2020年01月23日

マモノミカドヤモリと超大陸

画像は先日入荷したニューカレドニアの固有種
マモノミカドヤモリUSCBです。

メイン(本島)♂
IMG_7690.jpg

パイン♂
IMG_7679.jpg

ここまで擬態するか!というくらい
苔むした樹皮を複雑に見事に再現しています。


和名の「マモノ」の由来は
種名chahoua(チャホウア)
ニューカレドニアの現地語で
「魔物」を意味するところから来ています。


「擬態」と「魔物」で連想するのは
マダガスカル固有種のヘラオヤモリ属。

フリンジヘラオヤモリ、エダハヘラオヤモリ、ヤマビタイヘラオヤモリなども
現地の人々に「悪魔の使い」として
畏怖の対象となっています。

人間の感性というのは
国や人種によってほとんど変わりがないということですね。


そういえば
マモノミカドヤモリを含むラコダクティルス属ヘラオヤモリ属
見た目にかなり違いはあるものの
「擬態」ばかりでなく、
その生態はなんだか似ているように感じます。

棲息地を地図で見ると
海を隔てて12,000kmも離れた場所ですが、
驚くことに緯度はほぼ同じ。

「マダガスカルのほぼ真東にニューカレドニアが位置している」
ことに気付きます。

web-wmap-s3-a2.jpg

はるか12,000kmの距離と海を隔てた相似形。

なんだかワクワクしますね^^


ここで想像を逞しくして
はるか昔に超大陸パンゲアが存在したと仮定すると・・・


250px-Pangaea_continents_ja.jpg

大陸移動によって
マダガスカルとニューカレドニアに取り残された
元は同種のヤモリたちは
海に隔てられた「島」ほぼ同じ「緯度」という条件により
その後似たような(それぞれ独自の)進化を遂げた・・・

比較的おっとりとして温和な性格も
この2つの条件が作り出した賜物かも?
と想像します。


posted by カメレオン・ハート at 03:49| 和歌山 ☔| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする