2006年08月23日

冷凍コオロギについて

イメージ 1

イメージ 2

コオロギのキープは結構大変ですよね〜
大量死させてしまって生きエサを切らしてしまったり、買いに行っても欲しいサイズが丁度なかったり、注文しても届くまでしばらくタイムラグがあったり・・・
そこで今回「冷凍コオロギ」にチャレンジしてみました!
まあ、チャレンジといっても単に、
@生きたコオロギをまず冷蔵庫にぶち込み、脱糞させ、仮死状態に追い込む。(約1時間)
A仮死状態のヤツを取り出し、新聞紙を敷いたタッパーの中に重ならないように並べ、今度は冷凍庫にぶち込む。(約1時間)
B完全に凍ったヤツを10匹ずつ、ジッパー付きの袋に小分けして封入し再び冷凍庫へポイ!(上の写真)
これだけ。
生きたヤツをそのままトカゲさんたちにあげるより、ある意味残酷ですね〜
で、この冷凍コオロギ食べてくれるかどうか心配だったけど、ちゃんと食べました。
しばらく警戒して?じっと横目で眺めていましたが(下の写真)、おもむろにパクッ。
栄養も問題ないと思うし、これはいける!多分3ヶ月くらいはもつんじゃないでしょうか?
エサ切れ対策に冷凍コオロギ。でも家族には気持ち悪いと不評ですけどね。ゴメンナサイ。

posted by カメレオン・ハート at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー。冷凍コオロギ・・幸いうちはエサストックが豊富なお店がわりと近くにあっていつでもどんなサイズのコオロギでも調達できるもんであまり考えなかったですが、不便なところに転居したりしたら必要になるんでしょうねー。覚えておきます。そういえばコオロギの缶詰なんてのも売ってましたね(笑)もしかするとポンテギなんかも食べるのかな。
Posted by MichiyaS at 2006年08月24日 20:32
近くにあれば便利ですね〜 コオロギの缶詰だけはどうしても気持ち悪くて手が出ません。あ、冷凍コオロギもあんまり変わりませんね。 あとうちの子は、鳥のささみも食べるやつがいます。
Posted by そらりく at 2006年08月24日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック