2011年11月26日

丸呑みと咀嚼のワケ

先日、カエルの捕食シーンをUPしましたが(http://blogs.yahoo.co.jp/sorariku1963/54336391.html)、よく見ると噛まずにパクッと丸呑みにしてますね。 今日はカメレオンの捕食シーンのスローバージョンです↓ ちゃ〜んと噛み噛みして食べてます。 数えると10回。 噛まずにゴクッと行くカエルくんに比べると、若干お行儀がよいようですね^^ 丸呑みのカエル。 咀嚼するカメレオン。 う〜ん、いったいなぜ??? 今回調べてみて初めて知ったのですが、両生類には歯が上顎にしかなく、下顎には生えていないそうですね。 歯というものはまさに「かみ合ってこそ意味をなす」と思うのですが、どうやら両生類にはこの常識は当てはまらいようです。 上顎にしか歯がないため、噛まずに丸呑みにする。 一方、カメレオンにはちゃんと上顎にも下顎にも歯があります。 その証拠の記事はこちら↓ http://blogs.yahoo.co.jp/sorariku1963/article/304465284.html
イメージ 1
両顎に櫛状の歯が並ぶカメレオンは咀嚼して食べる。 咀嚼することの利点は、 ・食べてはいけないものを食べなくて済むこと。 ・胃の中でエサの反撃に合わずに済むこと。 ・消化によいこと。 ・味わって食べられること(これは怪しいですが) ・・・といろいろあると思います。 一方で面白いのは、カエルの丸呑み法には『安全装置』が付いていることですね。 先日の記事の星谷さんのコメントにあるように、カエルは異物を呑み込むと胃袋を反転させて(胃袋ごと口から出して)吐き出す行動を取るそうです。 この安全装置のお蔭で、変なものを体内に取り込まずに済むのですね。 こうして食べ方を比較してみると、やはりカメレオンの方が哺乳類に近いことがわかります。 まあ、哺乳類の人間の中にはカエルに近い食べ方をする人もいますが^^; *追記* カエルの歯に関するこんなニュースもあります。 自然界は奥が深い・・・ 『進化論揺らぐ? カエルの下の歯が復活』↓ http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110214001&expand#title
posted by カメレオン・ハート at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | カメレオンの歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

カメレオンの歯

カメレオンの歯って、いつどんな風に生えてくるのか? ベビーのお口は小さいので、なかなか調べることができないのですが、ヤングに成長したイエロージャイアントが 口をあ〜んと開けてくれましたので、観察することができました^^
イメージ 1
上あごに小さなギザギザの歯が生え揃っているのが見えますね↑ 哺乳類には切歯・犬歯・臼歯など、形状・機能の違う歯がありますが、爬虫類にはありません。 同じ形をした1種類の歯がお行儀よく並びます。
イメージ 2
さて、次は下あご↑
奥歯は生え始めているのが確認できますが、前歯はどうやらまだのようです。
ということは、カメレオン(少なくともパーソン)の歯はヤングサイズになるまでに上あごから先に生え揃い、
下あごが生え揃うのはもっとあと。
そして、前歯より奥歯から先に生えてくる・・・
歯の生え方にはそれほど個体差はないと思われるので、この順番はみな一緒と推測できます。
爬虫類の歯は、抜けても何回でも生え変わるのだそうです。
虫歯を気にしなくてもいいし、年取っても入れ歯はいらない・・・
うらやましい限りですね^^
posted by カメレオン・ハート at 18:28| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオンの歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

歯科検診^^

セミなど殻の硬い昆虫や、野生下では小鳥までバリバリと噛み砕いてしまうと言われているパーソン・カ
メレオンですから、顎の力は相当なものです。
でもいくら顎が強くても、やっぱり歯がしっかりしていなければ、ちゃんとごはんは食べられませんよ
ね。
ということで、今日はプウとボウの歯科検診を行いました^^
はい!プウちゃん、あ〜〜んとして〜
イメージ 1
次はボウちゃん、あ〜〜ん。
イメージ 2
はい、よくできました〜♪
問題なし!
よく見ると意外にちっこくてカワイイ歯だな^^
posted by カメレオン・ハート at 10:19| Comment(14) | TrackBack(0) | カメレオンの歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする