2013年02月20日

パーソンのお住まい

オレンジアイの現在のお住まいはこんな感じ↓

CIMG3717.JPG

以前、卵詰まりで亡くしてしまった相方のケージの仕切りを取り払い、
自由に行き来ができるようにしてあります。
横幅は180cm。
元々アダルトのパーソンなら、これくらいは欲しいところでした。

でも夏場であれば、このケージの端から端を1日に2〜3往復くらいは徘徊しますが
冬モードの現在は、歩いても片側半分を1往復くらい。
そして寝る場所は決まっていつも右上の端っこ。
じゃあ左側は要らないじゃん。
冬場はもったいないと言えばもったいない広さの贅沢なケージです。


posted by カメレオン・ハート at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

3週間ぶりの・・・

冬モードのパーソンが3週間ぶりに捕食しました。



やはり舌のスピードも心なしか遅いような気がしますね。
春が待ち遠しいオレンジアイのボウです。



posted by カメレオン・ハート at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

パーソン冬モード2012

 
今年も師走の声を聴く前に
 
どうやらオレンジアイの休眠の季節がやってきたようです。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
運動量が減ってエネルギーの消費量が少なくなるとともに
 
食欲も極端に落ちてきます。
 
 
 
飼育部屋の微妙な気温の変化のせいか
 
それとも頭頂にある第3の目が捉えた光の総量の減少が原因か・・・?
 
 
 
パーソン特有の
 
静かなるOFFの季節の始まりです。
 
 
 
posted by カメレオン・ハート at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

秋の日に

イエロージャイアントが逝ってしまいました。
 
この子は指先にちょこんと乗るくらいの頃から、くる病の兆候を既に発症していました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
両手、両足の力が弱く、よくだら〜んと手足を垂らして枝に体を乗せている姿がみられました。
 
それでもがんばって脱皮するごとにスクスクと成長してくれていたのですが・・・
 
画像は今年1月のもの。
 
 
 
全く怒ることを知らない、おっとり、ボンヤリした性格でした。
 
いつも上目使いにこちらを見るあの顔を忘れることはないでしょう。
 
 
 
posted by カメレオン・ハート at 21:15 | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

梅雨のパーソン

いよいよ梅雨も本番という感じで、晴れ間の蒸し暑さといったら不快指数MAXですね。
 
それでも昼間の室温はエアコンなしでも30℃を超えるわけでなく、しかも朝晩は20℃くらいにまで下がってひ
 
んやりとしてくれるので、パーソンにとっては今の時期が温度・湿度のベストシーズンかもしれません。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
画像はイエロージャイアント。
 
我が家にベビーでやってきて、3回目の梅雨を迎えます。
 
まだヤングサイズですが、だいぶイエロージャイアントらしくなってきました。
 
 
今年の夏も無事乗り切ってくれるかどうか・・・
 
電力の安定供給を祈るばかりです。
 
 
posted by カメレオン・ハート at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

最高のお天気

今年のGWの中盤はお天気があまりよくないですね。
 
でも、強い日差しが苦手なパーソンにとっては、曇りくもりの日は「最高のお天気」。
 
こんな日は1日中でも外に出してあげたいですね^^
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
直射日光下では、300uW/cuに近い数値を示すUVBチェッカーも、今日は10分の1くらい。
 
 
イメージ 2
 
 
そのうえパーソンは雨も大好き。
 
簡易の屋外ネットケージにジャバジャバとホースで雨を降らしてあげると、まるで降る雨を全部飲み干してやろ
 
うとうでもいうかのように、長い時間ゴクゴクとやっていたりします。
 
 
 
GWも終わりに近付くとお天気は晴れて暑くなる予想。
 
今のうちに「最高のお天気」をパーソンたちに味わってもらおうと思います。
 
 
 
 
 
posted by カメレオン・ハート at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

マスク

花粉症の季節。
 
幸いわたくしは今のところ大丈夫なのですが、電車の中はマスクをした浮かぬ顔の気の毒な人々でいっぱいで
 
すね。
 
 
 
下の画像は我が家で唯一マスクをしているクリストファー。
 
 
イメージ 1
 
 
 
くしゃみはしないので、花粉症じゃないと思うけど・・・^^
 
 
posted by カメレオン・ハート at 08:28| Comment(4) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

消灯

昨日、パーソンカメレオンのプウが亡くなりました。
 
病院に通い始めて約1ヶ月。
 
一時は産卵行動を始めたものの、その後なぜかピタッと穴掘りを止めてしまい、なんとか体調だけは良い状態を
 
維持していたプウでしたが、2〜3日前から目をつむる時間が長くなり、また目が落ち込み始め、体力的にももう
 
限界であろうという判断で、昨日帝王切開に踏み切ったのですが・・・・
 
残念ながら母体は助かりませんでした。
 
そして、取り出された卵もやはり無精卵でした。
 
 
イメージ 1
 
 
毎日のカルシウム剤投与と2日に1回の皮下注射。
 
そして状態を見ながらの強制給餌。
 
できることは全てやりましたが、産卵のスイッチは入らないまま・・・・
 
 
 
実は昨年の8月11日に、たまたま交尾シーンに出くわしましたので、その時急ぎ撮影した動画です↓
 
 
 
 
 
この時はほんの5分ほどで体を離してしまいましたので、交尾は不成功に終わりました。
 
でもこのシーンがあったために、ほんの数%でも有精卵の可能性を信じることができたのですが。
 
 
 
 
イメージ 2
                                              向って右が♀のプウ
 
 
 
今朝、誰もいない産卵ケージにはいつものようにタイマー管理のライトが点灯しました。
 
しばらくそのままにしていましたが、意を決して消灯することにしました。
 
 
 
 
イメージ 3
 
posted by カメレオン・ハート at 08:42 | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

動物病院にて

最近、この子の通院のために動物病院にお世話になることが多いのですが、土日はとっても混んでいますね。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
いつも最低40分くらいは待たなければならないので、待合い室では患者さん(もちろん動物たち)を観察して
 
暇をつぶすことにしています。
 
 
犬猫が圧倒的に多いのですが、たまに陸ガメの入ったケースを膝の上に乗っけた子供やフクロモモンガを
 
大事そうに抱えた若夫婦なども見かけます。
 
大なり小なり病気を患うペットたちと飼い主さんとの間の絆を感じることができて、どれもなかなか微笑ましいも
 
のです。
 
 
 
そうこうしているうちに、ようやく自分の番が回ってきます。
 
この時、名前を呼ばれるわけですが、動物病院ってだいたい『苗字+ペットの名』で呼ぶんですよね。
 
たぶん「モモ」とか「ソラ」とか同じような名前が多いので、間違い防止のためにわざわざ苗字を付けて呼ぶんだ
 
と思いますが、僕にとってはこの瞬間がちょっとしたストレス。
 
なぜならうちの患者の名前が『プウ』だから。
 
 
受付のお姉さんに 『○△プーさ〜ん! ○△プーさ〜〜ん!!」
 
と呼ばれて、ええ年こいたおっさんが、『ハイッ!』とご返事し、カメレオンの入った怪しげな鞄を下げてそそくさと
 
診察室へ入っていく姿というのは、待合室のみなさんの目に一体どんなふうに写っているんでしょうか?
 
苗字が『熊野』でなくて、ああよかった^^;
 
 
posted by カメレオン・ハート at 15:42| Comment(8) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

日課

10日ほど前には穴掘り行動が見られたパーソンですが、以降なぜかピタッと穴掘りを止めてしまいました。
 
その後は産卵する気配すら感じられません。
 
 
 
イメージ 1
 
 
早朝。
 
ライトが点灯すると、いつものようにのそのそと光源の真下へと移動し、お腹の辺りを暖め始めます。
 
十分な時間を掛け左半身のお腹が温まると、くるりと体を反転させ、今度は右側のお腹の辺りを暖めます。
 
バスキングしている間はほとんど目をつむり、うつらうつらと夢見心地の表情。
 
これが彼女の毎日の日課。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
もしかして、このまま永遠にお腹に卵を抱え込むつもりでは?
 
と疑いを抱かせるほど、妙に静寂で安定的で、ある意味不気味な日々が続いています。
 
 
何か手がかりとなるサインはないものか?
 
彼女の行動の1つ1つに目を凝らしますが、今のところ何の「サイン」も見当たりません。
posted by カメレオン・ハート at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする