2021年01月13日

Google Earthでわかる2万年前のマダガスカルとパンサーカメレオン

あるユーチューブのチャンネルで
2万年前の日本列島の姿が
Google Earthでわかるという動画があり、
とても興味深く、面白く
拝見しました。

現在の日本列島をググると
こんな感じで見られますが

現在の日本.jpg

2万年前(最終氷河期)は
画像の薄い水色の部分は
地上に露出していたのだそうです。

つまり
日本列島は大陸と地続きだったことが
一目見てわかります。

そして下の画像の黄色く色付けした部分は
大きな湖だった・・・

2万年前の日本.jpg

なぜそんなことが言えるかというと
氷河期には陸上にたくさんの氷ができるために
海の水がそれだけ減って
海面の高さが下がるから。

そして2万年前は
どれくらい下がっていたかもだいたいわかっていて
今より実に140mも低かったのだそう。


・・・この説を前提に
我らがマダガスカルのマップに
目を移してみます。

マダガスカル島.jpg

上の画像の薄い水色の部分は
地上に露出していたことが
マップを見て連想できます。


さらに
マダガスカル島の北部西海岸に着目すると・・・

2万年前のパンサー.jpg

ノシベ・ノシミチオ・ノシファリー・ノシコンバなど
現在、パンサーカメレオンが多く棲息する島々は
Google Earthを見る限り、
2万年前は皆、地続きだったのでは?と想像できます。

IMG_9497@.jpg

氷河期が終わりを告げ、
気温が上昇して厚い氷が解けるとともに
海が襲って来ました。

命からがら島に取り残された
カメレオンの祖先たち。

その後、それぞれの島で生き残り
独自の進化を遂げた
西海岸のパンサーカメレオンのローカリティを
わたしたちは今、
目の当たりにしているのかもしれません。

posted by カメレオン・ハート at 05:27| 和歌山 ☀| Comment(0) | カメレオンの起源考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする