2018年09月27日

ヤモリになりたかったトカゲ?

ヒョウモントカゲモドキはヤモリ
カメレオンモドキはトカゲですが、
両者とも
トカゲとヤモリの垣根を超えた
身体のパーツを持ちます。

ヒョウモントカゲモドキはよく知られているように
ヤモリらしからぬ瞼と指を持ちますね。

ではカメレオンモドキ
トカゲらしからぬ身体のパーツとは・・・?

まずはこの画像をご覧ください

IMG_1227.jpg
(バルバータスカメレオンモドキ ベビー)

見事にガラス面に張り付いてますね。

おそらくこんな芸当のできるトカゲは
樹上種の中でもごく一部でしょう。

その秘密はコレ

1537983821dkEidxaH_cAzpAD1537983820.gif

ヤモリの足指に似た
指下板を持ちます。

でもバルバータスカメレオンモドキの指下板は
ヤモリのそれほどヒダヒダはなさそうで
吸着力は強くなく
壁のぼりはそんなに上手ではありません。

ピョンっと飛んで張り付くか
のそのそゆっくり壁を這う程度です。

バルバータスカメレオンモドキの顔を見ていると
もっと上手に壁を登りたいなあ・・・
と思っているように見えなくもありません。


posted by カメレオン・ハート at 03:18| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

Happy Halloweenバージョンステッカー、フクロモモンガなど

今年ももうじき
ハロウィンの季節がやって来ますね^^

一足早く作家さんのところから
Happy Halloweenバージョンのステッカーが
届いています

ますますキャラが立って来ました

IMG_1245.jpg
IMG_1244.jpg
IMG_1242.jpg


こちらは
ブリーダーさんのところで現在育成中の
フクロモモンガのリューシ男の子(脱のう8月25日)と
モザイク リングテールの女の子(脱のう7月15日)

IMG_1253.jpg
IMG_1249.jpg

いつもながらベタベタに
馴らされてます

この子たちは
お取り寄せ品となります。
詳細はお問合せください。


posted by カメレオン・ハート at 02:52| 和歌山 ☁| Comment(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

カメレオン「モドキ」

「モドキ」を辞書で引くと
「それに似て非なるもの」とか
「まがいもの」とか
ネガティブな意味しか出て来ませんが、
生物界の「モドキ」たちは
「本家」に負けずとも劣らない独特の存在感で
異彩を放つ強者揃いです。

爬虫類界では
ヒョウモントカゲモドキが代表選手ですね。

カメレオンモドキ
単に顔がカメレオンに似ているというだけで
「モドキ」呼ばわりされることになった
気の毒な爬虫類ですが、
どっこい、なかなか魅力的な樹上性のトカゲです。

♂2.jpg

♀1.jpg

画像は今回入荷した
バルバータスカメレオンモドキ
(別名フトヒゲカメレオンモドキ)
ドイツCBベビーです。

小さいうちは
多少チョロチョロしますが、
大きくなると全長30cm前後にもなり
ボリューム満点の落ちついたトカゲに成長します。

多少の変色の能力はありますが、
「モドキ」なので
もちろん舌は延ばせません^^

カメレオンに比べて
かなり尻尾が短いですね。
カワイイです^^

ドイツに負けないよう
当店でも繁殖にチャレンジしようと
目論んでいるところです。

posted by カメレオン・ハート at 04:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

インドホシガメ 国内CBベビー入荷情報

最近では
すっかり希少なリクガメとなってしまった
インドホシガメの
国内CBベビーが
2頭だけですが入荷しました。

IMG_1149.jpg

1頭は完品、
もう1頭は多甲です。

雌雄はまだ不明。

もう海外からの入荷はなくなるらしいので、
なんとかこのかわいらしいリクガメを
国内で増やして行きたいものですね〜


※販売済となりました。
ありがとうございました。



posted by カメレオン・ハート at 04:11| 和歌山 ☁| Comment(0) | リクガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

パンサーの♀が地味な訳

パンサーカメレオンの
のようにカラフルで
ローカリティごとに明らかな発色パターンがあれば
どれほどいいか・・・

そう思ったことのある飼育者は
きっと多いことと思います。

でもにしてみれば
地味には地味なりの理由がある
ような気がします。

IMG_9914.jpg
(画像@ノシベCB♀平常時


以前このブログで
「パンサーカメレオンのディスプレー」のことを
ちょこっと書きましたが

パンサーカメレオンのにとって
まず第一に優先されるのが生殖。
そしてその次に自己防衛
のように見えます。

したがって
へのアピールはしやすいが(ディスプレー)、
天敵には見つかりやすい。


一方、はというと・・・?

IMG_1105.jpg
(画像AノシベCB発情時)

上の画像は
ノシベのCBが綺麗なオレンジ色の婚姻色
発色した時のもの。

パンサーのとは逆で
まず優先されるのが自己防衛。
そして、その次が生殖。
という順番になるように見えます。

つまり平常時
画像@のように地味な目立たない体色をしていますが(自己防衛)、
発情時のみ画像Aのように鮮やかな発色を見せる(ディスプレー)。

身体が小さく、力も弱いパンサーの♀が選んだ
生き残りと子孫を残すための智慧。

パンサーカメレオンの体色は
♂♀それぞれ独自の
したたかな生き残りと子孫繁栄のための戦略の
結果なのかもしれません。

IMG_1111.jpg
(ノシベ交配シーン


posted by カメレオン・ハート at 23:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

白化するカエル

先日ご紹介した
南米産のツリーフロッグ、
レティキュラータスですが、
こんな面白い変化をします

15363638889RfydQVzQK408IG1536363041.gif

美しい黄金色や黄色から
陶磁器のような白へ。

ミルキーフロッグみたいになります。

どうやら
眠っている時など
リラックス時に
色抜けして白化するようです。

体色と模様には
バリエーションがありますが
上記パターンは
個体差なく同じです。

ビバリウムに
とても映える美しい
ツリーフロッグですね


posted by カメレオン・ハート at 08:57| 和歌山 ☁| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

南米産ツリーフロッグ

先日の台風21号は
こちら和歌山にも大きな爪痕を残しました。

あちこちの街路樹が根こそぎ倒れ
電信柱はポキポキ折れて
これまで見たこともないような光景となりました。

幸い当店は
一時的な停電だけで済みましたが、
いまだに電気が復旧しない地域も多いようです。

またその次には
北海道で地震。

災害に逢われた方々には
心よりお見舞い申し上げます。


そんな中、
南米産の美しいツリーフロッグ
やってきました。

IMG_10662.jpg

レティキュラータスDendropsophus reticulatus ツリーフロッグ

バリエーションが豊富で、
カラーと模様がさまざまです。

体色は黄金色に見えたり、
黄色だったり、茶色だったり、白っぽくなったり・・・
かなり変化するようです。

IMG_106912.jpg

IMG_10811.jpg

カラフルなツリーフロッグに
少しでも癒されたいですね。


posted by カメレオン・ハート at 09:15| 和歌山 ☔| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

【お知らせ】台風のため本日4日は臨時休業いたします。

本日、9月4日は
台風接近のため臨時休業いたします。

zWVTQH1iW0X2VRi1536023965_1536024424.jpg

風が非常に強い台風のようです。
外出の際は
みなさま
十分お気を付けください!

posted by カメレオン・ハート at 10:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | 店舗情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

本日2日(日)短縮営業のお知らせ

本日、9月2日(日)
都合により
17時までの営業とさせていただきます。

誠に申し訳ございませんが、
夕方ご来店予定のお客様は
早めにお越しいただけますよう
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_10351.jpg


posted by カメレオン・ハート at 00:57| 和歌山 ☔| Comment(0) | 店舗情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

パンサーの発色は焦らずのんびりと

下の画像は
2016年8月当店ブリードのアンビローブです。
(♂親がAmazing Blue血統)
ちょうど2歳を迎えました。


まずは今年8月5日時点の画像。
うす〜く発色しています

IMG_0620.jpg

そして次は
昨日8月31日撮影の画像

IMG_1038.jpg
IMG_1039.jpg

わずか20日あまりの間に
急激に赤く色付き始めました。

よく
「なかなかパンサーが発色しない」
という相談を受けることがありますが、
だいたいはいずれ本来の発色を始めることが多いです。

上のアンビのように
生後2年くらい要することもざら。

また稀に
「逆に体色がグレーになってしまった」
という相談もありますが、
これも一旦、色落ちしてグレーになり
その後、ゆっくりと発色を始めるケースがほとんど。

パンサーの発色は
あまり焦らず
のんびり、ゆっくり待つべし

パンサーカメレオン飼育に
いらち(関西弁)は禁物。

ですね

posted by カメレオン・ハート at 03:00| 和歌山 ☀| Comment(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする