2011年03月21日

飛鳥

投稿867回目にして、初めて生き物ネタの出て来ない記事です。(たぶん、これが最初で最後と思いますが)
 
 
                        **********
 
 
今日、ヤボ用で奈良へ行ったのですが、ふと思いついて明日香村まで足を伸ばし、いつか参拝したいと思って
 
いた飛鳥寺へ寄ってきました。
 
飛鳥寺は日本最古の寺。(意外に知られていませんけど)
 
発願は蘇我馬子。
 
そしてご本尊は、通称「飛鳥大仏」と呼ばれる日本で最初に造られた仏像です。(作:鞍作鳥)
 
 
イメージ 1
 
 
 
飛鳥大仏は605年作ですから、今年で御年1406歳。
 
当時と同じ身姿で1406年もの間ここに座っておられます。
 
(ただし、鎌倉時代の落雷の火災で、甚大な損害を受け当初の部分は顔の上半分、左耳、右手の第2・3・4指
 
に残るのみだとする説もあるようです。)
 
 
 
お寺のご案内の方から、「聖徳太子も推古天皇もこの大仏に参拝された・・・」というお話を伺いながら大仏様
 
の前に正座していると、時空を超えた何だか不思議な感覚に襲われました。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
お寺の裏には蘇我入鹿の首塚があり、ここが当時の政変の舞台(つまり日本の中心地)だったことを偲ばせ
 
ます。
 
 
イメージ 3
 
 
 
1406年もの間、この国で起きたありとあらゆる出来事・・・大化の改新も、応仁の乱も、第2次世界大戦も、そ
 
して今回の大津波も・・・
 
すべてをその目でつぶさに見て来られた飛鳥大仏。
 
 
 
そして、これからの1000年。
 
この国に起きる歓喜の出来事も、再びやってくるであろう災厄も、すべてひっくるめて静かに見守っていくのだ
 
と思います。
 
 
※珍しく撮影OKでしたので、ブログにも写真をUPしました。
 
 
 
 
posted by カメレオン・ハート at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック