2018年05月17日

モニターとテグー

東南アジアからアフリカにかけて生息するモニター
南米のテグー

大きなトカゲの生息域というのは
地球規模で俯瞰的に見ると
面白いものですね。

広大な大西洋を挟んで
遠く離れた全く別々の地に棲んでいる
モニターとテグーですが
はるか昔、
アフリカと南アメリカが地続きであった(超大陸パンゲア)ことを考えれば
元は同じトカゲだったのではないかと思えてきます。

どちらも大きくなるだけに
飼育はそれなりに大変ですが、
馴れればすばらしいコンパニオンアニマルとなります。

IMG_9614.jpg

今回入荷したのは
ゴールデンテグー。

黒と黄色ベースの美しい体色が特長で
成長とともに体表はニスを塗ったように光沢を帯び、
黄金をまとったようになります。

1−3.jpg

どちらかというと
臆病で攻撃的な個体が多いと言われるゴールデンですが、
ベビーはこんな感じ


小さいベビーのうちから
毎日べったり触れ合うことで
憧れのベタなれテグーに育て上げることも
夢じゃない???

posted by カメレオン・ハート at 23:57| 和歌山 ☁| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: