2018年06月24日

バシリスクと怪物

グリーンバシリスクの
かわいいCBベビーが入荷しましたので
このイグアナ科の魅力的なトカゲにまつわるお話を1つ。

IMG_0075.jpg

グリーンバシリスクの名前は
私たち日本人には少々馴染みの薄い
「バジリスク」なる空想上の怪物に由来します。

グリーンバシリスク自身にとっては
はた迷惑なお話ですが、
図鑑などでお馴染みの
あの変わった風貌から
この名が付けられたことは間違いありません。

このバジリスクなる怪物に関する記述は
なんと古代ローマ時代にまで遡ります。

古代ローマの博物学者プリニウスの博物誌には
こんな一説があります。

「バジリスクはキュレナイカ(アフリカ北部)に産する蛇であり、
その長さは12指を越えない。
頭に王冠の形をした斑紋があり、その鳴き声はあらゆる蛇を逃走させる。
他の爬虫類のように身体をうねらせて進むのでなく、
身体の前半分を直立させて進む。
接触すればもちろん、その吐く息がかかっただけでも
あらゆる灌木が死に絶え、草が燃え上がり、石が砕けてしまう。
それほど毒の力が強いのだ・・・・」

グリーンバシリスクの命名者は
他のどのトカゲよりも大きく、変わったクレストを持つこのトカゲに
美しさより不気味さを覚えたんでしょうね。

怪物の汚名を着せられた気の毒なトカゲ、
グリーンバシリスク。

もちろん毒はないので
ご安心ください。


posted by カメレオン・ハート at 04:40| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: