なのだそうです。
その証拠に、より古い貝の化石では巻数が少ないものが目立つ一方、新しい時代の種は巻きが密で、護身
用のトゲ付きのタイプが多い傾向があるそうです。
つまり、グルグルらせん状に巻いた方が、生存のために都合がいいということですね。
まさにダーウィンの適者生存。
それから、右巻きと左巻きについては、古生代は「右巻き」「左巻き」ともほぼ同数存在していたが、中
生代以降、「右巻きが優勢」。でも、その理由は不明なのだそう・・・。
ウウッ、理由が知りたい。
ここからが、本題^^
日経新聞記事の巻き貝のお話からアナロジーで類推すると・・・・
「カメレオンのシッポはなぜらせん状に巻くのか?」という理由は、「らせん状に巻いた方が防御しや
すいから。」ということになるかもしれませんが、どうでしょうね〜?
そういえば、眠っているときに特にシッポを巻いていることが多いのも納得?^^
イメージ 3
話は飛躍しますが、下の画像はアンドロメダ大星雲↓
イメージ 4
台風もそうですけど、渦巻き(らせん)ですね。
「らせん」の形そのものにエネルギーがある(あるいはエネルギーの形そのもの)などと考えれば、カメ
レオンのシッポのグルグルもなんだかさらに謎めいて、もっと深淵な意味が隠されているのでは???
なんて、妄想していたらグルグルと目が回ってきた・・・^^;
posted by カメレオン・ハート at 19:58| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

第3の目

カメレオンの体で一番デリケートな部分って、どこだと思います?
それは比較的トラブルが起きやすく、そしてちょっとしたトラブルでも2度と元に戻らない部分・・・
もちろん繊細でない部分なんてないわけですが、「日常で気を付けてあげた方がいい部分」という
意味では、僕は「しっぽの先っちょ」だと思ってます。
その考えられる3大トラブルとは・・・
@ケージのドアで、しっぽをうっかり挟む。
A隣のケージのカメレオンに、エサと間違えられてしっぽを齧られる。
B脱皮不全を起こす。
@とAは容易に想像がつきますが、Bも意外に多いと思います。
下の画像は我が家で過去に2回起こしてしまった脱皮不全によるトラブル↓
このあと数日後に、しっぽの先はぽろりとちぎれ落ちてしまいました。
イメージ 2
脱皮の時に、しっぽにリング状の皮が残ると要注意。
すぐに取り除いてあげないと、気が付いた時にはぽろり・・・。
しっぽの先は非常に神経が発達していて、細かい動きをします。
その分、一度傷付くと、もう元には戻ってくれません。
トカゲみたいに再生してくれたらいいんですけどね。
イメージ 1
周囲の掴まれるものをしっぽ自らが探し出し、すばやく巻き付く様子を見ていると、まるでしっぽの先に
は「第3の目」があるみたいですね^^
posted by カメレオン・ハート at 00:04| Comment(12) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ト音記号カメレオン・ベビー

昨日の「ト音記号カメレオン」は、実は一風変わったピカソ・ベビーです。
イメージ 1
こうしていつも尻尾を上げて歩くんですよ^^
イメージ 2
これだと迷子になる心配はないよね♪
posted by カメレオン・ハート at 21:56| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

ト音記号

イメージ 1
イメージ 2
聴こえる?^^
posted by カメレオン・ハート at 22:34| Comment(16) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ゼンマイ

季節はずれのゼンマイが生えてきました^^
イメージ 1
こっちにも・・・
イメージ 2
ぷっ^^
posted by カメレオン・ハート at 21:36| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオンの尻尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする