2020年01月20日

ジャイアントゲッコーと超大陸

オーストラリアの東に位置する
ニューカレドニア

この「天国に一番近い島」に棲息するのが
今回入荷した
ニューカレドニアジャイアントゲッコー(通称ジャイゲコ)です。

IMG_7674.jpg

現在、全長13cmほどの
若い個体。

アメリカのブリーダー産で
TYPE Bと名付けられている
グランテラ(グランテールツギオ)とヘンケリー(ヘンケルツギオ)
の交配個体です。

いわゆる「大きさのグランテラ×色彩のヘンケル」
の組み合わせ。

この個体が将来どれくらい大きくなるかはわかりませんが、
ジャイゲコは最大で全長が42cmにもなる
世界最大・最重量のヤモリです。


よく知られている通り、
ジャイアントゲッコーを含む
「ラコダクティルス属」と呼ばれる
この奇妙なヤモリたちの一群は
ニューカレドニアにしか棲息していません。

そして
「ラコダクティルス属」を含む
「イシヤモリ科」のヤモリたちは
オーストラリア、ニューカレドニア、ニュージーランドの地域だけに
棲息しています

h_00_oceania_800p.gif

南半球には
かつて「ゴンドワナ大陸」と呼ばれる超大陸が存在し
それが約2億年前から分裂を始め、
8500万年前にオーストラリアから一塊の陸地が分離、
そして5500万年前にさらに2つに分かれた。

これがニューカレドニアとニュージランド
と言われています。

「イシヤモリ科」のヤモリたちは
この分離された3つの地域で
独自の進化をして行った・・・

IMG_7676.jpg

現地の人々に
昔から「悪魔」と呼ばれ、
畏怖の対象となっているこの愛すべき古風なヤモリは
かつてここに
ゴンドワナ大陸が存在した証の1つとも言えますね。


posted by カメレオン・ハート at 10:50| 和歌山 ☁| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする