2007年07月07日

小さい白いにわとり

イメージ 1

今でもなぜか耳の奥に残っている短いお話があります。

小学校1年生の国語の教科書に載っていた「小さい白いにわとり」。

肝心なことは全て忘れているのに、これだけは今でも空で言える、なんとも不思議なお話・・・




小さい白いにわとり

1.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。

「この むぎ、だれが まきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。



2.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。

「この むぎ、だれが かりますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを かりました。



3.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。

「だれが、こなに ひきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで こなに ひきました。



4.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。

「だれが、パンに やきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで パンに やきました。



5.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 
「この パン、だれが たべますか。」

ぶたは、「たべる。」と いいました。
 
ねこも、「たべる。」と いいました。
 
犬も、「たべる。」と いいました。
 

光村図書 しょうがくしんこくご 一年上より


      ******************************


我が家にいるのは「小さい白いにわとり」ではなく、「小さいまだらのうずら」。

名前は「つくね」。

「小さい白いにわとり」と同じようにせっせと毎日のように卵を産み続ける働き者で、人の服の中に潜り

込んでくる人懐こい子です。




それにしても詩の最後が唐突に終わる「小さい白いにわとり」。

最後まで書かなかったところが、さらにこの詩に深みを与えているような気がします。


小学校1年生の教科書に出てくるってところなんか、さらに奥が深いような気がするんだけど・・・

posted by カメレオン・ハート at 10:50| Comment(8) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい白いにわとりは〜心が広かったのかな〜(*^-^*)
Posted by せんとん♪ at 2007年07月07日 11:15
せんとんさん☆「小さい白いにわとりは最後何と言ったでしょう?」って先生はたぶん質問したんでしょうね〜何も覚えてないけど・・・
Posted by そらりく at 2007年07月07日 19:12
「いやだ」といいました、が続くところを覚えています。
小さい白いにわとりは、初めて「いやだ。」と言いました。
小さい白いにわとりは、「みんなで食べよう。」と言いました。
どっちでしょう^^
Posted by らっこ(= ̄** ̄=) at 2007年07月07日 22:12
(小さい白いにわとり)私ははやらなかったような!!
(大きなカブは抜けません)これが心に残っていますよ!!
Posted by momokochandayo04 at 2007年07月07日 23:49
初めて聞くお話ですが、自分の周り(職場)の人間を思い出してしまいました(汗、私が思い出に残っているのは「ごんぎつね」ですね。挿絵が好きでした。
Posted by tarsier at 2007年07月08日 10:16
ももこさん☆「大きなカブは抜けません」・・・?それは教科書になかったように思います。
でもみんな結構覚えてられるんですね〜^^
Posted by そらりく at 2007年07月08日 10:30
らっこさん☆結末は人それぞれに任されてるんでしょうね〜。
今の時代なら拒否が正しいんでしょうけど、それもなんだかね〜。
やっぱりこの話奥が深い・・・
Posted by そらりく at 2007年07月08日 10:34
ターシャさん☆あはは^^僕も同じです。権利の主張が先って人が多い^^;)
「ごんぎつね」・・・なんとなく覚えています。
Posted by そらりく at 2007年07月08日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック