2012年10月21日

マダガスカルの切手2

マダガスカルの切手シリーズの第2弾。
 
描かれているのはナスタカメレオンです。
写真上が♂、下が♀の切手↓
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
別名ハナダカカメレオンとかビッグノーズカメレオンとか言われる通り、鼻に特徴のあるカメレオンですね。
他にハナツノカメレオンとか、テングカメレオンとかラボードカメレオンとか似たようなカメレオンがいますが、
ナスタカメレオンは全長10cmくらいしかなく、カルンマカメレオン属の中では最も小型というところが最大の特徴でしょう。
 
                          双葉双葉双葉双葉双葉
 
 
マダガスカルの切手でカメレオンが描かれているのは、僕が知る限り、前回紹介したカンパニーカメレオンと
今回のナスタカメレオンのみのようです。(もし違っていたらゴメンナサイ)
 
カンパニーもナスタももちろんとても特徴的で魅力的なカメレオンではありますが、でももしも日本人がカメレオンの切手を発行するとしたら・・・・?
描かれるのはまず間違いなくパンサーカメレオンかパーソンカメレオンでしょう。
 
マダガスカル政府が切手の題材として選んだのが、パンサーやパーソンでなくカンパニーとナスタであるところに、カメレオンに対する根本的な「思い入れ」とか「価値観」の違いみたいなものがあるように思われてなりません。
 
我々日本人はパンサーカメレオンのあのカラー・バリエーションの中に「美」を見い出したり、キングオブカメレオンと言われる巨大なパーソンカメレオンの中にある種の「神聖さ」を感じたりするわけですが、マダガスカルの現地の人々は恐らくそういう感覚でカメレオンを見てはいないのだろうと思います。
 
大も小も、カラフルなのもそうでないものもカメレオンはカメレオン。
普通に身近に存在して、ちょっと気味が悪く、近寄りがたく、少なくとも興味の対象ではない生き物・・・
 
カメレオン切手を眺めていると、そういうマダガスカル人とカメレオンとの間の「距離感」みたいなものを感じるのですがいかがでしょう?
 
何千年にも亘って、お互いその微妙な「距離感」を保ち続けて来てくれたおかげで、自然破壊の進む現在のマダガスカルでもカメレオンたちはなんとか生き続け、地球の反対側の日本人が今でもその実物を目にし、手に取ることができるんだと思います。
 
 
 
 
posted by そらりく at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオン切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

マダガスカルの切手

下の画像は我が家のコレクションのマダガスカル切手です。
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
カンパニーカメレオンが描かれています。
別名「ジュエルカメレオン」と言われるように、非常に美しい色彩と模様を持つ「マダガスカルの至宝」の呼び声の高いカメレオン。
一度飼育してみたいものですね。
残念ながら切手にはその美しさが表現されていませんが・・・
 
 
 
この切手1枚眺めるだけでもマダガスカルの歴史の一端を垣間見ることができます。
マダガスカルは1961年に独立するまで、長くフランスの植民地でした。
切手の価格の『1F』・『60F』の『F』は、通貨のマダガスカル・フラン【Franc Malagasy(Fmg)】を表しています。
現在の通貨は、1961年から導入されたマダガスカル・アリアリ【Malagasy Ariary(Ar)】なのですが、
2004年までFmgと併用していたのだそうです。
併用と言っても、画像の通り、この切手が発行された『1973年』はFmg表記しかありませんね。
ところが面白いのはその後の80年代、90年代に発行された他のマダガスカル切手を見るとFmgとArが併記されていること。
長い時間を掛けてFmgからArへ移行していうこうという方針のようですね。
 
ついでにマダガスカルの郵便料金がいったいどれくらいなのかを為替で換算してみるとこうなります↓
1Ar=5Fmg
1円=約24Ar
つまり1円=120Fmgで、1Fmg=0.0083円となります。
したがって1枚目の『1F切手」=『0,0083年切手』。
手紙1通送るのにいくらの切手を使うのかよくわかりませんが、仮に画僧2枚目の『60F切手』を使うとすれば、
60Fmg=『0,498円』ですか・・・
いったい高いのか安いのか?
 
・・・・・切手1枚でも結構暇つぶしができて楽しいもんです^^
 
posted by そらりく at 12:51| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオン切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする