2020年02月12日

アンビローブ産卵とカラーバリエーション

先日交配した
パンサーカメレオン アンビローブ
無事産卵しました。

画像は産卵後の♀です。
お疲れさま

IMG_7963.jpg

下は
鮮やかなブルーバーが美しい♂親

IMG_7666.jpg


ここでアンビローブの生息地について
おさらいをしておくと
マダガスカルのかなり北部になります

2020-02-12 (4).png

今回のブルーバーの♂親はCBですが、
ワイルドのアンビローブが入ってくると
そのカラーバリエーションの豊富さに驚かされます。
同じアンビとは思えないほどの違いがありますね。

おそらく各ローカリティの中で
その豊富さではアンビローブがNo.1でしょう。

その理由としては
「アンビローブ」というローカリティは
「シラマ」あたりを含む
かなり広範囲に生息するパンサーの総称であるからと言われます。

下の赤い点線はあくまで生息地の想像です。
(実際に行って見た訳ではないので)

2020-02-12.png

アンビローブからシラマへ続く道を歩いて
もしもその体色のバリーエションの変化を
目の当たりにすることができたなら・・・

それはとても幸せな夢ですね

posted by カメレオン・ハート at 04:39| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする