2020年03月20日

ワニロス

「100日後に死ぬワニ」
が話題ですね。

100日後に死ぬことを知らないワニが
のほほんと暮らす日常を描いた
なんとも切ない4コマ漫画。

今日3月20日、
ついにその日がやって来てしまいました。

「ワニロス」に陥ってしまった方も
少なからずおられるのではないかと思います。


生きとし生けるものは
すべて100%確実に死ぬ。

でもその死が訪れる日時は
誰にもわからないという残酷なルール。
(作者=創造主?はわかっているというところがこの物語のミソですが)

作者のきくちさんは
「僕らもいずれ死んでしまうが、それを考えながら生活すると、
今やるべきこととか、これは今やるべきことじゃないなとかが
見えてくるのではないかなと思った」
と思いを語っています。

死ぬ日がわからないからこそ
人は頑張れるのだと思いますが、
でもそれを意識することで
確かに人生に対する態度は変わるのかもしれませんね。


「ワニロス」と言えば
特定動物のワニの愛玩目的の飼育が
今年の6月1日以降
全面禁止となります。

IMG_5888.JPG

確かにワニは
取り扱いを間違えると大怪我をする可能性がありますから
世の中の流れから言って仕方ないでしょう。

わかってはいながら
あの究極の爬虫類「ワニ」を
今後新たに飼うことが不可能になる寂しさ。

「100日後に死ぬワニ」の
あの天真爛漫な笑顔と重なって
ますますワニが愛おしく感じられてきました。


posted by カメレオン・ハート at 23:41| 和歌山 | Comment(0) | ワニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする