2009年03月14日

沈黙の音

カメレオンのお世話の時間に時々聴く曲の1つ、『サウンド・オブ・サイレンス』(The Sound of Silence)。 ご存知サイモン&ガーファンクルの名曲ですよね。
イメージ 1
直訳すると「沈黙の音」。 とても意味深なパラドックスですが、歌詞の対訳を見ても何を言いたいのか、さっぱりわかりません^^; ところがカメレオンに「沈黙の音」という言葉のイメージを重ねてみると・・・ ジクソーパズルのピースのようにピッタリはまって、その意味が少しだけわかるような気がします^^
というのは、よく知られている通り、カメレオンは耳がほとんど聴こえないらしいんですよね。 音のない世界で生きるカメレオン。 そうではあるんですが、カメレオンの顔を見ていると、我々人間が聴こえない「沈黙の音」(本当に必要な音?)が聴こえているんではないかと・・・?
イメージ 2
サイモン&ガーファンクルは、情報の洪水の海に飲み込まれる我々の日常・文明社会を、既に1960年代に痛烈に批判していたと考えることもできますね。 そしてノイズから解放されて生きているカメレオンは、ある意味うらやましい生き方をしているような気もします。
でもひょっとしたら、「沈黙の音」も、意外にやかましかったりして^^:
【関連する記事】
posted by カメレオン・ハート at 18:51| Comment(4) | TrackBack(0) | カメレオンの耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだったんですか?
恥ずかしながら、今、知りました・・・(>_<)
そういえば、耳らしき器官が、見あたりませんよね・・・
イグちゃんには、ちゃんと鼓膜みたいなスポットがありますが・・・
サウンド・オブ・サイレンス・・・懐かしいです(^_^;)
受験勉強の時、よく聴いていました・・・
ほかにも、スカボロフェアーとか、ボクサーとか、好きだったなぁ・・・(^^;)タイトルあってるかな?
Posted by イグパパ at 2009年03月14日 19:07
知らなかったぁ〜
小さな虫などに敏感なのはどこで感じとってるんだろう。
音が聞こえないからこそ、他の器官がとてつもなく優れてるのかもね
Posted by せんとん♪ at 2009年03月14日 22:22
イグパパさん☆よく知られていると書きましたが、「以外に知られていない」という方が正しいかもしれませんね。
耳の位置は目の後ろあたりなんですが、普通はよく見てもわかりません。でも、イグちゃんには鼓膜みたいなのが見えるんですね^^
スカボロフェアーも明日に架ける橋も、40年以上も前の曲とは思えない新鮮さですよね♪
Posted by そらりく at 2009年03月15日 09:07
せんとんさん☆耳より目の進化を選んだ結果が、あの360度クルクル回る目なのかもです。
逆に目があれだけ進化したために、耳が退化してしまったのかも?
Posted by そらりく at 2009年03月15日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック