2019年10月10日

博物館とブロードリーサウルス

「博物館」
という言葉を聞くたびにいつも
あのワクワクドキドキ感と薄気味悪さの入り交じった
ノスタルジーに襲われます。

幼い頃の遊び場の1つだった
田舎の県立博物館には
たくさんのホルマリン漬けにされた得たいの知れない
生物たちが展示されていました。

友達とボール遊びに飽きたあとは
決まって引き寄せられるように
その博物館に通ったものです。

博物館は明治時代に建てられた
非常に古い建物で
階段と渡り廊下は歩くたびにミシミシと不気味な鳴き声を上げ、
ドアは子供が部屋に入ることがいかにも気に入らないという感じの
ギ〜〜〜ッという
不機嫌そうな音を立てました。

そして恐る恐る部屋に足を踏み入れると・・・

ホルマリン漬けのたくさんの生き物たちの目が
じっとこちらの様子を伺っています。

今でもあのゾクゾク感は忘れることができません。

不思議な生き物たちへの興味と関心、
そしてワクワク感や鳥肌の立つようなゾクゾク感は
きっとあの博物館に植え付けられたのではないかと
今では思います。


さて、唐突ですが、
ここからは
オニプレートトカゲのこと。

IMG_6520.jpg

オニプレートトカゲの学名は
Broadleysaurus(ブロードリーサウルス)

分解すると
Broadley+saurus(サウルス=トカゲ)

ではBroadley(ブロードリー)とは・・・???

これはイギリス人の爬虫類学者
Donald George Broadley(ドナルド・ジョージ・ブロードリー)
のことです。

オニプレートトカゲは
ブロードリー博士のアフリカ爬虫類学への数多くの貢献に
敬意を表してその学名が付けられました。

イギリス生まれのブロードリー博士は
アフリカ中南部および東アフリカへの収集遠征を行い、
爬虫類・両生類の52 000を超える標本を持つ
ジンバブエ自然史博物館
創設に大きく貢献したのだそうです。

亡くなったのは2016年ですから
ごく最近までこの博物館で活躍されていたようですね。


52 000を超えるという
圧倒的な数の生物標本・・・

想像するだけで
幼い頃のあのゾクゾク感が
蘇って来ます。

きっと建物は新しく
ミシミシ、ギ〜〜〜ッ
はないと思いますが・・・(笑)


posted by カメレオン・ハート at 22:45| 和歌山 ☁| Comment(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする