2018年08月08日

セントマリーと海賊の島2〜お宝探し編〜

画像は
カメレオンハートで7年ほど前にブリードした
ノシボラハ(セントマリー)の♂です。

全身ホワイトに変わるまでの成長の過程で
一旦、俗に言われるウルトラマンカラーを発色した際のもの。
宝石のように実に美しい赤白です

img_1597512_54208661_1.jpg

さて、前回の記事で、
このパンサーカメレオン ノシボラハの故郷の
ボラハ島(セントマリー)は
その昔、海賊の島だったというお話を書きましたが、
今回はその続きです。

******************

17世紀にこの島を拠点に活動した海賊こそ
キャプテン・キッドとして名の知られるウィリアム・キッドです。

キャプテン・キッドは
ワンピースのユースタス・キッドのモデルとも言われていますね。

このキッド船長、
実は海賊としての業績はあまりぱっとせず、
縛り首となる哀れな最期を遂げるのですが、
彼をより有名にしたのは
財宝をどこかに埋蔵したとする財宝伝説

隠した場所は諸説あり
アメリカの東海岸、西海岸、西インド諸島、日本の南西諸島、フィリピンなど
各地にその伝説が残っています。

そして、このキャプテン・キッドの財宝をモチーフに
それを探し当てるまでを描いた冒険小説が
エドガー・アラン・ポーの黄金虫です。

パンサーカメレオン海賊の島キャプテンキッド黄金虫

という繋がりで
気になって仕方なくなって来たので
今回「黄金虫」を初めて読んでみることにしました。
(パンサーカメレオンがいなければ
こんな古い小説など読むことは一生なかったと思います)


「黄金虫」のストーリーの核心部分は
下の暗号
53‡‡†305))6*;4826)4‡.)4‡);806*;48†8¶60))85;1‡(;:‡*8†83(88)5*†;46(;88*96*?;8)*‡(;485);5*†2:*‡(;4956*2(5*−4)8¶8*;4069285);)6†8)4‡‡;1(‡9;48081;8:8‡1;48†85;4)485†528806*81(‡9;48;(88;4(‡?34;48)4‡;161;:188;‡?;
頭の痛くなるような文字と数字の羅列ですが
結局、この暗号を解読して
キャプテン・キッドの財宝を探し当てるという
大変夢のあるお話が「黄金虫」です。

「黄金虫」というタイトルが「カメレオン」だったら
もっとよかったと個人的には思いますが(笑
それはさておき
わたくしにとってのお宝探しは何か・・・???

7年前のノシボラハ(セントマリー)のブリードは
WCだったので
ちょい難しいCB個体での繁殖を狙って
もう一度、
赤白の宝石を得ること
とでもしておきましょうか?(笑

 
posted by カメレオン・ハート at 01:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシボラハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: