2020年08月20日

ナタリア

ナタリアクシトカゲ
入荷しています。
今回はペアです。

まずは♂

IMG_0175.JPG

次は♀

IMG_0169.JPG

「ナタリア」
南欧から東欧にかけて
広く見られる女性の名前。

おそらくその命名については
女性の研究者?が関わっていると思われます。

「ナタリア」は
英語圏・フランス語圏・ドイツ語圏では
「ナタリー」と呼ばれます。

フリオイグレシアスの
「黒い瞳のナタリー」なんて曲がありましたね。(古っ!)


ナタリアクシトガゲは
かなりおっとりした性格の女性的なトカゲで
あまりバタバタ、ガツガツ餌を追い掛けるという感じではありません。

目の前に餌がやってくると
「仕方ないから食べてあげるわ」
という感じ。

気位か高いというか
上品というか
自ら「ナタリー」という名前の貴婦人のごとく
振る舞っているのでは?と思われるほど。
(もちろんそんなはずはありませんが)

自然下では
時々地面に降りて行って
ミミズをこっそり、おしとやかに?
ムシャムシャ食べる姿が見られるそうです(笑

ベトナムクシトカゲに似ますが、
よりクシ状のトゲが大きく派手な印象。
カラーバリエーションも豊富で
変色能力もかなりのもののようです。

2006年に初めて
現地の図鑑に登場したらしく
比較的最近発見された新種になります。

なかなか魅力的なそそられる
クシトカゲです。

posted by カメレオン・ハート at 09:15| 和歌山 ☀| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: