2020年10月15日

アカメとシロメ

下の画像は
アカメカブトトカゲ(左)とモトイカブトトカゲ(右)です。

アカメとモトイ.jpg

元々近縁種ですから
違いはほとんど
目の周りが赤いか、そうでないかだけですね。

面白いのはこの2種が
英名でこう表記されること

アカメカブトトカゲ=Red-eyed Crocodile Skink
モトイカブトトカゲ=White-eyed Crocodile Skink

Red-eyed(赤目)に対してWhite-eyed(白目)。

画像の通り、
モトイカブトトカゲの目の周りが白いわけではないので
「White」の意味は「白い」ではなく
「無色の(赤でない)」という意味でしょう。

おそらくアカメカブトトカゲが先に命名されたため、
「アカメ」に対して後で「シロメ」と
名付けられたのだろうと思います。

よくわからないのは
和名の「モトイ」。

「もとい」とは
「間違えました、そうではなくて」という仕切りなおし、
あるいは「元へ戻れ」
という意味の言葉ですね。

これはかつて
アカメカブトトカゲが「ニューギニアカブトトカゲ」の名前で流通していたのですが
それは実は間違いで
「ニューギニアカブトトカゲ」とは本来「モトイカブトトカゲ」だったという経緯から
「モトイ」と名付けられた・・・???
(間違っていたらゴメンナサイ^^;)

和名の命名者はきっと
「目の周りの白くない」このトカゲの名前を付けるのに
英名を直訳するわけにもいかず
一苦労したのでは?と想像します。



前回はアカメカブトトカゲでしたが、
今回はかわいいモトイカブトトカゲたちが
入荷しています

IMG_1049.JPG


posted by カメレオン・ハート at 03:55| 和歌山 ☀| Comment(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする