2015年02月12日

色とりどりの果実

アンカラミーがいい感じで
熟れ始めました^^

画像は寝起きのショットですので
とても眠そうな顔をしていますが・・・↓


IMG_5742.JPG

アンカラミーも
これまで少なからず飼育してきましたが、
これほど別名ピンクパンサー
と言われ、親しまれるローカリティの
「らしさ」を凝縮した個体を目の当たりにするのは
久々のような気がします。


緑、オレンジピンク・・・
パンサーカメレオンは
マダガスカルの木々にたわわに実る
色とりどりの果実のような存在だと
つくづく思います。
ただただ感動^^


posted by そらりく at 00:55| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンカラミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

ピンクパンサー

すばらしい発色の予感のアンカラミーです↓


通称「ピンクパンサー」。
カラー+パンサーの愛称で呼ばれるパンサーカメレオンは
このアンカラミーだけです。

その昔、
マダガスカルの森林で
このパンサーを初めて発見した人は
きっと迷わず「ピンクパンサー」とネーミングしただろうと想像します。
だって他に名付けようがないですよね^^
posted by そらりく at 01:08| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンカラミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

ブリード魂をくすぐるピンク

1年ぶりにお目に掛かれたアンカラミーです。

ショッキングピンクを想像させる体色に
太くて白いストライプ。
そしてエッジを彩るエメラルドグリーン・・・



IMG_5299.JPG

♀もこのクオリティ!

IMG_5279.JPG

う〜ん、ブリード魂をくすぐるピンクパンサー!


繁殖にチャレンジしたい方、
カメレオン・ハートへ実物を見にお越しください^^


posted by そらりく at 08:12| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンカラミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

ゆっくり成長

ローカリティの中で特に成長がゆっくりしているように感じられるアンカラミー。
それでも少しづつ大きくなっています。

005.JPG


体の中央を走るラインは既にアンカラミーの特徴を表現しています。

009.JPG

徐々に発色を始めるこの頃からが
最も楽しみなパンサーの成長の段階に入っていきます。
どんなタイプのアンカラミーに成長してくれるかなあ?^^



2012年09月08日

初遭遇

 
 
 
イメージ 1
 
 
 
初めて見るコオロギに
ビビる生まれたてベビー
 
 

2012年08月25日

1ヶ月早いハッチ

1週間ほど前からアンカラミーのハッチが始まっています。
 
なぜか予定より約1ヶ月も早く卵から出てきてしまったベビーたち。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
ハッチの早い遅いはあまり関係ないのですが、
 
それでもこの中で大きく育ってくれるベビーが果たしているんだろうか・・・?
 
と、とても心配になるほど、頼りなげなベビーたちです。
 
 
 

2012年04月18日

気合!

 
 
 
イメージ 1
 
 
 
めちゃくちゃ気合が入りました。
 
いや、僕が気合を入れても仕方ないんですが、アンカラミーのペアリングのこと。
 
 
なんとか残したい血統なので、1頭しかいない♀さんには期待が重くのしかかります。
 
タイミングを逃すとカメレオンの女神は永遠に微笑んでくれなくなることもしばしばあるので、まさに祈るような
 
気持ち・・・
 
 
ペアリングがうまく行ったからといって、必ずしも血統を残せるわけではありませんが、まずは第1ステージは
 
クリア。
 
ここからまた階段を一歩づつ上っていかなければなりません。
 
まあ、それ自体が楽しい時間と作業でもあるわけですが・・・
 

2012年04月14日

春色

桜もあっという間に散ってしまいましたね。
 
桜のあとのさみしさを埋めてくれるのがアンカラミー。
 
いよいよ本領発揮という感じです^^
 
 
 
イメージ 1
 
 
太い純白のライン。
 
頭と背中のクレストのエメラルドグリーン。
 
ピンクパンサーのバリエーションのど真ん中を行く血統です。
 
 
綱渡りですが、なんとかブリードがんばりたいと思います。
 
 

2012年03月16日

産後の♀

先日ちょっと少なめの卵を産み落としたアンカラミーですが、その後調子はまずまずよさそうです。
 
まだお腹に卵が残っている疑惑は晴れてはいないけど・・・
 
 
 
最近アンカラミーのペアリングに成功されたkajikajiさんから、「♀の体重は?」とのコメントをいただきましたので
 
早速測ってみることにしました。
 
 
 
体重測定の結果の前に・・・・・
 
何を隠そう、私そらりくはカメレオンの体重を当てるのが結構得意なのであります^^(他に特技なし)
 
ということで、まず♀を体重計に乗せる前に、手に乗せて体重を予想してみました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
う〜ん、これは64gですな!
 
っと予想してみましたが、果たして結果は・・・・・・・・・?↓
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
誤差2gなら、まあまあいい線でしょ^^

2012年03月14日

産んだけど・・・

なかなか産卵せずにヤキモキさせていたアンカラミーが、今日ようやく卵を産みました。
 
交尾からちょうど30日目のこと。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
ところが、ほっとしたのもつかの間、掘り出してみると・・・・・
 
ん?14個???
 
産後の♀親と他の卵の状態ともに悪くはなさそうなので、それにしてはやはり数が少な過ぎます。
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
ということは、まだお腹に残っているのか???
 
う〜ん、困った。
 
まだお腹がふっくらしているようにも見えるし、どうも挙動不審なところも見られるので、その可能性はあるように
 
思います。
 
また、心配の種が増えました。
 
明日再チャレンジしてもらうしかありませんね。
 
 
 
イメージ 3