2020年12月20日

ハルマヘラホカケトカゲ、もう1つの特徴

久々に
ハルマヘラホカケトカゲのベビーが
入荷しています。

アダルトになると
尻尾の上部に
帆掛け船のような立派な「ホカケ」が立ち上がり、
そのド派手な容姿が人気のトカゲです。

IMG_2109.JPG
IMG_2108.JPG

「ホカケ」の部分だけが
クローズアップされがちなホカケトカゲですが、
今回はちょっと目線を変えて
その「後ろ脚」にも注目していただきたいと思います。

上の画像、なんだかアンバランスな感じがしませんか?

前脚と比べて異常に不釣り合いな後ろ脚。
グローブのようですね。

この大きな平べったい後ろ脚は
水掻きの役割を果たし
水を泳ぐことが上手なことを物語っています。
(属名のHydrosaurusは「水のトカゲ」の意味)

また自然下では
驚くと水中に飛び込んで逃げるようで、
時にこの後肢だけで立ちあがって走り、
短距離であれば水上を走り抜けることができるそうです。

帆船から突如ホバークラフトに変身!

飼育下では
そんな場面にはなかなかお目に掛かることはないと思いますが
普段おっとりした性格のこのトカゲが
この後ろ脚を使って
すばやく水上を立って走る姿を想像するだけでも
楽しいものです



posted by カメレオン・ハート at 05:46| 和歌山 ☔| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: