2011年09月08日

目から鱗の文明論

パーソンカメレオンは体が大きいので、めっちゃ食べるイメージがありますが、実はパンサーに毛が生えた程度しか食べません。
 
よくよく考えてみると、カメレオンのみならず爬虫類全般、ワンちゃんやネコちゃんなどの哺乳類に比べればはるかに少食であることに気付きます。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
新刊「生物学的文明論」(本川達雄著 新潮新書)によると、変温動物は恒温動物の15分の1しかエネルギー消費(1日平均)をしないそうです。
食べる量も同様だそうで、同じサイズの動物を比べると、変温動物は恒温動物の15分の1しか食べない。
同じ体重の動物であって、一方は15倍も多く食べるというのは驚くべき数字ですね。
 
 
仮に体重600gのパーソンカメレオンが1年間に食べるコオロギの量を、1日平均5匹とすると(夏場バク食したり、冬場ほとんどたべなかったりも勘案して)、5匹×365日=1825匹
もし、この説をそのまま当てはめれば、仮に体重600gのムササビがいたとして、その食べる量は
15倍の1日平均75匹×365日=27375匹
年間にするとものすごい差になるということになります。
 
 
本川氏はその理由を「変温動物はエンジンが温まるまで走れない自動車と同じで、外気温が低い時には体を温めてからしか活動ができないが、恒温動物はエンジンをかけっぱなしにして、いつでも発車できるように準備している自動車同様、休んでいる時にもエネルギーを使って体を温めているから。そのために恒温動物はそれだけたくさんの虫を捕まえられる体になった・・・」と説きます。
なるほど納得^^
 

この本でもう1つ目から鱗だったのは、動物を単純に肉の生産装置としてみるならば、恒温動物よりも変温動物を食べる方が効率がよいという指摘。 
 確かにもし万一、地球規模の食糧危機が起きるとすれば、対策としては恒温動物より変温動物を育てて食す方が人間は生き残りやすいということになります。
 
 
それは全くその通りですが、もし食糧危機がやってきたとしても、爬虫類や両生類からお肉をいただくのはちょっとねえ・・・
もちろんカメレオン様からなどもってのほか。
やっぱり変温動物のうちでもお魚をいっぱい増やして食べるのがよいと個人的には思います。ハイ^^
 
 
posted by そらりく at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

最後の楽園

録画しておいたのですがなかなか時間がなくて、ようやく今日見ることができたNHK特集「hot spots最後の楽
 
園」(第1回マダガスカル)。
 
 
見られた方も多いと思いますが、キツネザルの進化を中心に番組が構成されていたので、カメレオンの出番が
 
少なかったのは少し残念でしたよね。
 
でもなかなか面白かった^^
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
嵐の日にアフリカ大陸から流木に乗ってマダガスカル島へ流れ着いた、たった1種類のキツネザルの祖先が
 
その後80種類近くにまで多様化した・・・
 
 
番組で描かれたこの進化のストーリーは、まさに私そらりくが日頃から常々夢想(妄想)しているカメレオンの
 
起源と進化のストーリーと全く同じで、なんだかうれしかったです^^
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
焼畑農業によって既に原生林の9割が失われ、国立公園内でかろうじて生態系が維持されているのが現状の
 
マダガスカル。
 
そういう意味でも未来人のためにぜひ残しておきたい貴重な映像の数々です。
 
 
 
旅人は福山雅治。
 
福山ファンも必見ですね^^
 
 
posted by そらりく at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

いつもの場所

カメレオンたちの夜寝る場所は、いつもだいたい同じところ。
 
なじみの店のなじみの席って感じですか。
 
やっぱり居心地のよい場所ってあるみたいですね。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
かと思うと、ある日いつの間にか違う場所にねぐらを移し、またしばらくの間、毎日その場所で眠る・・・
 
何がそうさせるのかはわかりませんが、まあ彼らの自由ですから・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by そらりく at 01:13| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

寝相シリーズ

寝相シリーズ第2弾・・・(そんなシリーズあったっけ?)
 
 
                   夜11時↓ おやすみ〜眠い
 
イメージ 1
 
 
                 
                   翌朝6:00↓ おはよう太陽
 
 
イメージ 2
 
 
                   
posted by そらりく at 19:56| Comment(10) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

ため息

カメレオンは声を持ちませんが、
 
時々「クワッ」とか、「ゲッ」とか、「ニュア〜」とか、妙な音を発する時があります。
 
これはもちろん鳴き声ではなく、空気を大きく吸い込んだり、吐いたりするときに何かの拍子に自然に出てしま
 
う音ですね。
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
そうとはわかっていながら、こんな表情の時に、「は〜〜〜っ」みたいな音を出されると、
 
どうしても「ため息」に聞こえてしまうんですよね。
 
ため息をつかずにはいられないような、あんなことやこんなこと・・・
 
カメレオンはカメレオンなりにいろんなことがあるんでしょう、きっと・・・
 
 
 
 
posted by そらりく at 14:27| Comment(16) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

夜のベビー

 
                      しっかりと抱き合って眠るノシベ・ベビー。
 
                      日が昇るまで、きっとこのまま・・・zzz                                           
 
 
イメージ 1
posted by そらりく at 22:03| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

共生

カメレオンとコノハズクは共同生活できるか?

・・・・我が家ではなんのトラブルもなく共生してます^^



特にカメレオンの方は、コノハズクを全く怖がらず、というより眼中にないようです。(初めてコノハズ

クを見るカメレオンは最初は怖がりますが、でもすぐ慣れます。)



アフリカオオコノハズクのキイは、ある一定の距離を超えてカメレオンが近付いたりすると威嚇すること

もありますが、もちろん攻撃したりはしません。次は逃げるのみ。




イメージ 1





コノハズクがカメレオン・ベビーをどう見ているか?

・・・というのがすごく気になっていたんですが、どうやら全くエサの対象とは思っていないようで、

ちょっかいを出すことはありません。(ただし、飢えさせるとさすがにわかりませんけど)




イメージ 2





お互い諦めているのか、それが日常だからなのか?

普通に共生しているカメレオンとコノハズクです^^
posted by そらりく at 19:21| Comment(12) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

逆上がり

    
                             クルンと〜



イメージ 1


 
                             ・・・は、いかないか^^
posted by そらりく at 22:16| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

あくび

猫はよくあくびをしますね〜

よーあんだけ寝といて、まだ眠いんかい!

とツッコミを入れたくなりますが、カメレオンも実はよくあくびをします^^



イメージ 1




おーきなあくびでしょ。

これを見ると必ずうつります^^;



上の写真を撮った時は全然眠そうではなかったので、たぶん退屈だったんでしょう。

ふわぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜

なんかおもろいことないかいな・・・
posted by そらりく at 01:34| Comment(6) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ポトリ

         他人の頭に

         ウ○チ落としちゃダメだよ。



イメージ 1

posted by そらりく at 17:04| Comment(8) | TrackBack(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする