2012年01月14日

ペアリングのタイミング2

先日、無精卵を一度産むのを待って、♀が十分に成長してからペアリングを行うつもり・・・ というアンバンジャの記事を書いたばかりですが、今回生後8か月を過ぎたばかりのノシベのペアを交配させまし た。
イメージ 1
今回交配にチャレンジした♀は、体重が50gをやっと超えたばかりですので、まだまだアダルトサイズにはほど 遠い大きさですが、♂はビンビン、♀は全く従順で準備OKということで、ペアリングに踏み切りました。 お見合いさせると、交配はスムースに始まり難なく終了。 あとは結果待ちです。 ペアリングの時期の1つの目安は、♀が生後何か月経っているかということと、体重および体色ももちろんありま すが、♂を見せた時の♀の挙動ですね。 受け入れ態勢OKの♀は肝が据わり、顔色一つ変えません。 この時、♀はきっとこう言ってるんだと思います。 「お任せするわ。」
posted by そらりく at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | カメレオンの交配と産卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

ペアリングのタイミング

アンバンジャの♀がかなり大きくなり、いい発色を始めたので、もう一回り成長したらそろそろペアリングか? と思っていた矢先、案の定、無精卵を持ってしまいました。 下の画像は産前の体重測定時のもの↓
イメージ 1
イメージ 2
体重測定したその日中に、首尾よく無精卵を産み落としてくれました↓
イメージ 5
そして産後の画像↓
イメージ 3
お腹の辺りがだいぶほっそりしましたね。
そして、産後の体重は・・・?↓
イメージ 4
12g減少しています。 無精卵を持つ前に交尾させるか、それとも十分に体重が増えるのを待つべきか・・・? これは結構悩ましい問題ですね。 ワイルドの場合、かなり小さい♀であっても持ち腹個体が多いところをみると、まだ体が小さいからと言って 必ずしも交尾⇒産卵が不可能なわけではなさそうです。 なにしろカメレオンには貯精という裏技がありますから。 このとき貯精機能により一種のモラトリアム状態を作り、時間差で産卵に耐えうる体への成長を追い付かせてい るのではないか? しかし、CB個体の場合、わざわざリスクを取ってワイルドのようなことをする必要もないのではと思います。 焦って事を急ぐとあまり芳しくない結果(母体・ベビーともに)を生むことの方が多いような気がするので。 諸条件によりケースバイケースなので一概に言えませんが、一旦無精卵を産むことを織り込んで、その後十分 なサイズへの成長と準備OKのサイン(婚姻色)を気長に待つ・・・ 気の遠くなるお話ですが、こちらの道が王道ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
posted by そらりく at 19:15| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオンの交配と産卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

絶好のタイミング

画像はアンバンジャのペアリング直前のものですが、♀の腰の辺りに注目してください。 心持ち腰を上げ、♂が交尾に至りやすいような体勢をとっています。
イメージ 1
準備バンタンな♀は、♂が近付いてきても全く逃げず、動ぜず、怒らず、体色も変えず、♂の行動に平然と身 を任せます。 そして、さらに優秀(繁殖にとって)な♀は、画像のような体勢をとって♂を迎えます。 事は自然に、スムースに運び、ペアリングはつつがなく完了。 やがて♂は♀から体を離します。 ♂♀ともにタイミング バッチリで、その上にこんな協力的な♀に巡り合うことは、そうはあるものではありませ ん。 千載一遇のチャンスを逃さないことが一番大事なことですね^^
posted by そらりく at 12:24| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオンの交配と産卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

アンバンジャ産卵後

イメージ 1
カメレオンは産卵後、自ら掘った穴をきれいに埋め戻しますね。 下の動画は、今日卵を産み落としたアンバンジャの産後の行動です。↓ 一生懸命ですね^^ 上の動画は我が家でもこれまで何回となく目にして来た「埋め戻し」の光景ですが、今日はこのあと下の動画の ような行動も観察することができました↓ 何をしているか、わかりますか? 土を手で踏み固めてるんです。フミフミフミ・・・・ とても面白かったのは、両手両足で少し土を穴に掻き入れてはくるりと体の向きを入れ替えて、土を手で踏み固 め、また少し掻き入れては体勢を入れ替えてまた踏み固め・・・・・ という行動を十数回繰り返して、ようやく埋め戻したこと。 土を埋め戻すのに要した時間は、なんと2時間あまり。 卵を産み落とすよりもずっと長い時間を掛けていました。 恐らくパンサーカメレオンは、いつも多かれ少なかれ産後こういう行動をとっているんだと思います。(なかなか時 間がなくて観察することができませんが) 大切な卵を隠すために、黙々と律儀に穴を踏み固めている姿はとても愛おしく、感動的ですらあります。 そして、このあとすぐに土を掘り返した僕は、正真正銘の卵泥棒^^; 罪悪感はしっかり感じつつ・・・・・ でもやっぱり嬉しいよね。 さあ、逃げろ^^;
posted by そらりく at 17:40| Comment(12) | TrackBack(0) | カメレオンの交配と産卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

整いました^^

カメレオンとかけまして、野菜嫌いの子供とときます。 そのこころは・・・? どちらもヘンショクします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ なぞかけはもひとつ整いませんが、ノシファリーの♀はようやく準備が整いまして、 今日ペアリングに至りました。 ここから先の動画は放送禁止ということで・・・・
イメージ 1
posted by そらりく at 15:10| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオンの交配と産卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする