2012年04月24日

原色

ピカソが早くも色付き始めました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
若いピカソの発色は、チューブから絞り出した水彩絵の具をそのままキャンパスに塗り付けた感じの趣。
 
原色の荒々しさがありますね。
 
この原色が年を重ねるごとに円熟した色合いに変わっていく様もなかなかの見ものです。
 
 
 
青の時代からバラの時代、そしてゲルニカの時代など、作風が歳を追うごとに変遷していったパブロ・ピカソか
 
らからその名をいただいたカメレオンとしては、まさに面目躍如といったところですね。
 
 
 
イメージ 2
posted by カメレオン・ハート at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ピカソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが!名前負けしてはらへんね〜
Posted by せんとん♪ at 2012年04月25日 19:53
せんとんさん☆フッフッフ^^男前でしょ♪
Posted by そらりく at 2012年04月25日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック