2020年03月02日

ツノガエルの床材

クラウンウェルツノガエルやベルツノガエルなどの飼育方法は
飼育者の方によっていろいろですね。

ウールマットを敷いたり、
ソイルを床材に使ったり
あるいは水だけで飼育される方もおられます。

どの飼育方法も一長一短あって
どれがよいとは必ずしも言えません。

当店でもいろいろ試していますが、
最近主に使用しているのはコレ

IMG_7990.jpg

ジクラのJOJOサンドの中の
「両生類・クモ・サソリ・ムカデ類用」

これに水を含ませて
カエル君を入れます

IMG_8009.jpg

この床材の良い点は
排泄物を分解してくれること。

いわゆる自家中毒を防ぐ効果があります。

土が乾いてしまう前に水をつぎ足すことと、
汚れたらいずれ総入れ替えする必要はありますが
毎回の水替えの工数はなくなります。

当店のようにたくさんのツノガエルをキープする場合、
メンテの時間が圧倒的に減らせて大変重宝します。

また、元々土に潜る習性のあるツノガエルですから
なんだか落ち着いて気持ちよさそうに見えます。

ただし、あまり厚くサンドを敷くと
完全に潜ってしまい、見えなくなってしまいますが^^;

「国内ブリーダーによる完全手作り」
との謳い文句の通り、
なかなかよく考えられた床材。

一度お試ししてみては・・・?

posted by カメレオン・ハート at 02:21| 和歌山 ☔| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: