2016年11月18日

ノシミチオベビーを目の前にして思うこと

パンサーカメレオン ノシミチオのベビーズが
いい色を出し始めました。

♂3.png
♂4-3.png
♂2.png

考えてみれば
マダガスカルの西海岸の沿岸に浮かぶ
ほんの小さな島のノシミチオから、
国内外の多くの人の尽力により
この日本の地にワイルド個体がやって来て、
そして
ローカリティのしっかりした♂♀同士を
ブリーダーさんがタイミングよく交配させ、
長期間の卵の管理の末に
ベビーが誕生・・・

さらに
誕生後は毎日の飼育とケア・・・

今、目の前にいるこのベビーたちは
それらに関わったすべての人の思いと行為の結晶であることを考えると
本当に感動すら覚えます。

ある意味、
この時代と
この日本の整ったインフラ(交通、電力、市場の存在など)
のお陰でもありますし、
さらに言えば
すべての幸運の積み重ねでもあります。
実は奇跡に近いことなんですね。

せっかくのありがたい「奇跡」が
今手元にあるわけですから
カメレオン・ハートでは
血統を絶やすことのないよう
ブリードを目指す方々と連携して
次世代に引き継いで行ければと思います。


posted by カメレオン・ハート at 09:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444088210

この記事へのトラックバック