2020年02月12日

アンビローブ産卵とカラーバリエーション

先日交配した
パンサーカメレオン アンビローブ
無事産卵しました。

画像は産卵後の♀です。
お疲れさま

IMG_7963.jpg

下は
鮮やかなブルーバーが美しい♂親

IMG_7666.jpg


ここでアンビローブの生息地について
おさらいをしておくと
マダガスカルのかなり北部になります

2020-02-12 (4).png

今回のブルーバーの♂親はCBですが、
ワイルドのアンビローブが入ってくると
そのカラーバリエーションの豊富さに驚かされます。
同じアンビとは思えないほどの違いがありますね。

おそらく各ローカリティの中で
その豊富さではアンビローブがNo.1でしょう。

その理由としては
「アンビローブ」というローカリティは
「シラマ」あたりを含む
かなり広範囲に生息するパンサーの総称であるからと言われます。

下の赤い点線はあくまで生息地の想像です。
(実際に行って見た訳ではないので)

2020-02-12.png

アンビローブからシラマへ続く道を歩いて
もしもその体色のバリーエションの変化を
目の当たりにすることができたなら・・・

それはとても幸せな夢ですね

posted by カメレオン・ハート at 04:39| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

2020年初交配!

本日、本年初の交配に
チャレンジしました

パンサーカメレオン アンビローブ ペアです

IMG_7658.jpg

輝くようなブルーバーが
美しいアンビ。

♂♀とも
ローカリティ確かなEUCBです。


上の動画は
交尾前のシーン

このあと
すんなり交尾に至りました^^


今年はこのペアのベビーにも
ご期待ください



posted by カメレオン・ハート at 20:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

Amazing Blueレッドアンビ ハッチ

細々と血統を繋いでいる
Amazing Blue血統のレッドアンビローブ
昨日ようやくハッチしました。

IMG_6503.jpg

今年1月25日の
交配時の記事をご参考まで

数個しか残せなかった卵なので
なんとか無事育って欲しいのですが、
見た感じかなり頼りないベビーたち・・・

どうなることやら・・・


posted by カメレオン・ハート at 07:24| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

今回はブルーバー♪

現在レッド系をメインに
ブリードを進めているアンビローブですが、
昨日は
ブルー系アンビローブの交配を行いました。

IMG_4089.jpg

♂・♀ともに
ヨーロッパCBです。

下は交配後の画像
IMG_4087.jpg

地色はグリーン。
ヘッドはレッド。

そして草原を流れる静謐な川のごとき
スカイブルーバー。

コントラストが
非常に美しい血統です。

IMG_4091.jpg
IMG_3874.jpg

うまくベビーが誕生すれば・・・

パンサーコレクションの1つにぜひ


posted by カメレオン・ハート at 05:22| 和歌山 ☔| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

Amazing Blueレッドアンビローブの血 脈々と!

2014年に日本に初上陸した
Amazing Blueのパンサーカメレオンですが、
その初代レッドアンビローブの血が
脈々と(細々と)カメレオンハートに
残っています。

まずは初代レッドアンビローブの雄姿の画像から
IMG_0169-7cd39-thumbnail2.jpg

今は亡き先代は
ほんとうに目の覚めるような
すばらしいレッドをしていました。


そして初代のオスとWCのメスの間に生まれたのが
現在店頭にいる息子

IMG_2487.jpg

ブリーダーさんのところには
上の息子と同血統のメス(妹)が運よく残っていて、
今回ご協力を得て、
新たに導入した下の
Amazing Blueの若いオスと
昨日交配を行いました。

IMG_2952.jpg
IMG_3059.jpg

新入りのアンビローブ♂は
発色もまだまだ荒削りのヤングですが、
なんとかがんばってくれました。

新しいアメブルの血を入れつつ、
あのすばらしい初代のDNAを
残していければと思っています。


posted by カメレオン・ハート at 09:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

Amazing Blue血統レッドアンビローブ ベビー ラスト分譲

Amazing Blue血統レッドアンビローブ ベビーの
販売情報です。

カメレオンハート産では
今回がラスト分譲となります。

まずは♂の1頭目

レッドアンビ♂1.jpg
レッドアンビ♂1-3.jpg

♂の2頭目

レッドアンビ♂2-2.jpg
レッドアンビ♂2-3.jpg

そして♀はオンリーワンです。
こちらはまだ小さいので
今後ちゃんと育てばという条件付きで
売約済みです

レッドアンビ♀2.jpg
元気なベビーたちの姿を
店頭でご確認ください


posted by カメレオン・ハート at 10:20| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

Amazing Blue血統レッドアンビローブ ベビー販売情報

なかなかうまく育てられず
数を出せずにいるAmazing Blue血統レッドアンビローブ ベビーですが、
先日に引き続き
とりあえず1ペアのみ販売できそうです。

まずは♂ベビー

IMG_90781.jpg

(♂は売約となりました。)

下は♀ベビー

IMG_90911.jpg

(♀も売約となりました。)

次は残念ながら
いつ販売できるか未定です。

目途が立ちましたら、
またご案内いたします。


posted by カメレオン・ハート at 03:16| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

Amazing Blueレッドアンビ血統のベビー誕生

昨日、
Amazing Blueレッドアンビローブ血統の
パンサーベビーが誕生しました

IMG_77111.jpg

IMG_77121.jpg
ハッチはまだ始まったばかり。
これから年末にかけて
次々と卵から這い出して来てくれるのではないかと思います。

この黒い物体が
赤く染まるパンサーカメレオンに
成長する過程をまた楽しめると思うと
ワクワクします。

posted by カメレオン・ハート at 09:27| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

即戦力ローカリティ♀2種

カメレオン・ハート生まれの
アンビローブとサンバーバのアダルト♀の販売を開始しました。

いずれも無精卵を無事産み終わり、
立ち上げ完了のブリード即戦力です。


まずはアンビローブ。
WCアンビ♂と当店ブリードの
レッドストライプ血統の♀の間に生まれた♀です。
IMG_7154.JPG

このアンビローブ♀は
販売済みとなりました。
ありがとうございました。


次はサンバーバ。
WCサンバーバ♂とUSCB♀の間に生まれた♀です。
IMG_7111.JPG

無精卵を産んだ後、
十分立ち上がって
体が成熟し切った♀のブリードの成功率は
かなり高いように思います。

それぞれの♂を飼育されている方に


posted by カメレオン・ハート at 23:09| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

パンサーカメレオンの産卵シーンと土中の空気

パンサーカメレオンのアンビローブが
卵を産み落とすシーンです


ウミガメの産卵さながら
ポトリポトリと1個づつ産み落とします。

このあと
自ら掘った穴の埋め戻しと
土の踏み固め作業を丁寧に行って
産卵終了です。


自然下において
卵たちは土中で約半年もの間過ごす訳で
その間、空気は一体どうなっているんだろう???
と不思議ですね。

ネット検索で得られる情報では
大気中の酸素濃度は23.28%が平均値ですが、
土壌空気は10〜21%程度。 
 湿地帯などでは2%程度のこともあるようです。

 また、大気中の炭酸ガス濃度は0.03%なのに対して
土中の炭酸ガス濃度は
大気より高く、0.1〜10%くらい。

つまり酸素は半分くらい、
炭酸ガスは3〜300倍の環境で
自然下の卵は育つわけです。

大気の空気組成で育てられる人工孵化と
土壌空気で育つ自然下の孵化・・・

どちらが卵の孵化にとって有利なのか?
あるいは卵の周囲の空気組成は全く影響がないのか?
ちょっと興味のあるテーマですね。

posted by カメレオン・ハート at 23:52| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする