2006年08月20日

フタホシ大量死

これまではコオロギは「イエコ」と決めていたんだけど、あのジャンプ力と一旦逃げたら捕まえるのは至難の技であることから、今回初めて「フタホシ」に変えてみた。
ネットオークションで1000匹注文。
ところが酷暑であったことと、ずいぶん遠方からの発送であったため、到着時に既に50匹ほどくたばっていた。
その他の生きているやつもなんだか元気がない。
すぐに水やり、エサやり、おまけにムシの万能薬「リンゴ」までわざわざ買いに走って緊急処置。
(今の時期リンゴも高いね〜)
これでなんとかなるかな〜と期待していたが、やっぱり3日で半分くらいあの世行き。
イエコに比べて非常におっとりとして、みるからに黒々と栄養もありそうなので、悪くはないけど・・・
<今回の教訓>
フタホシは暑さには強いそうだが、「蒸れ」には弱い。(宅配便のトラックの中は非常に高温多湿)
<結論>
真夏は「イエコ」。それ以外の季節は「フタホシ」。
でも残りの500匹が大量の卵を産み付けているので元は取れるけどね・・・

posted by カメレオン・ハート at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フタホシは嫌っていうほど死にますねー。 個人的にはどんな時期でも賞味期限3日だと思ってます(笑)
Posted by MichiyaS at 2006年08月22日 23:04
aoriqさんこんにちわ。 「冷凍コオロギ」アップしましたので是非見てくださいね。
Posted by そらりく at 2006年08月23日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック