2019年11月22日

中南米の透明なカエル

中南米には
グラスフロッグと呼ばれる
半透明のとても美しいカエルたちの一群が
棲息しています。

近年、新種も発見されたりして
その全容はまだまだ明らかではないため、
私にとっては
神秘のベールに包まれた
とても惹かれるカエルたちです。

その神秘のベールを
そ〜〜っとめくって
ついその奥を覗き見たくなるカエルですね


フライシュマンアマガエルモドキ、
チリキーアマガエルモドキに続いて
今度はグラニュローサアマガエルモドキという名の
グラスフロッグが新しくやって来ました。

グラニュローサ・・・
舌を咬みそうな
覚えるのにちょっと苦労しそうな名前ですが、
濃いブルーのスポットが
他種とは
またひと味違う美しさのグラスフロッグです。


IMG_7219 (1).jpg
IMG_7221 (1).jpg
IMG_7224 (1).jpg

グラスフロッグは
最初、南アメリカで発生し、
その後、中央アメリカへ分散していったようです。

南アメリカのカエルたちの一部は
どうして透明になりたかったのか?

それぞれの少しづつ違う模様の意味は?

どうやって北上し、分散して行った?

神秘のベールの奥の興味は
ますます尽きません。


posted by カメレオン・ハート at 03:33| 和歌山 | Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: