2016年06月29日

黒コオロギと茶コオロギ

日本は今、雨季(梅雨)ですね。
この時期に飼育しやすいのは
ヨーロッパイエコオロギよりも
フタホシコオロギです。
湿気に強いので。

このフタホシコオロギには
一般的によく使われている「茶コオロギ」と
この「茶コオロギ」から選別交配された「黒コオロギ」の2種があります。
(元は同じフタホシコオロギですが)

黒コオロギには
「大きくなる」という最大の特徴があって
カメレオン・ハートでも
ある方に勧められるまではなじみがなかったのですが、
今回お取り扱いを始めさせていただくと
やっぱりその大きさに驚かされます。

黒と茶のそれぞれ最も大きそうなコオロギを取り出して並べてみると
こんな感じです↓

IMG_2036[1].jpg

IMG_2037[1].jpg

IMG_2039[1].jpg

ひと回り、いやふた回りほどの
違いがありますか・・・

お値段は黒の方が若干お高くなりますが、
コストパフォーマンスを考えると黒に軍配が上がりそうです。
爆食するフトアゴなどにはもってこいですね。

ただ黒くてデカイ・・・
ゴキちゃんを思い出すのでヤダっ
という方もおられますし、
また黒は大きいだけに過密飼育になりがちで
茶の1.5倍ほどの飼育スペースが必要です。

動きは黒の方が鈍く、
ジャンプ力も小さく大人しい・・・

それぞれいろいろ特長がありますが
いずれにしても
エサ昆虫のバリエーションもさらに広がって来ました。

カメレオン・ハートでは
飼育スタイルや生体の状況に合わせ
各種エサ昆虫を取り揃えております。
ご相談ください!

posted by カメレオン・ハート at 01:48| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 餌の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック