2019年07月16日

サンドフィッシュスキンク 砂の泳ぎ方

砂の中をスイスイ泳ぐのが得意な
サンドフィッシュスキンク
またまたエジプト便でやってきました。


この面白いスキンクをよくよく見れば
体の各パーツのほとんどが
「砂の中を泳ぐのに適した形」に
機能特化していることがわかります。


まずは体の大きさに不釣り合いな
このちっこいつぶらなお目目。

砂で目が傷つくのを防いでいるようです

IMG_5472.jpg

鼻の穴は
砂の侵入を防ぐのに都合よく
どこにあるかわからないくらい小さい。

鼻先はエンピツのように鋭角に尖るとともに
ツルツルした皮膚は砂の抵抗を最小にしてくれます。

体全体がバネのように強靭で
手に持つとすぐにスルリと手から滑り落ちてしまいます。

尻尾は他のトカゲより明らかに短く
必要最小限な長さとなっているようです

みんなから
「かわいい〜〜と言われる理由は
間違いなくこのアンバランス感でしょう。

IMG_5394.jpg

それにしても派手な黄色と黒の縞々模様は
一体どんな意味があるんでしょうか・・・???


それでは実際には
どんな感じで砂へ潜るのか?

スローモーションでその様子をじっくり見ると
動きがよくわかります


「左前脚+右後脚」で砂を掻く
⇒「右前脚+左後脚」で砂を掻く・・・
を繰り返しつつ
それに合わせて体をくねらせながら
砂の中をスイスイ進む。

まさに水を得た魚ならぬ
砂を得たサンドフィッシュスキンク


posted by カメレオン・ハート at 22:49| 和歌山 ☔| Comment(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする