2019年06月04日

オカヤドカリと有血動物・無血動物

当店のお取り扱い生体は
脊椎動物がメインですが、
無脊椎動物も一部扱っています。

今回の入荷は
お子様に人気のオカヤドカリ

IMG_4762.jpg

貝殻の中にごく少量の水を蓄えるので
陸上での生活が可能です。

IMG_4765.jpg

脱皮しやすいように
少し厚めに砂を敷いて飼育します。

画像のオカヤドカリさんは
もうそろそろ少し大きめのおうちを
用意してあげる必要がありますね^^;


さて、表題にある「有血動物と無血動物」について。。。

この言葉は
既に死語になっていると思いますが、
結局、
有血動物(赤い血液を持つ動物)=脊椎動物
無血動物(赤い血液を持たない動物)=無脊椎動物
とほぼ同意語と考えてよさそうです。

地球上の動物を
大きくこの2つのグループに分けたのは
紀元前4世紀の哲学者アリストテレス

アリストテレスはその著書「動物誌」の中で
「有血動物」と「無血動物」を
さらに次のように分類した・・・

【有血動物】
1)人類
2)胎生四足類(哺乳類)
3)卵生四足類(爬虫類・両生類)
4)鳥類
5)魚類

【無血動物】
1)軟体類
2)甲殻類
3)有節類(昆虫類・多足類など)
4)貝類
5)最下等の植物に近い生き物(ヒトデ、ナマコ、クラゲなど)


いかがでしょう?
今からおよそ2400年も前の学者が
今でも全く違和感のない動物の分類法を確立し、
本に残したことに本当に驚かされますね。

私たち日本人の祖先が
まだ文字を持たず、
縄文式土器の制作に没頭していた時代に・・・

結局、動物の分類は
紀元前からほとんど変わっていないということです。


ちなみに「ヤドカリ」については
アリストテレスはどんな記述を残したか・・・?

「ヤドカリと称するものはある意味で軟殻類と殻皮類の両方に共通なものである。
なぜならこれは大エビの類と似た性質のものであり、
それ自身だけで(貝殻なしに)生まれてくるが
貝殻の中に入り込んで暮らすという点では殻皮類に似ているので、
したがってどっちつかずのように見えるからである。
形はだいたいクモに似ているが、
ただ頭と胴の下部がクモより大きい。
細い赤い小角が2本あり、その下には長い目が2つあるが、
中へ引っ込んだり、カニの目のように脇へ向いたりせず
まっすぐ出ているだけであって、
目の下には口があり、口のまわりにはちょうど毛髪のようなものがたくさんついていて、
その次に先の二股になった食物を口へ持っていく足が2本あり、
また別の足が各側に2本あるが3番目のは小さい。
胴の下部は全体が軟らかで、
切開してみると、内部は黄色っぽい。
口から管が1本出て胃に達しているが、排出管はよくわからない。
足と胴は硬いけれども、カニほどではない。
ムラサキガイやホラガイと同じように体が貝殻にくっついていないのですぐ離れる。」

とても紀元前の記述とは思えない観察眼

ヤドカリは既に紀元前の人類に
地球上の生物の中での正確な位置付けをされたうえ、
その秘密の多くを明かされていました。

脱帽です。


posted by カメレオン・ハート at 23:55| 和歌山 ☁| Comment(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

ゆく時代くる時代と爬虫類飼育文化

いよいよあと数時間後には
新元号の発表ですね。
どんな元号になるのかワクワクします。

「平成とはどういう時代だったか?」
を振り返るTV番組を最近よく目にしますが
それに倣って
「爬虫類界にとって平成はどんな時代だったか?」
をざっくりと俯瞰的に見てみます

飼育者数.jpg

このグラフは内閣府が実施した
「動物愛護に関する世論調査」
のデータから引用して作成したグラフです。

折れ線の数字は
「ペットを飼育していると回答した者のうち
爬虫類飼育者の割合(%)」です。

平成元年(1989年)は
ペットを飼育している人の中で
爬虫類飼育者は約1%だったものが
2000年にはほぼ倍の1.9%にまで増えています。
直線的に右肩上がりですね^^

2010年以降の調査はまだ行われていないようなので不明ですが、
おそらく今年2019年は
オレンジの点線くらいになっているのでは?
と推測します。

つまり
平成とは
爬虫類の飼育者が3倍ほどに増加した時代。
爬虫類飼育文化がようやく芽吹いた時代。
と言えるのかもしれません。
(ただし絶対数でそれほど増えたかはわかりませんが)


そして今日発表される
新しい元号の時代・・・

折れ線は果たしてどうなり
どんな時代になるでしょうか???

輸出入規制の強化、新しい法整備など
いろいろ不確定要素はありますが・・・

それでも
芽吹いた爬虫類飼育文化が開花する時代
となることを
大いに期待したいと思います。

posted by カメレオン・ハート at 04:40| 和歌山 ☀| Comment(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

おもしろ雑学♂と♀

私たち、生き物の飼育者が
日常使っている
性別を表す記号
♂♀

この♂♀の記号が
実は惑星記号だってこと
ご存知でした?
(惑星に記号があること自体、あまり知られていませんよね)

♂=火星
♀=金星
です。
illustrain09-utyuu2.png
これを発案したのは
分類学の父と言われるリンネ


我々なんとなく字面から
オス=♂
メス=♀
と決められたと思いがちですが
これは間違い。

おそらくリンネは
神話から来る火星と金星のイメージから
雌雄の記号に採用したんでしょう。

でも、とてもぴったりなのは
さすがリンネのセンスということでしょうか。

posted by カメレオン・ハート at 02:47| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

爬虫類飼育完全マニュアル

爬虫類飼育完全マニュアルのVol.2が
発売になりました。


飼育完全マニュアルIMG_2520[1].jpg

Vo.2もオールカラーで
とても見やすく編集されていますね。


IMG_2521[1].jpg

眺めているだけでも楽しいし、
なにより爬虫類の品種もますます増え、
飼育技術も年々進化していますから
最新の飼育本を手元に置いておくと重宝しますね。

Vo.1、Vo.2とも
店頭にて販売しております。

posted by カメレオン・ハート at 09:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

透明標本

かなり衝撃的な下の画像は
知人が趣味で作製している
透明標本です。

標本になっているのは
パンサーカメレオン。

彼は自らの抜け殻を可視化させることで
死後も半永久的にこの世で大切にされ、生き続けます。


IMG_6250.JPG

透明標本は
骨格標本と違って肉も形が残るため、
肉体と骨格の構造を全体的に把握することができます。
医学的にも有用な技術ではないかと思います。

また骨がブルーやレッドに染まるため
芸術性も十分ですね。

標本作製代行可能です。
興味のある方はお問い合わせください。

posted by カメレオン・ハート at 21:26| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

2枚の写真

クイズ:下の2枚の写真から連想するものは・・・?
ヒント:最近世界中を驚かせたニュース

マウス2.jpg



すぐにピン!と来た方はさすがですね。

そう、
新しい万能細胞「STAP細胞」のこと。

STAP細胞は生後1週目のマウスのリンパ球を
30分ほど弱酸性の溶液に浸し培養するだけで
簡単に作ることができるのだそうです。

ニュースを見ていて
この画期的な大発見と
理化学研究所の小保方晴子さんのかっぽうぎ姿の対比が
なんともほのぼのしていてよかったですね^^

右側の写真はアカハライモリです。
イモリは再生能力が高いことで知られています。
たとえばしっぽを切ったとしても完全に骨まで再生します。
(トカゲの再成尾の場合、骨までは再生しません)
また四肢を肩の関節より先で切断しても指先まで完全に再生するそうです。

STAP細胞のすごさはイモリの再生能力という単純なお話ではないとは思いますが、
再生医療や治療薬の開発に大きく貢献することは
間違いないですね。

我々人間もいつの日かイモリのように
体のパーツを自ら再生させる能力を持つ日が来るかもしれません。

posted by カメレオン・ハート at 02:11| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

三毛猫の話

我が家から車で30分ほどの距離のところに
「たま駅長」は勤務しています。

そう、「たま駅長」とは全国的に有名になった
貴志駅の駅長さんのこと。

CIMG2601.JPG


たま駅長に会うには
一旦、伊太祈曽駅近くの駐車場に車を停め、
和歌山電鉄 貴志川線に乗る必要があります。
貴志駅には駐車場がないので。

客車はお伽の国の電車のよう↓

CIMG2530.JPG

コトコト5駅ほど電車に揺られて
貴志駅に到着しました。
CIMG2602.JPG


駅舎も猫のデザインのようですね↓
CIMG2576.JPG


さあ、たま駅長はちゃんと仕事をしてるかな・・・?

CIMG2546.JPG

ガラスケージのなかでスヤスヤ睡眠中^^;
お〜い!えきちょうさ〜ん!!

仕方ないので
替わりに額縁の写真を撮影↓
CIMG2577.JPG


う〜ん、猫好きには堪らないかわいらしさ^^
次はぜひ勤務中のたま駅長にお目に掛かりたいものです。


ついでですが、下の画像は我が家の駅長まいちゃん^^
もう19歳になります。
156.JPG

来年は成人式です^^





posted by カメレオン・ハート at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

BUMP

行ってきました!大阪城ホール。
 
BUMP OF CHICKENの4年ぶりのコンサート。
             
イメージ 1
 
 
 
体中の細胞が沸き立つようなオルタナティヴ・ロック。
 
1万数千人が1つになって・・・・・ほんとヤバかったです^^
 
 
帰ってからはBreed Roomにていつものようにカメレオンのお世話。
 
魂を揺さぶられる音楽の世界から一転、今度は静寂の場所へ。
 
交感神経から副交感神経へとモードチェンジを促してくれたカメレオンたちでありました^^
 
 
 
 
 
 
 
posted by カメレオン・ハート at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

巣が・・・

今日、戸外へ出て驚いたのですが、玄関横のキンモクセイの木の上に珍客鳥が巣を作っていました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
どうやら山鳩のようです。
 
玄関の前なので、バタバタと人が出入りするにも関わらず、悠然と卵を抱いています。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
山鳩の鳥って、どんなんだろう???
 
今から楽しみです♪
posted by カメレオン・ハート at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

パソコン壊れる

2台あるパソコンのうち1台が壊れました。
 
初期化する際に、バックデータを取り忘れた分があり、大切なデータまで誤って消失してしまっています。
 
ご連絡すべき方へのメールアドレスも失ってしまい、今こちらからメールできない状態です。
 
 
申し訳ありませんが、もし何か御用や連絡ごとやデートのお誘いなどありましたら、当ブログのゲストブックへコメン
 
ト入れてくださるか、または直接メールあるいはお電話いただければ幸いです。
 
よろしくお願いいたします。
posted by カメレオン・ハート at 08:42| Comment(4) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする