2017年10月13日

ノシミチオ発色のワケ

画像は既に売約の入ってしまった
ノシミチオのヤングです

IMG_7337.JPG

当店ブリード個体の血統を受け継ぐ
ブリーダーさん放出の♂で
まだ生後1年経っていません。

ところが・・・
昨日こんな発色を見せてくれました
IMG_7332.JPG

通常だと
ここまでの発色は
生後1年半から2年目に入ってからなのですが、
実はお店にいるフクロウの姿が目に入ったために
怒っているんですね。

天敵の少ないマダガスカルにあって
鳥とヘビは
カメレオンにとっては
因縁の敵。
DNAレベルで刷り込まれているんだと思います。

目に染みるような
鮮やかな体色に変わることが身を守る盾であると
頑なに信じているかのようなパンサーカメレオン。

なんとも言えない
愛おしさを感じる瞬間です。


posted by カメレオン・ハート at 22:56| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: