2010年04月17日

4月の晴れた朝に

ピカソのパンをハナミズキの木の下に埋めてあげたのは、早朝のこと。

彼は5歳の生涯でした。



画像はつい最近のもの。



イメージ 1






そして、下の画像は我が家にやってきた頃のもの。




イメージ 2

来年にはハナミズキの花となって、また楽しませてくれると思います。
posted by カメレオン・ハート at 12:07 | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

年食ったなあ・・・

我が家のパンサーでは最長老のピカソのパン。

往年の気性の荒さはすっかり影をひそめ、動きはよりゆっくりと、御隠居生活といった風情。

パンとはアイ・コンタクトでわかり合えます。(と思ってるんだけど^^)



イメージ 1





下の画像は、若かりし頃のパン↓


イメージ 2





自慢の原色の赤はバラバラに散らばり、蛍光色だった体色は全体がより渋くなった印象。

ベビーからヤング、そして壮年から初老へ・・・

さまざまなカラーの変化を経て、いよいよ最終段階へ・・・。




イメージ 3




一抹の寂しさを感じつつ、パンのこれからを見つめていきたいと思います。
posted by カメレオン・ハート at 17:45| Comment(11) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

誕生

ついさっき卵からちょこんと顔を出したピカソ・ベビー。

まだ目は開いていません。




イメージ 1





あと数時間もすると、モゾモゾと殻から這い出し、ヨチヨチとおぼつかない足取りで歩き出します^^

ぬくぬくと調和した卵の中の世界から、いよいよカオス(混沌)の世界へ・・・

これから、その目でどんな世界を見ることになるんでしょうね〜?
posted by カメレオン・ハート at 20:02| Comment(8) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

大晦日産卵

ピカソがこの慌ただしい大晦日に産卵しました^^

亡くなったキョロ(♀)のベビーが産んだ卵です。

こうしてDNAは後世へ受け継がれていきます。




イメージ 1





産んだのは全部で除夜の鐘と同じ108個。ウソウソ^^;

丁度産卵ケージの端っこで産んだため、産卵の様子をつぶさに観察することができました。

やはり感動ものですね^^






イメージ 2





2010年。

この卵たちから新しい命が生まれ、そしてまた新しい出会いがあると思うとワクワクします^^

生まれ来るベビーたちのためにも、来年が穏やかなよい年でありますように♪
posted by カメレオン・ハート at 14:48| Comment(8) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

♀だって・・・

パンサーの♀は、♂に比べて「地味」であることは間違いないわけですが、中にはこんな発色と模様を楽

しめる個体もいます。




イメージ 1






♂とは一味違う、オレンジ単色の美しさ。

たまにはじっくりと眺めるのもなかなかいいものですね^^




イメージ 2

posted by カメレオン・ハート at 21:11| Comment(14) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

アカハライモリとダーウィンとピカソ

暖かくなってきたせいか、我が家のアカハライモリたちもだいぶ活動的になってきました。

水面にぽっかりと浮かぶ島に時々這い上がって来ては、あたりを興味深げに見回して、しばらく堪能する

とまた水の中へ戻って行きます。




イメージ 4






アカハライモリはテトロドトキシンというフグと同じ毒を持っていると言われ、親切にも(?)「食べた

ら死ぬで」ということを知らせるために、その名の通りお腹には赤と黒の毒々しい模様があります。

僕にはとてもキレイなデザインに見えるんですけどね^^





イメージ 1






「毒々しい体色をしていると気味悪がって食べられない」という知恵を知っていて、そういう体色に進化

したと考えれば、まさにダーウィンの「適者生存」の進化論のモデルみたいな存在ですよね。




でも・・・とつい考えてしまうのですが、カメレオンのピカソは果たして「食べられないために」こんな

カラーになったのか・・・???





イメージ 2






パンサーカメレオンの赤・青・黄・白などさまざまなカラーバリエーションを見れば、決してそうで

はないことは明らか。





イメージ 3






「食べられないために」ではなく、それはただ単にピカソ自らが「こんなカラーになりたかったから」

あるいは、生物創造の神様が「ちょっと遊んでデザインしてみた」のどちらかだと思うんですが、どうで

しょうか?


・・・全然納得いきませんかぁ? プッ^^
posted by カメレオン・ハート at 11:18| Comment(10) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

自由♪

                                                   
                                                                                                  

イメージ 1






         「そのしがみついている手を離せばいいんだよ、そうするとみんなも自由になれる・・・」

                                   (リチャード・バック 「イリュージョン」より)




自由を手に入れたピカソ・ベビー・・・

やる〜っ!^^
posted by カメレオン・ハート at 21:11| Comment(14) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

円熟

我が家のパンサー軍団の中ではリーダー格のピカソのパン。




イメージ 1






元々とても繊細で敏感な神経の持ち主。

以前は触ろうとして手を出そうものなら、すばやい身のこなしで威嚇したり、時には噛みついたりするこ

ともしばしばありましたが、この頃は動きもゆったりとして、穏やかな風格すら感じさせてくれるように

なりました^^





イメージ 2






カラーもヤングの頃の鋭く荒々しい原色から、独特の質感を伴ったカラーに。




イメージ 3





円熟の域に近付いてきたパンであります♪
posted by カメレオン・ハート at 17:18| Comment(12) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

スイッチON

今日、ほぼ正確に産卵後6か月目のスイッチON!

ピカソの卵のハッチ開始です♪

ついにサンバーバの卵(7か月目を過ぎた)を追い越してしまった。





イメージ 1






この差はパンサーの種類による違いなのか、個体差なのか・・・?

よくわかりませんが、何はともあれ、ベビーが無事卵から出てくるとほっとしますね^^





イメージ 2






やっぱり生まれたてのベビーのお目目は大きいなあ^^
posted by カメレオン・ハート at 20:16| Comment(12) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

テリトリー

今年最後の記事はピカソ・ベビーたちの近況です^^




下はちょうど1か月目を迎えたピカソ・ベビーたち。

スポットの太陽の下で、気持ち良さそうに体を暖めています。


イメージ 1







次は2か月半のベビーたち。

まだ生まれた当時のままの水槽のケージで暮らしています。



イメージ 2







シッポなんか巻き付けて、仲のよろしいことで・・・^^


イメージ 3







先日、カケルっちさんのブログの記事で、「ベビーたちを広いケージに移したとたん、ケンカをし始め

た・・・」っていうのがありましたが、ほんとテリトリーって微妙なんですよね〜。

面白いもので、「ケージは広いのがいいとは限らない」んですよね、これが・・・。

肩寄せ合うような狭い場所では、どうも逆に皆「諦めがつく」みたいです。(我が家と同じで^^;)

上の画像のように結構お行儀よくしてくれてます。





それともう1つは、「高さ」。

「高さ」は序列を作りますね。

大きくて強い子が、上のいい場所を占めてしまい、小さい子はイジケてしまうことも・・・。





飼育者によっていろいろでしょうけど、我が家ではもう限界という時期まで、「狭く」・「フラット」な

ケージで暮らしてもらい、そしてある時期から「広く」・「高く」・「6面全面を歩ける」下のような

メッシュケージに引っ越ししてもらうことが多いです。



イメージ 4





で、その時期も悩ましいですね。

「思春期を迎えるちょっと前の頃」?って感じですが、ほんとはもうその頃は1頭ずつ個別ケージにすべ

きなんでしょうけど・・・

そこが最大の悩みの種ですね〜^^:




今年も拙いブログにお越しいただき、ありがとうございました〜♪


皆様良いお年をお迎えください・・・
posted by カメレオン・ハート at 12:32| Comment(6) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする