2020年06月28日

蛙と蟇

梅雨本番

ということで
今回は、この季節の主役、
カエル2種のご紹介です。

まずは
東南アジアの田園などに生息する
アジアミドリガエル

IMG_9556.jpg

緑色の体色に
白いラインが美しいカエルです。


次は
和歌山県産ヒキガエル

IMG_9544.jpg

5月2日〜
当店でオタマから上陸したベビーです。

上陸の様子は
5月2日の記事をご覧ください


アジアミドリガエルは
トノサマガエルのように
かなりの跳躍力を持ちます。

一方、
ヒキガエルはあまり飛び跳ねることはなく
のそのそと歩きます。


同じカエルですが
飛び跳ねる方を「蛙」
のそのそ歩く方を「蟇」
という漢字を充てて、
人々は昔から区別してきたようです。

面白いことに英語でも
飛び跳ねる方は「Frog」
のそのそ歩く方は「Toad」
なんですね

このことは
洋の東西を問わず、大昔から
カエルたちが人間に近いところで
共生して来たことの証と言ってもいいと思います。

人々はいつもこの身近にいる
カエルという生き物をよ〜く観察し、
呼び名まで変えて区別して来たんですね。


・・・などと書いているうちに
雨音と
遠くのカエルの合唱が聞こえてきました。



posted by カメレオン・ハート at 04:25| 和歌山 ☔| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

ブラック&ホワイトテグーのお散歩♪

のっしのっしとお散歩中の
ブラック&ホワイトテグーです



さすがの迫力


現在、1週間から10日に1回
ごはんをもらえるテグー。

さすがにお腹が空くと
気性が荒くなります。

お腹さえ満たされれば
非常に大人しく
抱っこもできます

IMG_9474.jpg

アダルトのテグーの飼育に
チャレンジしてみたい方は
お問い合わせください


posted by カメレオン・ハート at 09:28| 和歌山 ☀| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

ハイナントカゲモドキ

領有権の問題で
近年、紛争の海と化している南シナ海ですが、
その北部に浮かぶ島、海南島(ハイナン タオ)の固有種が
ハイナントカゲモドキ。

今回、海南島のワイルドではなく
CBのかわいいベビーが入荷しました。

IMG_9472.jpg

渋い紫褐色に
オレンジとシルバーの横帯が入る
とても美しいトカゲモドキです。

IMG_9468.jpg

きな臭い地域の種だからではないと思いますが
最近あまり見かけなくなりましたね。
昨年、CITESU類入りしたようですので、
今後、流通はさらに減少傾向になるかもしれません。

そういう意味でも
ぜひ国内で繁殖を進めていきたい
ハイナントカゲモドキです。

posted by カメレオン・ハート at 06:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

国内ブリーダー産ハリネズミ、フクロモモンガ

国内ブリード個体の入荷が続いていますが、
今回は
フクロモモンガ、ハリネズミです。

フクロモモンガは
ホワイトフェイスの女の子

IMG_9434.jpg

お次はハリネズミの
ソルトアンドペッパーパイド

IMG_9463.jpg
IMG_9451.jpg

やって来たばかりで
みんな少々緊張気味ですが、
ブリーダーさんがよく馴らしてくれているので
じきにみんなフレンドリーになると思います。

手塩にかけて育てられた
国内生まれのベビーたちを見にお越しください


posted by カメレオン・ハート at 09:22| 和歌山 ☔| Comment(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

国内ブリーダー産アフリカヤマネ

アフリカヤマネ
かわいいベビーがやって来ました。

国内ブリーダー産です。

IMG_9423.jpg

ヤマネは
ルイス・キャロルの不思議の国のアリスに出てくる
「眠りネズミ」で有名ですね。


かわいいベビーの動画は下をクリック


ベビーから育てると
とてもよく馴れます



posted by カメレオン・ハート at 06:39| 和歌山 ☔| Comment(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

国内ブリーダー産エボシカメレオンベビーズ

昨年当店よりベビーでお迎えいただいた
エボシカメレオンのペアから
早くもベビーが誕生し、
プリプリに育ってやって来ました。

2020年3月生まれの
国内ブリーダー産です

IMG_9397.jpg
IMG_9400.jpg

希に
海外産のエボシで
なかなか育ってくれない、
弱々しいベビーを見かけますが
この原因はやはり「餌の問題」がかなりの部分を占めていると
と推測しています。
(親の状態や血統の問題もあるのかもしれませんが)

※海外産でも通常は状態よく飼育されている個体が多いので誤解なく!

特にエボシカメレオンは
生まれてすぐから
いかにバランスの良い餌を
要求する量だけしっかり与えるかが
最大のキーになると思います。

できればコオロギ、シルクワーム、デュビアなど各種の餌を
しっかりガットローディングし、
カルシウムを添加して
バランスよく与えること。
(ミルワームはやめた方がよいでしょう)

これでエボシの成長はまったく違って来ます。

ガットローディング
実は意外に軽視されて
見落とされていることかもしれません。
要は「餌の餌」の問題ですね。


まだまだわからないことも多い世界ですが
国内ブリードも素晴らしく
レベルアップしてますね

posted by カメレオン・ハート at 10:10| 和歌山 ☀| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

ハルマヘラアオジタトカゲ

ハルマヘラアオジタトカゲ
かわいいベビーたちが入荷しています。

IMG_9324.jpg

アオジタトカゲは
生息地によりかなりの種類がいますが
このハルマヘラアオジタトカゲは
インドネシアのハルマヘラ島固有種です。

このアオジタトカゲの分類が気になる方は
3月の記事をご覧ください


IMG_9322.jpg

太くはっきりした縞模様と
真っ黒な四肢が特徴です。

性格は非常におっとり。

人を怖がらず
臆病なところは全くないのですが
暗いところが好きみたいで
みんなすぐに仲良くシェルターに隠れます。

手に取ると
なんとも言えない触りごこち。

ひんやり、しっとり、ぐにゃり・・・
ちょっと表現のしようがありません^^;

毎日、コオロギをたくさん食べて
成長はかなり速そうです。



posted by カメレオン・ハート at 06:21| 和歌山 ☁| Comment(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

オレオ

オレオ」と言えば、
わたしの中では後藤久美子なのですが、
みなさまはいかがでしょうか?

ヤマザキナビスコのライセンス契約終了に伴い、
2016年より
日本国内での製造から中国製造の輸入になったらしく、
その後、なんとなく味が変わったような気がして
以降全く食べていません^^;


蛇足の前置きでしたが、
ニシアフリカトカゲモドキ オレオ
のベビーズが入荷しています。

オレオ3.jpg

オレオ」とは
その見た目から
ナビスコのクッキーにちなんで
付けられた名前です。

オレオ2.jpg

オレオは
ノーマルの地色部分が
白灰色に抜けたような色になるのが特徴。

別途入荷した
ノーマルのWCとの比較です

IMG_9313.jpg

ベビーたちは成長するにつれ
さらにオレオらしさを増してくるものと思います。

かわいいオレオベビーズを見に
ぜひお越しください

posted by カメレオン・ハート at 01:48| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする