2013年05月01日

白と黒

以前、「カメレオンは人間より豊かな色覚の世界を持っている」という記事を書いたことがありました↓
http://sorarikuworld.seesaa.net/article/304465360.html

そんなカメレオンですから、当然白と黒の区別はつきます。(まあ、当たり前ですよね。)

ちょっと古い動画で恐縮ですが、白いデュビアと黒いデュビアを使って実験してみたことがありますので、UPします。
パーソンはどちらのデュビアを選ぶか予想してみてください↓



白と黒のデュビアを左右入れ替えて実験してみました。
さあ、今度はどっち?



何回試してみてもこのパーソンは黒い方を選びました。
単に好みの問題かもしれませんが、自然界にはあまり白い餌がいないから?
とか、紫外線の反射率の違いが原因か?
とか、いろいろ想像は膨らみます。

違う個体、種類で、いろいろな色の餌を使って数多く統計をとってみると面白いかもしれませんね。


posted by そらりく at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

カメレオンの瞬膜?

昨日はカエルの瞬膜のことを書きましたが、今日はカメレオン。 下の画像はパーソンカメレオンの瞳です↓
イメージ 1
向って右端に少し白い部分が見えますが、これが瞬膜でしょうか?
とにかくカメレオンの瞳が、出てきた瞬膜で覆われている光景は見たことがありませんので、恐らく小さく退化し
てしまっているのではないかと思います。
カメレオンは「瞬膜」ではなく、人間と同じように「瞼」を発達させて目の乾燥を防ぎ、保護するという進化を遂げた のかもしれませんね。 しかも人間よりもずっと分厚くりっぱな瞼で・・・。 また、カメレオンは人間ほどではないにしても結構瞬きをしますね。 パンサーカメレオンの瞬きの動画↓(気の毒にも無理に水をかけてますが^^;)
よ〜く見ると、人間とは違って、上下を両方動かして瞬きします。 なんだかカワイイですよね、カメレオンの瞬き^^
 
posted by そらりく at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

猫目の共通項

縦型瞳孔を持つ動物の代表選手はもちろん哺乳類の。 探してみると、この「猫目」を持つ動物は意外にも結構いるもんですね。
イメージ 1
哺乳類ではコアラが縦型瞳孔です(←意外ですよね) 両生類の代表選手は、その名の通り、ソバージュネコメガエル(写真右上)。 ここでクイズです太陽 『猫とコアラとソバネコの習性で共通するものな〜に?』 ・・・・・・・・わかりました? 答えは・・・・・基本「夜行性」であること。 そういえば、夜に獲物を探すタヌキキツネアナグマは「縦型瞳孔」ですね。 そして、カエルで言うと、昼に行動するカエルは、「横型瞳孔」。夜に獲物を探すカエルは、「縦型瞳孔」が多いそ うです。(う〜ん、面白い^^) 爬虫類ではヤモリも「縦型」で、基本的に夜行性です。 夜に行動するには、猫目(縦型瞳孔)が何か都合がいいんでしょうか? でも、もちろん例外もあって、縦型瞳孔を持つワニは基本昼行性だし(一部夜行性もいるらしいですが)、夜行性 のイタチの仲間は横型瞳孔らしいです。 そういう例外はあったとしても、やっぱり猫目(縦型瞳孔)の生き物には、大くくりの傾向として夜行性が多いと いうことがどうやら言えそうですね。 瞳孔の型と動物の行動様式・・・・なかなか不思議で面白い相関がありそうです。 この頃夜中にゴソゴソすることの多いわたくしは、そのうち猫目になってたりなんかして・・・ ちなみにカメレオンの瞳孔について気になる方はコチラをどうぞ↓↓↓ http://blogs.yahoo.co.jp/sorariku1963/article/304465275.html
posted by そらりく at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

カメレオン 色覚の世界

「色」という点で言うと、この地球上で最も多彩な変化の能力と多様性を持つ生物がカメレオンではないかと思います。 ただし、これはあくまで人間の目から見た場合のお話であって、カメレオン自身の目ではいったい色の世界はど う見えているのか? 下の画像はアンバンジャですが、このカラフルなカラーがカメレオン自身の目には実際にどのように見えてい るのか?ということはとても興味のあるところですね。
イメージ 1
パンサーに特に顕著ですが、感情によってさまざまな色に変化する体色とか、発情した時の♀の発色とか、逆に♂を拒否する時のどす黒いカラーとかのことを考えると、当然カメレオンには色覚がある(相手に伝えたいことを伝えるために発色している)と普通に考えられますね。 だって、もしも相手が色を判別できないなら、わざわざ体色を変える必要性がないので当たり前です。 また、実際にカメレオンは他のカメレオンの体色の変化に影響されているように見える場面が多く見られます。 でも残念ながら、これらはあくまで状況証拠であって、「だから色覚がある」と断定できる確実な証拠とは言い切れません。 ではその状況証拠(必要条件)を補完する確実な証拠(十分条件)はないものか? 科学的にすべて解明されているわけではないようですが、現在わかっているのは「錐体細胞」なるものの生物間の比較研究がその証拠になりうる可能性を持っているようです。 そして結論から言えば、カメレオン(他多くの爬虫類)は豊かな色覚を持つらしい
イメージ 2
「錐体細胞」は2つある視細胞の1つで、明るい光を感じ、色覚に直接関わる細胞で、この錐体細胞が持つ「視物質の数」で色覚が決まるようです。 我々ヒトは基本的にこれがの3つの視物質を持つ3色型。 そして多くの爬虫類は、上記に紫外線域をプラスした4色型なのだそう。 紫外線域まで知覚するということが一体どういうふうに見えるものなのか想像も付きませんが、少なくとも我々ヒトよりも世界は豊かな色彩に見えているということが言えるのだと思います。 カメレオンは我々が見えないものまで見えている・・・・ まだまだわからないことが多いようですが、我々ヒトの能力をはるかに超えた色彩の世界を持つ可能性のあるカメレオン。 ますますカメレオンへの尊敬と愛着の念が湧いてくるお話ではないかと思いますが、いかがでしょう?
posted by そらりく at 10:46| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

イヤ〜な目つきのワケ

目ん玉飛び出させて、ギロ〜ンとイヤな目つきをしているのはノシミチオ↓
イメージ 1
これはもちろん病気ではなく、霧吹き時にたま〜に見せる目のお掃除の光景です。 手を使って顔を洗えないカメレオンは、瞼を膨らませ、眼球をグルグル回し、しょぼしょぼさせて、目ヤニでも取り 除いているんでしょうか? だいたい1〜2分もすれば平常に戻ります↓
イメージ 2
すっきりしたみたいですね^^ ちなみに画像の子は、ワイルドのペアを1世とすると、4世のひ孫にあたります。 この日本の地でのCB化は着実に進んでいますね。
posted by そらりく at 19:38| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

放射状の瞼

パンサーカメレオンの多くは瞼に画像のような放射状の模様が出ますね。
イメージ 1
瞳を中心に6本〜8本の線が走っているのがわかります。
イメージ 2
この放射状模様があると、とても眼が目立ちますね。
イメージ 3
目立つことで何か得をすることがあるのかもしれないし、あるいは単に設計者の気まぐれなのかもしれない し・・・ 何の意味があるのかはわかりませんが、とにかく面白美しいことだけは確かです。 この奇抜なデザインに魅せられてやみません^^
posted by そらりく at 20:04| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

カメレオンの瞳孔

画像はパーソンカメレオンの目です。
イメージ 1
上の画像は、眩しくない状態で撮影したもの↑ 瞳孔(真ん中の黒目)は大きく開かれています。
下は、太陽を見ているパーソンの瞳。(それぞれ別のカメレオンですが)
瞳孔の中に太陽が写り込んでいますが、目自体がまるで太陽のように、茶色の虹彩が放射状となって拡散
しています。
瞳孔はカメラの絞りにあたる虹彩の働きによって小さくなり、中に入る光を調節しているんですね。
イメージ 2
動物の種類によって、この瞳孔はネコのような縦型とヤギのような横型があります。
もしカメレオンの瞳が縦型や横型だったとしたら・・・・ちょっと怖いですよね。
カメレオンの愛らしさは、この丸い瞳によるところもあるのでは?と思いますが、いかがでしょう?
posted by そらりく at 22:27| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

カメレオンの第3の目

画像はパーソンカメレオンの第3の目です↓
イメージ 1
イメージ 2
「頭頂眼」とも言われるこの「第3の目」は、最近の爬虫類の生体実験による研究成果で、太陽の位置
 
を測る羅針盤の役割を果たしていることが証明されたそうです。
「羅針盤」ですから、太陽の位置を起点にして自分が進むべき方向を見定める機能というわけですね。 でもカメレオンの場合、第3の目はおそらく羅針盤の機能だけではないような気がします。 光を感知して体色を変化させたり、繁殖を促進・制御したり、夏と冬の活動をコントロールしたりしているのではな いか? もしこの第3の目を塞いでしまったとしたら、カメレオンはきっと奇妙な行動をとるようになるのではないかと思い ます。 実は人間にもこの第3の目はちゃんと存在していて、松果体と言われていますね。 人の場合、魚類・両生類・爬虫類の第3の目のような機能は既に退化してしまっていますが、その代わり第3の 目が開くと、宇宙の波動と共鳴・共振できるとか、オーラや守護霊が見えたりとか、テレパシーができるとか・・・ いわゆる超能力者と呼ばれる人になれるみたいです。 オカルトの好きな人にはたまりませんね^^ カメレオンたちの第3の目ももしかしたら、我々の未だ知り得ない超能力を持っていたりして・・・ ひょっとしたらあなたの心は全てカメレオンに見透かされているかもしれません^^                                 *** 2009年11月に「第3の目」という関連記事をUPしています。
posted by そらりく at 17:22| Comment(12) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

瞼はいつ閉じるか?

カメレオンは捕食するときに必ず瞼を閉じますね。
では、瞼を閉じるのは一体どの瞬間なのか?
昨日のパーソン捕食の動画を、コマ送りにして見るとよくわかります^^
まずは、獲物を見つけるとロンパリだった両目の焦点が合います目
これが舌を発射する合図ですね↓
ロックオン!
イメージ 1
そして発射ロケット 目に注目してください。 獲物を捕えた瞬間もまだしっかり目は見開かれています。
イメージ 2
そして、次に舌を引き込む工程に移ったその瞬間。
瞼が閉じられようとしているのがわかります↓
イメージ 3
最後、獲物を口に入れてしまうまで、その瞼はしっかりと閉じられています↓
イメージ 4
つまり電球
獲物を捕えるまでの前工程=瞼は「開」
獲物を捕えたあとの後工程=瞼は「閉」
ということになりますね。
ではなぜこういう瞼の動きになるのか?
それはやはり獲物を引っ張り込む段階というのは、大切な目を傷つける危険性があるからではないかと推測でき
ます。
というか、考えればこのことは別に驚きでもなんでもないですね。
だって、いくら自分の舌だとは言っても、獲物と一緒に高速でこっちに飛来してくるわけですから、そりゃ誰だって
目を閉じる。
僕なんか未だに目薬が怖くてまともにさせないんだから・・・(ちと違うか)
posted by そらりく at 10:31| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

「目が外へ飛び出ていること」が、トレードマークのカメレオン。 外へ飛び出ている上に、1対の目がそれぞれ別の動きをすることで、常時360度の視界に入る獲物を捕えるこ とができるわけですね。
イメージ 1
ところが、この外へ飛び出たお目目、眠りにつくと自動的に眼窩(眼球を入れる頭骸骨のくぼみ)の中にきれいに 収納されます。
イメージ 2
目を怪我することはカメレオンにとっては致命傷。 無防備な睡眠中にこの大事な目を傷付けることがないよう、非常に合理的な仕組みになっているんですね。 反対に目覚めている時にカメレオンの目が落ちくぼんでいる場合は、もう獲物を捕える気力とエネルギーが少な くなっていることの証。 そろそろ永遠の眠りにつきたいという意志の表れかもしれません。 目の動き1つとってもみても、なかなか興味深いカメレオン独特の世界であります^^
posted by そらりく at 20:56| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオンの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする