2018年09月01日

パンサーの発色は焦らずのんびりと

下の画像は
2016年8月当店ブリードのアンビローブです。
(♂親がAmazing Blue血統)
ちょうど2歳を迎えました。


まずは今年8月5日時点の画像。
うす〜く発色しています

IMG_0620.jpg

そして次は
昨日8月31日撮影の画像

IMG_1038.jpg
IMG_1039.jpg

わずか20日あまりの間に
急激に赤く色付き始めました。

よく
「なかなかパンサーが発色しない」
という相談を受けることがありますが、
だいたいはいずれ本来の発色を始めることが多いです。

上のアンビのように
生後2年くらい要することもざら。

また稀に
「逆に体色がグレーになってしまった」
という相談もありますが、
これも一旦、色落ちしてグレーになり
その後、ゆっくりと発色を始めるケースがほとんど。

パンサーの発色は
あまり焦らず
のんびり、ゆっくり待つべし

パンサーカメレオン飼育に
いらち(関西弁)は禁物。

ですね

posted by カメレオン・ハート at 03:00| 和歌山 ☀| Comment(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: