2017年03月16日

卵の話

パンサーカメレオン ノシファリーのハッチが
そろそろ近付いています。

下の画像はニワトリの卵と
ハッチの近いノシファリーの卵の比較です↓

鶏卵とカメレオンの卵.jpg

地球と月くらい大きさが違います!

でもサイズはこんなに違いがありますが、
有羊膜類という大きなくくりでは
同じ仲間であって、
魚類や両生類の卵とは一線を画しますね。

(ちょっと話が飛躍します)


では鳥の卵とカメレオンの卵では
何が違うかというと
まずは産み付けられる場所。

鳥の卵は地上、あるいは樹上に対して
カメレオンは地中。

また、赤ちゃんが卵から孵るまでに
鳥の卵はコロコロ転がされますが、
カメレオンの卵は土中で不動。(途中で上下が逆になると死んでしまいます)

そしてよく見ると
形も少し違います。

鳥の卵は片方の先端が先細りになって少し尖り気味なのに対して
カメレオンの卵は基本、両端がほぼ同じ形です。
(ごく一部、鳥の卵っぽいのもありますが)

鳥の卵がなぜこんな形をしているのか?
ということには既に定説があります。

それは
「押された時にグルグル回って同じ場所に留まることができるから」
という説。

なるほど!
コロコロ転がす際に
巣から落っこちることのないような形であるというのは
かなり説得力がありますね。
実際にやってみました(笑↓


つるつるした台の上でしたので
2回転目は落っこちてしまいましたが、
巣の中ならきっと大丈夫でしょう。

一方で
カメレオンの卵は土中に産み付けられて不動なので
片方の先端が細い必要はありませんね。

今回はカメレオンの卵を引き合いにしましたが
ヤモリの卵は球形であったり、楕円形であったり、鳥の卵みたいな形だったりいろいろです。
産卵場所は土中でなく
地表であること多いですが
卵自体が粘着質であるという点、特徴的です。
よく壁にくっ付いて剥がせないことがありますよね。

つまり
有羊膜類の卵のあり方というのは
「産み落とされた最適な場所をいかに変えないか」
を追求した結果であるとも言えるような気がします。


posted by カメレオン・ハート at 03:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック