2018年04月09日

カナリア諸島のカナヘビ

カナリア諸島と言うと
大滝詠一のカナリア諸島にて」
しか思い浮かばないのですが
みなさんはいかがでしょう?

♪薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて
海に向いたテラスでペンだけ滑らす
夏の影が砂浜を急ぎ足に横切ると
生きることも爽やかに
視えてくるから不思議だ〜♪

カナリア諸島は
アフリカ大陸の北西岸の大西洋上にあって
7つの島からなる
スペイン領の群島です。

この7つの島のうち
グラン・カナリア島に生息する固有種が
先日、世界最大のカナヘビとして紹介した
グランカナリアカナヘビです

IMG_91601.jpg
(画像はドイツCBベビー)

グランカナリアの体色は
「カナリア諸島にて」のトロピカルなイメージとはちょっと違って
かなり地味です。

でも世界一と言われるその大きさは
ゆうに全長80cmを超える
ド迫力のカナヘビです。

現地では
観光客からバナナをもらうグランカナリアもいるらしく
普通にそこらにいて
意外に人懐こい一面もあるようですね。

グランカナリア島という
おそらく大した天敵もいない閉ざされた空間で
ガラパゴスの生き物のように
独特の固有の進化を遂げたカナヘビ。

遥か彼方の異国情緒あふれるカナリア諸島への
漠然とした憧れとともに
とても興味をそそられる
グランカナリアカナヘビです。


posted by カメレオン・ハート at 06:16| 和歌山 ☀| Comment(0) | カナヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: