2020年08月05日

ケヅメが「ケヅメ」なワケ

ケヅメリクガメ
その実物を見たことのないの方にとって
名前からどんなカメなのかをなかなか思い浮かべることができない
カメですね。

なぜなら
「ケヅメ」ってあまり馴染みがないから。

詳しい方ならよくご存じの通り、
「ケヅメ=蹴爪」であって
ニワトリの雄の脚に付いているアレ(突起)のこと。

下の画像は
ケヅメリクガメのベビーでもはっきりわかる
後ろ脚の付け根辺りに付いている
「ケヅメ」です

IMG_0006.jpg

リクガメとニワトリの意外な繋がりですね。


でも、この「ケヅメ」が
名前に冠されるほど
このリクガメの最大の特徴か?と言われれば
う〜ん???という感じ。

他にもケヅメを持つリクガメはいるし、
ガラパゴスゾウガメ、アルダブラゾウガメに次いで
世界で3番目に大きいカメなわけですから
わたしなら
「アフリカダイオウリクガメ」とかなんとか
名付けたいところです。


ではどうして和名が
「ケヅメリクガメ」になったのか?

その理由は
英名の
African spurred tortoise(アフリカの拍車をかけたカメ)
にあるように思います。

spurred(拍車)とは
また馴染みのない単語ですが、
これは乗馬の際に靴のかかとに付け、
馬の腹を刺激して速く走らせるための金属製の馬具のこと。

イギリス人は
このリクガメの名前を付ける際に
後ろ脚の付け根にある突起から
馬具のspurred(拍車)
を連想したわけです。

さすが現代馬術の本場のイギリスらしい
命名の仕方ですね。

今度は
リクガメと馬の意外な繋がり。


そして
ここからはあくまでも勝手な想像ですが、
日本人は和名を付ける際に
当然英名を参考にするわけですが
spurred(拍車)
はどうもしっくり来ない。

ならばそれに代わるものはないかと探したところ
ふと思い付いたのが
身近にいたニワトリのかかとの突起の「蹴爪」だった・・・?

イギリス人が命名の際に着目した「後脚の突起」に縛られた
意外に安易な命名の仕方だった?
と言えば
どこからかお叱りを受けそうですね^^;


最後に宣伝。
ケヅメリクガメの可愛いベビーたちが
入荷しています。

IMG_9943.jpg



posted by カメレオン・ハート at 05:28| 和歌山 🌁| Comment(0) | リクガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: